エミリー・サンデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Emeli Sandé
Emeli Sandé September 2014.jpg
2014年
基本情報
出生名 Adele Emeli Sandé
生誕 (1987-03-10) 1987年3月10日(30歳)
出身地 スコットランドの旗 スコットランド・アルフォード
ジャンル ソウルR&Bポップ
職業 シンガー・ソングライター
担当楽器 ヴォーカルピアノ
活動期間 2009年〜現在
レーベル ヴァージン・レコード(イギリス)
キャピトル・レコードアメリカ
公式サイト 公式サイト

アデル・エミリー・サンデーAdele Emeli Sandé1987年3月10日 - )は、イギリススコットランド[1][2]出身の女性シンガーソングライター

ラッパーChipmunkの曲『Diamond Rings』をフィーチャーしたことをきっかけに有名になった。 同曲はイギリスのシングルチャートで初のトップ10を記録しており、ラッパーWileyの曲『Never Be Your Woman』でもトップ10を記録している。サイモン・コーウェルは、彼女の歌を聞いたすぐ後に、エミリーはお気に入りのソングライターになったと述べている。2012年にはブリット・アワードで受賞。シェール・ロイドスーザン・ボイルガブリエルリアーナレオナ・ルイスシェリル・コールタイニー・テンパーなど多くのアーティストに楽曲を提供している。2010年にEMI Music Publishingと出版関連の契約を交わす。後に、ヴァージン・レコードとレコード関連の契約を交わしたことを発表した。2011年8月に初のソロシングル『Heaven』を発売。イギリスとアイルランドで『Read All About It』『Next to Me』『Beneath Your Beautiful』の3つのシングルで1位を獲得。 ファースト・アルバム 「エミリー・サンデー(原題:Our Version of Events)」は2012年2月にリリースしてすぐ、UKチャートで1位を記録した[3]。2012年のイギリス国内のベストセラーアルバムとなり、100万枚の売上を達成。2012年ロンドン・オリンピックの開会式と閉会式でパフォーマンスを披露している[4]

略歴[編集]

1987年3月10日、サンダーランド (イングランド)で出身[5]。ザンビア人の父とイギリス人の母がいる。両親は共にサンダーランドの大学に在学中に知り合った。サンデーはグラスゴー大学で臨床神経学の学位が取得出来る5年間の医学系(MBChB)コースを専攻した[6]。音楽のキャリアで失敗したとしても教育に頼れることから、教育は彼女にとって最も重要なものの1つであることを述べている。マネージャーのAdrian Sykesはサンデーが16歳の時から根気よく待っており、サンデーは「Adrianは私が教育を身につけたいことを尊重してくれている。また私の両親も大学を卒業させたがっていることをAdrianも知っている。」と述べている。サンデーはフリーダ・カーロのタトゥーをしている。 小学校の演芸会のために、11歳の時に初めて作曲を始めた。「その時が初めてシンガーソングライターになれるかもと思った時だったわ。作曲出来るようなミュージシャンになりたいことをずっと自覚していたし、誰かの曲を歌うという考えは持っていなかった。初めて書いた曲Tomorrow Starts Againは、8小節なのに正しい構成だった。」と記憶している[7]。 Choice FMは”Rapology”コンテスト参加の為、15歳のサンデーをロンドンに招いた。サンデーは父が教師として勤めていたAlford Academyに通う。「学ぶことに貪欲だったから、病気でレッスンを逃すのが嫌だった。私はとてもシャイで、オタクで非常に行儀が良かった。中学校の間、必然的に教師である父の娘であることがアイデンティティの一部だった。厳しい父にすぐさま報告されるから、ふざけたり、トラブルを起こすことは出来なかった。」と述べている[8]

キャリア[編集]

2008–10: ファーストアルバム発売前

エミリーのお気に入りの曲「Nasty Little Lady」をピアノ伴奏しながら歌った映像をサンデーの妹が作成した[9]。サンデー姉妹はTrevor NelsonのBBC Urban musicコンテストに映像を送付。コンテストで優勝し、レコード制作のオファーをもらうが、コンテストを通じて知り合ったマネージメントに反対される。サンデーはスコットランドで彼女の音楽キャリアを支えてくれるUrban Scot collectiveに関わるようになる。両親はBBC Radio 1Xtraにも彼女の歌のCDを送った。2010年にVirgin Recordとレコード契約を結び、2011年にEMI Recordsと別の契約を結ぶ。2009年にChipmunkのデビューシングル『Diamond Rings』で歌手としてのキャリアをスタートする。『Diamond Rings』はイギリスのシングルチャートで6位を記録し、Chipmunkとサンデーにとって初のトップ10を果たすことになった。後にゲストボーカルとして協力したWileyの『Never Be Your Woman』のシングルでは、イギリスのシングルチャートで8位を記録し、連続でトップ10の快挙を成し遂げる[10]。イギリスのシンガーソングライターアデル (歌手)の人気上昇に伴い、「アデル・サンデー」を名乗るのを辞め、代わりにミドルネームの「エミリー」を用いることにする。「アデル (歌手)が出てきてから、すぐに名前を変えたわ。名前を真似したみたいだったから、私はミドルネームを使うことにした。彼女はどんどん人気になっていて、改名の必要に迫られた。」と明らかにしている[11]

2011–13: Our Version of Events and breakthrough

2011年8月にファーストアルバムからのファーストシングルが『Heaven』であることを発表。『Heaven』はThis Must Be PopやRobot Pigeonなどのブログから好評価を得る。2011年12月15日のブリット・アワードでは2つ受賞する。デビューアルバム『Our Version of Events』は2012年2月に発売された後、イギリスで1位を獲得[12]。2012年7月27日、2012年夏オリンピックの開会式で『Abide with Me』を披露し、サンデーの曲『Heaven』がティム・バーナーズ=リーの出演時に使用された。開会式音楽CDの『Isles of Wonder』に両曲収録されている。

2013: セカンドアルバムに向けて

2013年5月にワシントンD.C.ホワイトハウスで曲を披露し、バラク・オバマキャロル・キングにアメリカ議会図書館ガーシュウィンメダルを渡した際、表彰式での主演アーティストの1人としてパフォーマンスを行った。2013年6月から、2014年夏に発売予定であるセカンドアルバムの為作曲を行う予定である。2013年7月の夏ツアーでは、ルディメンタルのアルバム『Home』内の曲『Free』とノーティ・ボーイのアルバム『Hotel Cabana』内の曲『Lifted』のパフォーマンスを行った。北アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなどを世界中を旅している。アリシア・キーズリアーナ、Professor Green、ケイティ・ペリーなどと共同制作を行っている最中である。

音楽性[編集]

音楽性

サンデーはソプラノの声の領域を持っている[13]。「好きな歌手の1人であるニーナ・シモンのような音楽と思われたい」と述べている。また「近年は何事も長くは続かず、音楽もファーストフードのようになっている[14]。シモンのようにピアノも上手に弾けるようになりたい。」と述べている。ニーナ・シモンの『I Wish I Knew How It Would Feel to Be Free』やシモンのバージョン『I Think It’s Going to Rain Today』を好んでいる。16歳の時に両親に連れられてアリシア・キーズの『Songs in A Minor Tour』のライブに行って以来、キーズに自分の音楽を聞いてほしいと述べている[15]アリシア・キーズがハーフであることや、クラスでトップの生徒であったこと、ピアノを弾き、ニーナ・シモンが好きなどの共通点があることからもファンであることを述べている。

作曲

サンデーの好きな歌手レオナ・ルイススーザン・ボイルの作曲をしていたことからサイモン・コーウェルがお気に入りの作曲家を明らかにしている[16]。インタビューでスーザン・ボイルの為に作曲をしてから、スーザンがロックスターにどこか似ているところがあることから、本人に是非会いたいと述べている。サンデーがスーザン・ボイルの為に、共同作詞した曲『This Will Be The Year』はボイルのアルバムに収録されている。

私生活[編集]

2012年1月に7年間交際していた恋人と結婚したことを認めた。サンデーの夫は身元を明かさないことを求めており、サンデーは音楽業界に関わっておらず科学者であると述べている[17]。しかし、2012年9月12日に夫の出生地であるモンテネグロで結婚式を挙げたことで、夫が生物海洋学者のAdam Gouraguineであることが明らかになった。サンデーは夫の姓に変える予定であるが、しばらく”エミリー・サンデー”で名乗るつもりであると述べた[18]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
UK
[19]
AUS
[20]
BEL
[21]
FRA
[22]
GER
[23]
IRE
[24]
NLD
[25]
NZ
[26]
SWI
[27]
US
[28]
2012 Our Version of Events 1 17 3 9 7 1 3 9 6 28
2016 Long Live the Angels
  • 発売日: 2016年11月11日
  • レーベル: Virgin
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全英売上: 4.7万枚[40]
2 20 9 65 12 6 21 29 9 41
  • UK: シルバー[31]

ライブ・アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
UK
[19]
BEL
[21]
FRA
[22]
IRE
[24]
NLD
[25]
US
[28]
2013 Live at the Royal Albert Hall
  • 発売日: 2013年2月18日
  • レーベル: Virgin
  • フォーマット: CD, DVD, digital download
  • 全英売上: 2.5万枚[31]
1 7 33 9 24 124
  • UK: ゴールド[31]

脚注[編集]

  1. ^ Scots singer Emeli Sande wins critics' choice. bbc.co.uk. Retrieved 2012-08-08.
  2. ^ Olympic torch: Highland relay clashes with major events. bbc.co.uk. Retrieved 2012-08-08.
  3. ^ Our Version of Events Emeli Sandé | Format: Audio CD”. Amazon. Amazon Retail. 2012年2月17日閲覧。
  4. ^ http://www.dailymail.co.uk/news/article-2187413/London-2012-Closing-Ceremony-Feeling-sad-end-Games-Eric-Idle-leads-80-000-crowd-rendition-Always-Look-Bright-Side-Life.html
  5. ^ "Brit Awards: Emeli Sande wins two awards". BBC. 21 February 2013. Retrieved 28 April 2013. "Sande was born in Sunderland [...]"
  6. ^ Gannon (20 April 2013)."'I guess I never believed it could really happen to me': Why Emeli Sande ditched her medical studies to become a pop starRead more
  7. ^ Emeli Sande information, BRIT Awards 2012. Brit Awards. Retrieved 2012-05-11.
  8. ^ "Emeli Sandé: Meet music's new darling, who is living her 'dream come true'". Daily Mail. 3 February 2012. Retrieved 2012-03-03.
  9. ^ Emeli Sande information, BRIT Awards 2012. Brit Awards. Retrieved 2012-05-11.
  10. ^ Mulderrig, Amie (9 March 2010)."Watford music producer Shahid Khan has notched up another chart hit". The Watford Observer. Retrieved 2012-04-24.
  11. ^ "Emeli reveals why she changes name". Digital Spy. 19 August 2011. Retrieved 2011-08-19.
  12. ^ Our Version of Events Emeli Sandé | Format: Audio CD". Amazon.com. Retrieved 2012-02-17.
  13. ^ Mumbi Moody, Neseka (4 June 2012)."Review: Emeli Sande stuns with her debut". Yahoo AP. Retrieved 1 April 2013.
  14. ^ "Emeli Sandé: Meet music's new darling, who is living her 'dream come true'". Daily Mail. 3 February 2012. Retrieved 2012-03-03.
  15. ^ "Emeli Sandé: Meet music's new darling, who is living her 'dream come true'". Daily Mail. 3 February 2012. Retrieved 2012-03-03.
  16. ^ "Emeli reveals why she changes name". Digital Spy. 19 August 2011. Retrieved 2011-08-19.
  17. ^ "Interview: Emeli Sande — The UK phenomenon taking the R&B world by storm.. – TheNext2Shine.com – New R&B Music Video, R&B Soul News Interview, Emerging Undiscovered Unsigned Talent". Blog.thenext2shine.com. Retrieved 2012-08-10.
  18. ^ Amelia Butterly (17 September 2012). "Emeli Sandé marries long term partner Adam Gouraguine". BBC Newsbeat.
  19. ^ a b Peak positions in the United Kingdom:
  20. ^ Discography Emeli Sandé”. Australian Charts Portal. Hung Medien. 2013年5月5日閲覧。
  21. ^ a b Discografie Emeli Sandé” (Dutch). Belgium (Flanders) Charts Portal. Hung Medien. 2012年2月14日閲覧。
  22. ^ a b Discographie Emeli Sandé” (French). French Charts Portal. Hung Medien. 2012年2月14日閲覧。
  23. ^ Discographie Emeli Sandé” (German). German Charts Portal. Hung Medien. 2012年2月14日閲覧。
  24. ^ a b Disocgraphy Emeli Sandé”. Irish Charts Portal. Hung Medien. 2012年2月14日閲覧。
  25. ^ a b Discografie Emeli Sandé” (Dutch). Dutch Charts Portal. Hung Medien. 2012年2月14日閲覧。
  26. ^ Discography Emeli Sandé”. New Zealand Charts Portal. Hung Medien. 2012年2月14日閲覧。
  27. ^ Emeli Sandé” (German). Swiss Charts Portal. Hung Medien. 2012年2月14日閲覧。
  28. ^ a b Emeli Sandé – Chart history: Billboard 200”. Billboard. 2012年6月14日閲覧。
  29. ^ Our Version of Events: Emeli Sandé”. Amazon.co.uk. 2012年6月14日閲覧。
  30. ^ Jones, Alan (2016年11月18日). “Official Charts Analysis: Olly Murs fifth album debuts at No.1”. Music Week. 2016年11月18日閲覧。
  31. ^ a b c d Certified Awards Search (To access, enter the search parameter "Emeli Sande" and select "Search")”. British Phonographic Industry. 2014年12月13日閲覧。
  32. ^ "ARIA Charts – Accreditations – 2013 Albums". Australian Recording Industry Association. 1 December 2013閲覧. 
  33. ^ "Ultratop − Goud en Platina – 2012". Ultratop & Hung Medien / hitparade.ch. 29 December 2012閲覧. 
  34. ^ Les Certifications: Notre Base de Données” (French). SNEP. 2015年3月2日閲覧。
  35. ^ Gold–/Platin-Datenbank (Emeli Sandé)” (German). Bundesverband Musikindustrie. 2013年4月19日閲覧。
  36. ^ 2012 Certification Awards — Multi platinum”. Irish Recorded Music Association (IRMA). 2013年3月8日閲覧。
  37. ^ NZ Top 40 Albums Chart – 13 May 2013”. Recorded Music NZ. 2013年5月20日閲覧。
  38. ^ The Official Swiss Charts and Music Community: Awards (Emeli Sandé)” (German). swisscharts.com. Hung Medien. 2013年2月2日閲覧。
  39. ^ Gold & Platinum - RIAA”. Recording Industry Association of America. 2016年9月20日閲覧。
  40. ^ Jones, Alan (2016年11月18日). “Official Charts Analysis: Olly Murs fifth album debuts at No.1”. Music Week. 2016年11月18日閲覧。

外部リンク[編集]