ブリング・ミー・ザ・ホライズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリング・ミー・ザ・ホライズン
Reading Festival2011
Reading Festival2011
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド シェフィールドヨークシャー
ジャンル デスコア
メタルコア
活動期間 2004年 -
レーベル ヴィジブル・ノイズ
エピタフ・レコード (アメリカ)
ショック・レコード(オーストラリア)
サーティ・デイズ・オヴ・ナイト
イヤーエイク・レコード
公式サイト 公式サイト
メンバー
オリヴァー・サイクス
リー・マリア
マット・キーン
マット・ニコルス

メタルコア
デスメタル

ブリング・ミー・ザ・ホライズン (Bring Me The Horizon) は、イギリスヨークシャー州を拠点に活動しているメタルコアバンド。略称はBMTH。北米、ヨーロッパを中心に、そのファッション性とともに、主に10代の若者に絶大な人気を誇る。

特徴[編集]

バンドの構成はヴォーカルギターx2、ベースキーボードドラムメタルコアデスメタル双方の要素を持ちデスコアと形容されることが多いが、セカンドアルバムではデジタルなサウンドを組み込んでみたりと、従来のデスコアという枠組みにとらわれないスタイルへと変容を遂げている。

略歴[編集]

2004年、それぞれのバンドで活動していたイギリスヨークシャー州の5人が集まり結成。同年、自主制作シングル「ザ・ベッドルーム・セッションズ」リリース。

2005年10月、サーティ・デイズ・オヴ・ナイトより「ディス・イズ・ホワット・ジ・エッジ・オヴ・ユア・シート・ワズ・メイド・フォー」リリース。

2006年1月30日、ヴィジブル・ノイズ より「ディス・イズ・ホワット・ジ・エッジ・オヴ・ユア・シート・ワズ・メイド・フォー」を再発。

2006年8月24日、Kerrang! Award for Best British Newcomer 2006受賞。

2006年10月30日、ヴィジブル・ノイズよりファーストフルアルバム『カウント・ユア・ブレッシング』リリース。(アメリカではイヤーエイク・レコード よりリリース)

2007年6月9日、イギリスのダウンロード・フェスティヴァル2007に出演。

2008年9月11日、アメリカのエピタフ・レコードとライセンス契約。

2008年9月29日、イギリスのヴィジブル・ノイズよりセカンドフルアルバム『スーサイド・シーズン』をリリース。(アメリカではエピタフ・レコードより2008年11月18日、オーストラリアではショック・レコードより2008年10月4日リリース。)

2009年3月、ギターを担当していたカーティス・ワードが脱退。

2009年5月6日大阪 club vijon、5月9日東京 原宿ASTRO HALLで行なわれたニュー・ブラッド Vol.75で初来日を果たす。

2009年7月、カーティス・ワードの代役として5月よりギターを担当していたジョナ・ ウィーンホーフェンが正式メンバーとして加入。

2010年9月1日東京 江東区 STUDIO COAST、9月2日大阪 浪速区なんばHatchでのブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインのジャパンツアーのスペシャルゲストとして来日。

2010年10月4日、イギリスのヴィジブル・ノイズよりサードフルアルバム『ゼア・イズ・ア・ヘル・ビリーブ・ミー・アイヴ・シーン・イット・ゼア・イズ・ア・ヘヴン・レッツ・キープ・イット・ア・シークレット』をリリース。(アメリカではエピタフ・レコードより2010年10月5日、日本ではソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより『ゼア・イズ・ア・ヘル. ゼア・イズ・ア・ヘヴン』として2010年10月6日リリース。)

2011年2月22日、渋谷CLUB QUATTROにて来日公演『BRING ME THE HORIZON Japan Tour 2011』を行った[1]

2013年1月、ギタリストのジョナ・ ウィーンホーフェンがバンドを脱退した事が発表された。また、キーボーディストのジョーダン・フィッシュのバンド加入が発表された[2]

メンバー[編集]

  • オリヴァー・サイクス (Oli Sykes) - ボーカル 2004年-
  • リー・マリア (Lee Malia) - ギター 2004年-
  • マット・キーン (Matt Kean) - ベース 2004年-
  • ジョーダン・フィッシュ (Jordan Fish) - キーボード 2013年-
  • マット・ニコルス (Matt Nicholls) - ドラム2004年-

元メンバー[編集]

  • カーティス・ワード (Curtis Ward) 2004年-2009年
  • ジョナ・ ウィーンホーフェン (Jona Weinhofen) - ギター 2009年-2013年

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • ザ・ベッドルーム・セッションズ - 2004年 (自主制作シングル)
  • ディス・イズ・ホワット・ジ・エッジ・オヴ・ユア・シート・ワズ・メイド・フォー - 2005年10月
  • ディス・イズ・ホワット・ジ・エッジ・オヴ・ユア・シート・ワズ・メイド・フォー - 2006年1月30日(ヴィジブル・ノイズより再発)

アルバム[編集]

  • カウント・ユア・ブレッシング - 2006年10月30日
  • スーサイド・シーズン - 2008年9月29日
  • ゼア・イズ・ア・ヘル、ゼア・イズ・ア・ヘヴン - 2010年10月4日
  • センピターナル (2013)

バンド名の由来[編集]

アメリカ映画パイレーツ・オブ・カリビアン内のセリフより引用。

サイドプロジェクト[編集]

  • パープル・カルト
    オリヴァー・サイクスと彼のガールフレンドの兄弟ニール。ホワイトリーをメンバーとするスラッシュメタルバンド。数曲の楽曲を同プロジェクトで作曲しており、数回のライブをこなしているが、現在のところアルバムの作成および発売の予定はない。
  • Womb 2 Da Tomb
    オリヴァー・サイクスと彼の弟トム・サイクス、マット・ニコルス、XricciXをメンバーとするラップグループ。同プロジェクトはメンバーの趣味の範囲で行われており、公式にはグループとして活動してはいないが、数曲の楽曲をマイスペースで公開している。

脚注[編集]

  1. ^ BRING ME THE HORIZON Japan Tour 2011 | 激ロックライヴレポート 激ロック | ラウドロックポータルサイト 2012年2月25日
  2. ^ BRING ME THE HORIZONより、ギタリストJonaが脱退。さらに、新たにキーボディストJordanの加入を発表。”. 激ロック. 2013年2月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]