ブリット・アワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブリット・アワード
ブリット・アワード2017
2008 Brit Awards Earls Court Centre.jpg
受賞対象 音楽産業において傑出した実績をあげたもの
イギリスの旗 イギリス
授与者 英国レコード産業協会
初回 1977年
公式サイト http://www.brits.co.uk/

ブリット・アワード(Brit Awards)は毎年イギリスで開催される音楽の祭典式。英国レコード産業協会(BPI)によって催される。1988年までの名称はBPIアワード(BPI Awards)。

概略[編集]

この賞は1977年に初めて開催され、BPI(英国レコード産業協会)の援助のもと現在まで開催されている。ブリット・アウォーズと名づけられたのは1989年から。マスターカードが長期にわたりこのイベントをサポートしている。ブリット・アウォーズは1989年までは生放送だった。この年、サマンサ・フォックスミック・フリートウッドが司会を務めたが、台詞を忘れたり、バンドの演奏ミス、雑音、授賞式が次の日の夜まで続いたということもあり、1989年以降は録画放送である。

2007年は1988年以来の生放送を実現させた。18年ぶりにライヴ中継されたセレモニーの中で、オアシスの受賞、そしてパフォーマンスは目玉のはずだったが、期待外れな演出に終わってしまった。噂されていたリンゴ・スターの姿はなく、バンドは司会のラッセル・ブランドから賞を受け取った。さらにノエル・ギャラガーのコメントの真っ最中やバンドの演奏途中に何度か音が途切れるというハプニングも。また、彼らは「Cigarettes & Alcohol」「The Meaning Of Soul」「Morning Glory」「Don't Look Back In Anger」「Rock 'N' Roll Star」の5曲を演奏したが、時間切れのため最後の2曲は生放送されなかった(のちに録画で残りの2曲も放送された)。

歴史[編集]

  最多受賞者 最優秀アルバム 最優秀シングル 会場
1 1977年 ビートルズ
(3部門)
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
ビートルズ
"Bohemian Rhapsody"
クイーン
ウェンブリー・カンファレンス・センター
"A Whiter Shade of Pale"
プロコル・ハルム
2 1982年 - Kings of the Wild Frontier
アダム&ジ・アンツ
"Tainted Love"
ソフト・セル
グロブナー・ハウス・ホテル
3 1983年 ポール・マッカートニー
(2部門)
- "Come On Eileen"
デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ
4 1984年 カルチャー・クラブ
マイケル・ジャクソン
(2部門)
- "Karma Chameleon"
カルチャー・クラブ
5 1985年 プリンス
(2部門)
Diamond Life
シャーデー
"Relax"
フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド
6 1986年 ユーリズミックス
(2部門)
No Jacket Required
フィル・コリンズ
"Everybody Wants to Rule the World"
ティアーズ・フォー・フィアーズ
7 1987年 ピーター・ガブリエル
(2部門)
Brothers in Arms
ダイアー・ストレイツ
"West End Girls"
ペット・ショップ・ボーイズ
8 1988年 - ...Nothing Like the Sun
スティング
"Never Gonna Give You Up"
リック・アストリー
ロイヤル・アルバート・ホール
9 1989年 フェアーグラウンド・アトラクション
フィル・コリンズ
マイケル・ジャクソン
トレイシー・チャップマン
(2部門)
The First of a Million Kisses
フェアーグラウンド・アトラクション
"Perfect"
フェアーグラウンド・アトラクション
10 1990年 ファイン・ヤング・カニバルズ
ネナ・チェリー
フィル・コリンズ
(2部門)
The Raw & the Cooked
ファイン・ヤング・カニバルズ
"Another Day in Paradise"
フィル・コリンズ
ドミニオン・シアター
11 1991年 - Listen Without Prejudice Vol. 1
ジョージ・マイケル
"Enjoy the Silence"
デペッシュ・モード
12 1992年 シール
(3部門)
Seal
シール
"These Are the Days of Our Lives"
クイーン
ハマースミス・アポロ
13 1993年 アニー・レノックス
シンプリー・レッド
(2部門)
Diva
アニー・レノックス
"Could It Be Magic"
テイク・ザット
アレクサンドラ・パレス
14 1994年 ビョーク
ステレオ・エムシーズ
テイク・ザット
(2部門)
Connected
ステレオ・エムシーズ
"Pray"
テイク・ザット
15 1995年 ブラー
(4部門)
Parklife
ブラー
"Parklife"
ブラー
16 1996年 オアシス
(3部門)
(What's the Story) Morning Glory?
オアシス
"Back For Good"
テイク・ザット
アールズ・コート
17 1997年 マニック・ストリート・プリーチャーズ
スパイス・ガールズ
(2部門)
Everything Must Go
マニック・ストリート・プリーチャーズ
"Wannabe"
スパイス・ガールズ
18 1998年 ザ・ヴァーヴ
(3部門)
Urban Hymns
ザ・ヴァーヴ
"Never Ever"
オール・セインツ
ロンドン・アリーナ
19 1999年 ロビー・ウィリアムズ
(3部門)
This Is My Truth Tell Me Yours
マニック・ストリート・プリーチャーズ
"Angels"
ロビー・ウィリアムズ
20 2000年 メイシー・グレイ
ロビー・ウィリアムズ
トラヴィス
(2部門)
The Man Who
トラヴィス
"She's the One"
ロビー・ウィリアムズ
アールズ・コート 2
21 2001年 ロビー・ウィリアムズ
(3部門)
Parachutes
コールドプレイ
"Rock DJ"
ロビー・ウィリアムズ
22 2002年 ダイド
カイリー・ミノーグ
(2部門)
No Angel
ダイド
"Don't Stop Movin'"
S Club 7
23 2003年 コールドプレイ
エミネム
ミス・ダイナマイト
(2部門)
A Rush of Blood to the Head
コールドプレイ
"Just a Little"
リバティ・エックス
24 2004年 ザ・ダークネス
(3部門)
Permission to Land
ザ・ダークネス
"White Flag"
ダイド
25 2005年 シザー・シスターズ
(3部門)
Hopes and Fears
キーン
"Your Game"
ウィル・ヤング
26 2006年 カイザー・チーフス
(3部門)
X&Y
コールドプレイ
"Speed of Sound"
コールドプレイ
アールズ・コート
27 2007年 アークティック・モンキーズ
ザ・キラーズ
(2部門)
Whatever People Say I Am,
That's What I'm Not

アークティック・モンキーズ
"Patience"
テイク・ザット
28 2008年 アークティック・モンキーズ
テイク・ザット
フー・ファイターズ
(2部門)
Favourite Worst Nightmare
アークティック・モンキーズ
"Shine"
テイク・ザット
29 2009年 ダフィー
(3部門)
Rockferry
ダフィー
"The Promise"
ガールズ・アラウド
30 2010年 レディー・ガガ
(3部門)
Lungs
フローレンス・アンド・ザ・マシーン
"Beat Again"
JLS
31 2011年 アーケイド・ファイア
タイニー・テンパー
(2部門)
Sigh No More
マムフォード・アンド・サンズ
"Pass Out"
タイニー・テンパー
The O2
32 2012年 アデル
エド・シーラン
(2部門)
21
アデル
"What Makes You Beautiful"
ワン・ダイレクション
33 2013年 ベン・ハワード
エミリー・サンデー
(2部門)
Our Version of Events
エミリー・サンデー
"Skyfall"
アデル
34 2014年 アークティック・モンキーズ
ワン・ダイレクション
(2部門)
AM
アークティック・モンキーズ
"Waiting All Night"
ルディメンタル ft. エラ・エア
35 2015年 エド・シーラン
サム・スミス
(2部門)
X
エド・シーラン
"Uptown Funk"
マーク・ロンソン ft. ブルーノ・マーズ
36 2016年 アデル
(4部門)
25
アデル
"Hello"
アデル
37 2017年 デヴィッド・ボウイ
ラグ・アンド・ボーン・マン
(2部門)
Blackstar
デヴィッド・ボウイ
"Shout Out to My Ex"
リトル・ミックス

受賞数[編集]

英国アーティスト 受賞数
ロビー・ウィリアムズ (テイク・ザットで5回) 18
アデル 9
コールドプレイ
テイク・ザット 8
アニー・レノックス
アークティック・モンキーズ 7
ワン・ダイレクション
デヴィッド・ボウイ (没後で2回) 6
オアシス
スパイス・ガールズ 5
ブラー
フィル・コリンズ
ジョージ・マイケル (ワム!で3回)
フレディ・マーキュリー (クイーンで3回、没後で2回)
エルトン・ジョン
ザ・ビートルズ 4
ダイド
マニック・ストリート・プリーチャーズ
ポール・ウェラー
エド・シーラン
エミリー・サンデー
外国アーティスト 受賞数
U2 7
マイケル・ジャクソン 6
ビョーク 5
プリンス 4
エミネム
フー・ファイターズ
R.E.M. 3
ベック
シザー・シスターズ
レディー・ガガ
カイリー・ミノーグ
ビヨンセ
ジャスティン・ティンバーレイク
カニエ・ウェスト
ブルーノ・マーズ

日本での放送[編集]

2012年の授賞式の模様から放送されている。

2012年[編集]

2012年12月8日19:00 - 21:00(JST)[1]ブリットアウォーズ授賞式 2012( - じゅしょうしき にせんじゅうに)としてDlifeで放送された。この内容は、2012年2月21日(UTC)にO2アリーナから英ITVで生放送されたものに日本語字幕と、副音声としてロッキング・オン編集長の山崎洋一郎と、歌手のスガシカオによる解説放送をつけて放送された[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]