アークティック・モンキーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Arctic Monkeys
Arctic Monkeys - Orange Stage - Roskilde Festival 2014.jpg
2014年
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランドシェフィールド
ジャンル オルタナティヴ・ロック
ポストパンク・リバイバル
インディー・ロック
ガレージロック・リバイバル
サイケデリック・ロック
ハード・ロック
ストーナー・ロック
活動期間 2002年-現在
レーベル ドミノ・レコーズ
共同作業者 ラスト・シャドウ・パペッツ
公式サイト www.arcticmonkeys.com
メンバー アレックス・ターナー
ジェイミー・クック
マット・ヘルダース
ニック・オマリー
旧メンバー グリン・ジョーンズ
アンディ・ニコルソン

アークティック・モンキーズArctic Monkeys)は、イングランドシェフィールド出身のロックバンド。2002年に結成。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

アレックス・ターナー
ジェイミー・クック
マット・ヘルダース
ニック・オマリー
  • アレックス・ターナーAlex Turner, 1986年1月6日 - )ボーカル・ギター (2002年-現在)
    バンドの作詞家。ストーリー性が色濃く、かつシニカルで情景描写の豊かな歌詞が特徴。60年代のオールディーズミュージック、ヒップホップビッグビートなども好み、ロック以外にも造詣は深い。ポーカーフェイスで有名。ラスト・シャドウ・パペッツにおいても活動。
  • ジェイミー・クック(Jamie Cook, 1985年7月8日 - )ギター (2002年-現在)
    ギタリスト。バンドのメンバーとして以上に、アレックスとは無二の親友。ヘビーなサウンドのロックを好み、いくつかの楽曲にも反映されている。
    2012年7月に婚約を発表。
  • マット・ヘルダース(Matt Helders, 1986年5月7日 - )ドラム (2002年-現在)
    ドラマー。手数の多くタメの効いたドラム・スタイルは、ジョン・ボーナムの影響を強く受けていると公言している。テクノクラブミュージックなども好み、DJとしても活動。初期は垢抜けない服装をしていたが、現在は自身でファッションデザインのプロデュースをするまでになる。
    2013年5月に婚約を発表。
  • ニック・オマリー(Nick O'Malley, 1985年7月5日 - )ベース (2006年-現在)
    アンディ脱退後に正式加入。

セッション&ツアーミュージシャン[編集]

  • ジョン・アシュトン(John Ashton)キーボード・ギター・バックボーカル (2009年-現在)

旧メンバー[編集]

  • グリン・ジョーンズ(Glyn Jones)ボーカル (2002年)
  • アンディ・ニコルソン(Andy Nicholson, 1986年4月9日 - )ベース (2002年-2006年)

来歴[編集]

2001年、アレックス・ターナーとジェイミー・クックが、クリスマスにギターを入手。

2002年の夏、アンディ・ニコルソン(ベース)とマット・ヘルダース(ドラム)が加入。「Bang Bang」というバンド名で、アレックスのガレージにてバンド練習を開始。主にレッド・ツェッペリンなどのカバー曲を演奏し練習。後にバンド名を「Arctic Monkeys」に変更。このバンド名は、ジェイミーが命名した。

2005年1月、デモ音源が"The Sheriff"と名乗る1人のファンによってインターネットに公開されるや、たちまち話題沸騰となり、バンドは7月にインディーレーベルのドミノと契約(他にフランツ・フェルディナンドなどが所属)。10月に、デビュー・シングル「I Bet You Look Good on the Dancefloor」をリリース。全英初登場1位とを獲得すると共に、1週間で4万枚を売り上げるという鮮烈なデビューを飾った。英国メディアはこぞって彼らを「オアシス以来の衝撃」と報じた。

2006年1月23日、1stアルバム『Whatever People Say I Am, That's What I'm Not』をリリース。本作は全英初登場1位に輝き、発売初週で36万枚を売り上げ、当時の英国のアルバム最速売り上げ記録を更新した。同アルバムは英国で最終的に140万枚近くのセールスを記録している。2月にアメリカでもリリースされ、発売1週目に34,000枚を売り上げて(インディーズのデビュー・アルバムとしては史上2番目)、ビルボード初登場24位となる。さらに、英国最大の音楽賞であるブリット・アウォーズなど、国内の主要音楽賞を総なめにして一躍トップ・ランナーの地位を築くことになった。

2007年4月23日に、2ndアルバム『Favourite Worst Nightmare』を発売。全英1位、全米7位など、前作に引き続いて各国で大成功を収めると共に、英国最大のロックフェスであるグラストンベリー・フェスティバルにヘッドライナーとして出演し、早くもその人気は頂点に達している。さらに、同年8月に開催されたサマーソニック07の大トリに大抜擢され、サマーソニックにおいて史上最年少(21歳)・デビューから最速でのヘッドライナーとしての出演を果たした。

2012年7月28日、ロンドンオリンピックの開会式で「I Bet You Look Good on the Dancefloor」とビートルズの「Come Together」の2曲を選手入場終了直後に演奏した。

2013年9月9日、5thアルバム『AM』を発売。全英アルバムチャートにてデビュー作から5作連続で1位を記録し、アメリカでは発売初週に42,000枚を売り上げてBillboard 200チャートで6位にランクインした[1]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
UK
[2]
AUS
[3]
BEL
[4]
CAN
[5]
DEN
[6]
FRA
[7]
GER
[8]
IRL
[9]
JPN
[10]
NLD
[11]
NZ
[12]
SWI
[13]
US
[14]
2006 Whatever People Say I Am, That's What I'm Not 1 1 9 46 6 17 20 1 9 8 5 16 24
2007 Favourite Worst Nightmare
  • 発売日: 2007年4月23日
  • レーベル: Domino
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全英売上: 82.1万枚[15]
1 2 3 4 1 6 2 1 4 1 4 6 7
  • UK: 2× プラチナ[16]
  • AUS: ゴールド[21]
  • JPN: ゴールド[22]
2009 Humbug
  • 発売日: 2009年8月19日
  • レーベル: Domino
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全英売上: 40万枚[15]
1 2 1 6 4 2 4 1 4 2 3 7 15
  • UK: プラチナ[16]
2011 Suck It and See
  • 発売日: 2011年6月6日
  • レーベル: Domino
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全英売上: 30万枚[15]
1 4 2 12 2 7 10 3 11 6 7 8 14
  • UK: プラチナ[16]
2013 AM
  • 発売日: 2013年9月6日
  • レーベル: Domino
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全英売上: 80万枚[15]
1 1 1 3 1 4 3 1 10 1 1 2 6
  • UK: 2× プラチナ[16]
  • AUS: プラチナ[23]
  • BEL: ゴールド[24]
  • DEN: ゴールド[25]
  • IRL: プラチナ[26]
  • NZ: プラチナ[27]
  • US: ゴールド[28]

シングル[編集]

EPs[編集]

非公式リリース[編集]

  • Characters
  • Three Epsodes Where Someone Else Got In The Way

Demo[編集]

  • Curtains Close
  • Knock a Door Run
  • On the Run From the MI5
  • Ravey Ravey Ravey Club
  • Space Invaders
  • Wavin' Bye to the Train or the Bus
  • Choo Choo

日本公演[編集]

2006年

2007年

2009年

2011年

2014年

脚注[編集]

  1. ^ Keith Urban Edges the Weeknd for No. 1 Debut on Billboard 200”. ビルボード (2013年9月18日). 2013年9月18日閲覧。
  2. ^ Peak chart positions in the United Kingdom:
  3. ^ a b ARIA Charts - Accreditations”. Aria.com.au. 2012年1月4日閲覧。
  4. ^ Discografie Arctic Monkeys”. ultratop.be. 2008年9月1日閲覧。
  5. ^ Arctic Monkeys – Chart History: Canadian Albums”. Billboard. Prometheus Global Media. 2011年3月12日閲覧。
  6. ^ Discography Arctic Monkeys”. danishcharts.com. 2008年9月1日閲覧。
  7. ^ Discographie Arctic Monkeys” (French). lescharts.com. 2008年9月1日閲覧。
  8. ^ Die ganze Musik im Internet: Charts, Neuerscheinungen, Tickets, Genres, Genresuche, Genrelexikon, Künstler-Suche, Musik-Suche, Track-Suche, Ticket-Suche - musicline.de”. musicline.de. 2011年3月12日閲覧。
  9. ^ Discography Arctic Monkeys”. irish-charts.com. 2008年9月1日閲覧。
  10. ^ Arctic Monkeys' Album Discography by Sales”. Oricon. 2009年3月4日閲覧。
  11. ^ Discografie Arctic Monkeys” (Dutch). dutchcharts.nl. 2008年9月1日閲覧。
  12. ^ Hung, Steffen. “Discography Arctic Monkeys”. New Zealand Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2011年3月12日閲覧。
  13. ^ Hung, Steffen. “Discographie Arctic Monkeys”. Swiss Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2011年3月12日閲覧。
  14. ^ Arctic Monkeys Album & Songs Chart History: Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2011年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月12日閲覧。
  15. ^ a b c d e Jones, Alan (2013年9月16日). “Arctic Monkeys' AM doubles predecessor's week-one sales”. Music Week. UBM plc. 2013年9月16日閲覧。
  16. ^ a b c d e Certified Awards Search (To access, enter the keyword "Arctic Monkeys" and check the 'Exact match' checkbox)”. British Phonographic Industry. 2013年10月18日閲覧。
  17. ^ "Canadian certifications – Arctic Monkeys". Music Canada. February 27, 2014閲覧. 
  18. ^ Første guld- og platindownload certificeringer”. IFPI.dk. 2014年2月27日閲覧。
  19. ^ (RIAJ - Statistics - Certification Awards - March 2006)” (Japanese). riaj.or.jp. Recording Industry Association of Japan. 2010年10月24日閲覧。
  20. ^ NZ Top 40 Singles Chart – 27 February 2006”. Recorded Music NZ. 2014年2月27日閲覧。
  21. ^ ARIA Charts - Accreditations - 2007 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2008年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月1日閲覧。
  22. ^ (RIAJ - Statistics - Certification Awards - May 2007)” (Japanese). riaj.or.jp. Recording Industry Association of Japan. 2010年10月24日閲覧。
  23. ^ ARIA Albums Chart - 28/02/2014”. 2014年2月28日閲覧。
  24. ^ Ultratop GOUD EN PLATINA - 09/02/2014”. 2014年2月9日閲覧。
  25. ^ Arctic Monkeys "AM"”. IFPI.dk. 2014年2月9日閲覧。
  26. ^ IRMA > 2013 Certification Awards > Platinum”. Irish Recorded Music Association. 2014年2月3日閲覧。
  27. ^ NZ Top 40 Singles Chart – 25 August 2014”. Recorded Music NZ. 2014年8月25日閲覧。
  28. ^ American certifications – Arctic Monkeys”. Recording Industry Association of America. 2014年10月20日閲覧。

外部リンク[編集]