サイケデリック・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サイケデリック・ロック
様式的起源 ロックブルースロックフォークロックジャズラーガ
文化的起源 1960年代中旬
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
使用楽器 ギターベースドラムセットオルガンメロトロン、各種打楽器シタールテルミン
派生ジャンル ハードロックヘヴィメタルジャムクラウト・ロックニューエイジ・ミュージックプログレッシブ・ロックストーナー・ロックネオ・サイケデリア
サブジャンル
アシッド・ロックスペース・ロック
融合ジャンル
サイケデリック・フォークサイケデリック・ポップサイケデリック・ソウル
関連項目
ヒッピーサイケデリックサイケデリック・ミュージック

サイケデリック・ロック (: Psychedelic rock) は、1960年代後半に発生し流行したロック音楽の派生ジャンル。主に、LSDなどのドラッグによる幻覚を、ロックとして体現化した音楽のことを指す。

概要[編集]

レコード販売からの起源では1966年とされる。アメリカから3月にバーズによるヒットシングル霧の8マイル(Eight Miles High・英語版)、9月ジェファーソン・エアプレインがフォークロック作のアルバム『テイクス・オフ(Takes Off・英語版)』でデビュー、イギリスでは8月ビートルズの音の実験が詰まったアルバム『リボルバー』を発売している。 アメリカ合衆国西海岸に始まったサイケデリック・ムーブメント1967年頃世界中を席巻し、多くのアーティストがこのジャンルの作品を残した。グレイトフル・デッドジェファーソン・エアプレインなどが有名だが、2011年現在プログレッシブ・ロックの代表的なバンドとして知られているピンク・フロイドも、シド・バレットが在籍していた最初期はサイケデリック・ロックだった。既に人気ポップ・バンドの地位を確立していたビートルズも『リボルバー』『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』『イエロー・サブマリン』でこのジャンルを代表する作品を作り、またローリング・ストーンズも『サタニック・マジェスティーズ』で同様の作品を発表した。

フルクサスアンディ・ウォーホルといった複合芸術活動の流れに演奏で伴うライト・ショー、極彩色模様のスライド映写、ヒッピー文化からのサイケ・ファッション、作家ケン・キージーの「アシッド・テスト」など相互影響で関連するものを音楽とは無関係な部分として語らないことも多い。ビートルズの「トゥモロー・ネバー・ノウズ」などの楽曲は、マルチチャンネルといった録音技術の革新に電気楽器を主とした実験音楽と共鳴し異なる分野の現代音楽前衛音楽を巻き込み、大衆のポップミュージックの制作に於いても大きな影響を与えた[1]。西欧と米国ではモノラル再生が一般的だったレコード盤がステレオ再生の機器廉売から1960年代中頃以降には販売割合は瞬く間にステレオ再生用盤の生産が上回った。音響録音技術と機器向上は家庭向け再生装置よりさらに早い進歩を遂げ、2chから4chに、8chトラックス・テープとマルチチャンネルの改良開発は留まらず、試作品16chにマイクなど周辺機器や録音環境の技術向上から録音現場では、ノイズ混入を避けるため楽器の録音組み合わせや下準備の録音時間短縮化に繋がった。最新録音機材の導入はバスドラムコントラバスエレクトリックベースに、音量の低い楽器から収録を容易にし、音量増幅からノイズフィードバック音など未知なものを招き対応に追われたが、ミュージシャン側では従来の録音では得られなかった演奏した楽器の音色輪郭がはっきりするミキシング(ミックスダウン)に刺激された。 ポップミュージックのひとつであるロック音楽のサイケデリック・ロック時代にはインド音楽などアジア民族音楽に影響されビートルズ1965年『ラバー・ソウル』の「ノルウェーの森」からシタールが周知されそのほかの民族楽器も用いられている。シタールを用いた楽曲では1967年スコット・マッケンジー花のサンフランシスコが大ヒットを記録、ジョージ・ハリスンとの交流が知られ既に世界的な活動を行っていたシタール奏者ラヴィ・シャンカルが同年モントレー・ポップ・フェスティバルに出演している。

ステージではジャズのフリー・インプロビゼーション(即興演奏)に影響されブルース楽曲などを長々と演奏することが多く、これはバーズジェファーソン・エアプレインなどはフォークロックバンドでそのメンバー達はフォーク・リヴァイヴァルに由来があり、歌詞に反戦運動など政治的メッセージが含まれることもあった。ステージ演奏で生まれた幻想的なアレンジをスタジオ録音で再現する試みの大半は失敗に終わったが[2]、この錯誤は録音技術への挑戦とエフェクターの進化発展に大きく貢献した。 おもに編曲(楽曲アレンジ)で大きな解釈変化を取り入れたサイケデリック・ロックは、プログレッシブ・ロックの試金石となった要素も多く、1970年代の「ロック黄金期」の布石となった。

この時代に活動したヴェルヴェット・アンダーグラウンド[3]ジョン・レノンが関与した市民運動ジョン・シンクレアの救済コンサートから誤った見解でシンクレアが一時スタッフを務めたMC5といった反映しなかったバンドも21世紀に入ってサイケデリック・ロックに含められる機会も多くあり注意を要する。演奏上の特徴とは異なり、同時代東洋思想に共鳴した現代詩人アレン・ギンズバーグら文学者の音楽活動、ボブ・ディランの詩、ビートルズが一時信奉した思想家マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーから思想上や文学から繋がりからサイケデリック・ロックやアシッド・フォーク扱いされたミュージシャンも存在する。


1980年代初期にはニュー・ウェーブからネオ・サイケデリック (Neo-Psychedelic)と呼ばれるバンド群が現れる。ドラッグの追体験ではなく、かつてのサイケデリック・ロックに影響され、このアレンジ表現をおもに幻想的な楽曲に取り入れた。エコー&ザ・バニーメンドリーム・シンジケートレイン・パレードなど、初期U2も含まれることがある。これ以降ファズ・ギターで演奏するもの、幽玄なアレンジで瞑想音楽的なものにたいして「サイケデリック・ロック」や「サイケデリック・ミュージック」といった呼称を用いる場合もある。

主なアーティストの一覧[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『サウンドの力』サイモン・フリス細川周平竹田賢一訳、晶文社、1991年11月 ISBN 978-4794960269
  2. ^ この発端か発想に反してジェファーソン・エアプレインのヨーマ・カウコネン(Jorma Kaukonen・英語版)のように演奏中や前後ではドラッグを絶っていたミュージシャンも多かった。理由について酩酊状態では、演奏に没頭し陶酔できない、腕(演奏能力)が鈍る、など。
  3. ^ 現代音楽ジョン・ケイルを擁した。「サイケデリック」環境で演奏したが歌詞のドラッグ関係は麻薬売買など実社会に即したものが多く、中心人物ルー・リードが自身の音楽活動に関連して、幻覚嗜好のサイケデリック・ロックを否定的に捉える発言を残している。実験音楽アレンジや当時最新先端の電気楽器から楽曲によってサイケデリック・ロック・アレンジに類似する部分はある。
  4. ^ 実験音楽からペット・サウンズを取り上げる場合もある。
  5. ^ アレンジの一部。実験音楽で言及されることもある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]