X (エド・シーランのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
x
Ed Sheeranスタジオ・アルバム
リリース
録音 Sticky Studios
Jungle City Studios
Matza Ball Studios
Rocket Studios
Shangri La
Enormous Studios
Cocoloco Studios
Sphere Studios
Metropolis Studios
Park Road Post
ジャンル Pop, R&B, Hip Hop
時間
レーベル Asylum Records
Atlantic Records / Warner Music Group
プロデュース Ed Sheeran
Benny Blanco
Jeff Bhasker
Peter Cobbin
Jake Gosling
Rick Rubin
Johnny McDaid
Kirsty Whalley
Pharrell Williams
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(イギリス[1]カナダ[2]アメリカ[3]オーストラリア[4]
  • 5位(フランス[5]
  • 32位(日本オリコン[6]
  • ゴールドディスク
  • 7×プラチナ (英国レコード産業協会)[7]
  • プラチナ (全米レコード協会)[8]
  • Ed Sheeran 年表
    The Slumdon Bridge
    2012年
    x
    (2014年)
    5
    2015年
    『x』収録のシングル
    1. 「Sing」
      リリース: 2014年4月7日
    2. 「Don't」
      リリース: 2014年8月12日
    3. Thinking Out Loud
      リリース: 2014年9月25日
    4. 「Bloodstream」
      リリース: 2015年3月29日
    5. 「Photograph」
      リリース: 2015年6月18日
    テンプレートを表示

    x』(マルティプライ)は、エド・シーランの2枚目のアルバム2014年6月20日Asylum RecordsAtlantic Recordsより発売。

    概要[編集]

    前作「The Slumdon Bridge」から2年ぶりのアルバム。タイトル「x」は1枚目のアルバム「+」でやったことを基にしてそれを何倍にするという意味。このアルバムに向けて120曲も制作し、選曲の基準は「500回聴いても飽きない曲」だという[9]

    2015年の「第57回グラミー賞」では「最優秀アルバム賞」と「最優秀ポップ・ボーカル・アルバム」にノミネートされた。

    収録曲[編集]

    1. One [4:13]
      Produced by Jake Gosling
      (作詞・作曲:Ed Sheeran)
    2. I'm a Mess [4:06]
      Produced by Jake Gosling
      (作詞・作曲:Ed Sheeran)
    3. Sing [3:55]
      Produced by Pharrell Williams
      (作詞・作曲:Ed Sheeran, Pharrell Williams / 編曲:Andrew Coleman)
      • 2014年4月7日にリリースの先行シングル。プロデューサーにPharrellが参加。知り合うきっかけはグラミー賞の授賞式でPharrellがEdの後ろに座っており、Edが挨拶したところ、「一緒にスタジオに入ろう」と言われたという。EdのギターのカッティングをPharrellが気に入りこの曲が生まれた。Edは「オーディエンスに参加してもらうための曲。みんな一緒に歌ってほしい」[9]
    4. Don't [3:39]
      Produced by Benny Blanco, Rick Rubin
      (作詞・作曲:Ed Sheeran, Benjamin Levin, Ali Shaheed Muhammad, Conesha Owens, Dawn Robinson, Raphael Saadiq)
      • 2014年8月12日にシングルとしてリリースされた。Lucy Pearlが2000年にリリースした「Don't Mess with My Man」をサンプリングしている。もともとRick Rubinのバージョン、Benny Blancoのバージョンの2種類を制作したが、どちらも気に入ってる箇所があり、それぞれのキーとなる要素を組み合わせれば、とてもクールなサウンドになると思い、両方のバージョンを採用した[9]
    5. Nina [3:43]
      Produced by Jake Gosling
      (作詞・作曲:Ed Sheeran, Johnny McDaid, Isra Andja-Diumi Lohata, Jay Lee Robert Hippolyte, Jermaine Scott)
    6. Photograph [4:18]
      Produced by Jeff Bhasker
      (作詞・作曲:Ed Sheeran, Johnny McDaid / Strings Arrangement:Davide Rossi)
      • 2015年6月18日にシングルとしてリリースされた。
    7. Bloodstream [4:59]
      Produced by Rick Rubin
      (作詞・作曲:Ed Sheeran, Gary Lightbody, Johnny McDaid, Rudimental)
      • 2015年3月29日にシングルとしてリリースされた。
    8. Tenerife Sea [4:00]
      Produced by Rick Rubin
      (作詞・作曲:Ed Sheeran, Foy Vance, Johnny McDaid)
    9. Runaway [3:26]
      Produced by Pharrell Williams
      (作詞・作曲:Ed Sheeran, Pharrell Williams / 編曲:Andrew Coleman)
    10. The Man [4:09]
      Produced by Jake Gosling
      (作詞・作曲:Ed Sheeran)
    11. Thinking Out Loud [4:41]
      Produced by Jake Gosling
      (作詞・作曲:Ed Sheeran, Amy Wadge)
      • 2014年9月25日にシングルとしてリリースされた。Edがこのアルバムでお気に入りの楽曲[9]
    12. Afire Love [5:14]
      Produced by Johnny McDaid
      (作詞・作曲:Ed Sheeran, Foy Vance, Johnny McDaid, Christophe Beck)
    デラックス・エディション
    1. Take It Back [3:28]
      Produced by Rick Rubin
      (作詞・作曲:Ed Sheeran, Johnny McDaid)
    2. Shirtsleeves [3:09]
      Produced by Jake Gosling
      (作詞・作曲:Ed Sheeran)
    3. Even My Dad Does Sometimes [3:48]
      Produced by Jake Gosling
      (作詞・作曲:Ed Sheeran, Amy Wadge)
    4. I See Fire [4:57]
      Produced by Ed Sheeran
      (作詞・作曲:Ed Sheeran)
    デラックス・フィジカル・エディション
    1. All of the Stars [3:55]
      Produced by Johnny McDaid
      (作詞・作曲:Ed Sheeran, Johnny McDaid)

    クレジット[編集]

    脚注[編集]