ポップ・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポップ・ミュージック
様式的起源 ロックンロール
クラシック音楽
ポピュラー音楽
ソウルミュージック
文化的起源 1950年代 - 1960年代
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
サブジャンル
融合ジャンル

ポップ・ミュージック: Pop music)とは、1950年代から1960年代にかけて西洋ロックンロールから派生して現代的形態で始まったポピュラー音楽ジャンルの1つ。「ポピュラー音楽」と「ポップ・ミュージック」はしばしば同義で扱われ、「ポピュラー音楽」は人気がある全ての音楽を指すと定義される。

ジャンルとしてのポップ・ミュージックは極めて折衷的であり、多くの場合は他ジャンル(ダンス・ミュージックロックラテン音楽カントリー・ミュージック等)からの要素を取り入れる。一方で楽曲に割り当てられる時間が長すぎず、動きのあるメロディが重視され、基本的な楽式(西洋では主にヴァース‐コーラス形式)を用いてコーラス(サビ)を楽曲中で繰り返すといった普遍的な特徴を持つ[1]

特色[編集]

多くの場合ポップ・ミュージックはヒットチャート志向のものと見られているが、ジャンルとしてのポップ・ミュージックはヒットチャート志向とは別の意味を持って存在している[文献 1]。若者向けの音楽の中でもロックよりはソフトなものの代替として特徴づけられる[文献 2]

イギリス音楽社会学者であるSimon Frith英語版によると、ポップ・ミュージックは企業が生産するものであり、芸術的な性質よりも技術的な質の良さに重点が置かれ、特定のサブカルチャーイデオロギーに依拠せず全ての人にアピールすることを目的に音楽が設計されているとしている[文献 2]。また、ポップ・ミュージックは特定の場所や性質を持たず、利益と商業の報酬以外の野心からは生まれていないとして、本質的に保守的であるとしている。主にレコード会社ラジオ放送局プロモーター等の比較的地位の高いところから提供されるため、DIYの音楽ではないとしている[文献 3]

音楽学者Timothy Warnerによると、ポップ・ミュージックは一般的にライブよりもレコーディング、生産、テクノロジーに重点を置いているとし、進歩的な開発よりも流行が反映される傾向があるとしている[文献 4]。また、ダンスを促進し、ダンス向けのリズムを使用している傾向があるとしている[文献 4]

主なポップ・ミュージックの楽曲は2分半から3分半の長さで、一般的に一貫性のある楽曲が多く、リズミカルで、シンプルな構造、主流のスタイルが用いられる[文献 5]歌詞は一般的に単純なテーマに焦点が当てられ、特に恋愛に関するテーマが多い[文献 2]和声の構成は、古典的なヨーロッパ調性音楽をシンプルにしたもの(ポピュラー和声)が多い[文献 6]

歴史[編集]

ビートルズ(1964年)

「ポップ・ソング(: Pop song)」という用語は、人気がある事のアピールとして1926年に初めて使用された語であるとされ[文献 7]1920年代カントリー・ミュージックブルースなどにおける様々なイベントから現代のポップ・ミュージックが誕生したとみなすことができるとされている[文献 8]

ニューグローヴ世界音楽大事典』の電子版「グローヴ・ミュージック・オンライン」によると、ポップ・ミュージックは1950年代半ばにイギリスでロックンロールに影響を受けた新しい若者の音楽スタイルとして始まったとされる[2]

“The Oxford Dictionary of Music”による説明では、1950年代後半以来コンサートでの大衆向けの音楽として「ポップ」が位置づけられていたが、次第に非古典音楽であるという特有の意味も持つようになり、ビートルズローリング・ストーンズABBAなどがその例として挙げられるとしている[3]。1967年頃からポップとロックは対極的な意味を持つ様になる一方で、汎用性のある用語としてポップが位置づけられていく[文献 9]。ロックには音楽としての本格的な性質や可能性の拡大が求められて行き[文献 9]、ポップは商業的な性質や一過性のもの、わかりやすいもので形成されていく様になる[文献 4]

影響と発展[編集]

MTVがマイケル・ジャクソンやマドンナをポップスターへ導くと共に、マイケル・ジャクソンやマドンナがMTVの普及に貢献した[文献 10][文献 11][注 1][5]。 MTVがマイケル・ジャクソンやマドンナをポップスターへ導くと共に、マイケル・ジャクソンやマドンナがMTVの普及に貢献した[文献 10][文献 11][注 1][5]。
MTVがマイケル・ジャクソンやマドンナをポップスターへ導くと共に、マイケル・ジャクソンやマドンナがMTVの普及に貢献した[文献 10][文献 11][注 1][5]

ポップ・ミュージックは殆どの他ジャンルに影響され要素を吸収しており、初期のポップ・ミュージックは主にバラードゴスペルソウルミュージックからボーカルハーモニーの使用を取り入れ、楽器の演奏法はジャズ、カントリー、ロックから奏法を取り入れ、編曲をクラシック音楽から取り入れ、その他ダンスミュージック電子音楽ヒップホップラップの要素を取り入れている[文献 2]

技術革新がポップ・ミュージックにもたらした影響として、1940年代マイクロフォンの機能が改善された事により様々な歌唱法を用いる事が可能となり、その10 - 20年後には安価で耐久性のあるシングル盤 (45rpm)レコードが普及したことで革命的にポップ・ミュージックが広まっていく事となった[6]

また、1950年代にはテレビが普及した事で、テレビに出演するポップスターはその容貌の良さを求められる様になり[6]、1960年代には安価なポータブルトランジスタラジオ[6]マルチトラック・レコーダー(MTR)が普及し、1980年代にはサンプリングが導入される[文献 2]。1980年代初頭にはMTVなどの音楽専門チャンネルが台頭し、マイケル・ジャクソンマドンナなどのアーティストによるポップ・ミュージックの普及に大きな影響を与える[6]。象徴的な楽曲としてバグルスの「ラジオ・スターの悲劇」があり、MTVで最初に放送されたミュージック・ビデオでもある[5]。1985年にa-haが発表した楽曲「テイク・オン・ミー」は、特殊効果を用いたアニメーションによるミュージック・ビデオが評判となる[5]

ポップ・ミュージックはアメリカとイギリス(1960年代半ばから)の音楽産業が強い影響力を持っていた事により、国際的にモノカルチャー的な影響を与えた。一方で殆どの地域や国は、独自のポップ・ミュージックの形式を持っており、それぞれの地域や国の特性が反映された形で生成される[文献 12]。それらのローカルな特性もまた新たなジャンルの開発を導くなどした(例:ユーロポップ[文献 13]。また、日本などの非欧米諸国でもポップ・ミュージックの音楽産業が繁栄[7]。西洋のポップ・ミュージックの普及の解釈として、アメリカニゼーションコモディティ化近代化、創造的な処分、文化帝国主義グローバリゼーションなどが挙げられる[7]

2000年代以降[編集]

2000年代以降、ポップ・ミュージックは違法コピーなどのブートレグの影響もありCDの売上が減少傾向にある。これについて音楽評論家[8]コメンテーター[9][10]デイヴ・グロール[11]は、「ポップ・ミュージックの品質が低下した」、「型にはまった音楽であった」、「収益主導型であった」、「創造性が無かった」、「古い時代に比べて歌手の才能が低下」と述べたが、売り上げは低下していく[12]。一方で、2012年から2013年までには[13]iTunesなどによる合法の音楽配信による市場が確立される[14]

アメリカの音楽批評家ロバート・クリストガウの2014年の発言によると、世界中のポップ・ミュージックにエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)が浸透しているとした[15][16]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 引用:“Madonna helped make MTV as much as [MTV] helped make her, says Mark Bego, author of Madonna: Blonde Ambition..[4]

出典[編集]

書籍
  1. ^ R. Serge Denisoff、William L. Schurk、Tarnished Gold: the Record Industry Revisited (Transaction Publishers〈3rd edn〉、1986年)、pp. 2–3.
  2. ^ a b c d e S. Frith、W. Straw、J. Street共編著、The Cambridge Companion to Pop and Rock (ケンブリッジ大学出版局)、pp. 95–6.
  3. ^ S. Frith, "Pop music", in S. Frith, W. Straw and J. Street共編著、The Cambridge Companion to Pop and Rock (ケンブリッジ大学出版局)、pp. 95–6.
  4. ^ a b c T. Warner, Pop Music: Technology and Creativity: Trevor Horn and the Digital Revolution (Ashgate、2003年)、pp. 3–4.
  5. ^ W. Everett、Expression in Pop-rock Music: A Collection of Critical and Analytical Essays (テイラーアンドフランシス、2000年)、p. 272.
  6. ^ Winkler, Peter、"Toward a theory of pop harmony"、In Theory Only [Vol. 4]、(University of Michigan School of Music, Theatre & Dance、1978年)、pp. 3–26.
  7. ^ J. Simpson and E. Weiner、Oxford English Dictionary (オックスフォード大学出版局、1989年)、参照:"pop".
  8. ^ D. Hatch and S. Millward、From Blues to Rock: an Analytical History of Pop Music (Manchester University Press)、p. 49.
  9. ^ a b Kenneth Gloag in The Oxford Companion to Music (オックスフォード大学出版局、2001年)、p. 983.
  10. ^ Christopher P. AndersenMJ Michael Jackson: unauthorized (Simon & Schuster、1994年)、p. 215.
  11. ^ R Jones and S. Brown、Michael Jackson, the man behind the mask: an insider's story of the king of pop (Select Books、2005年)、p. 49.
  12. ^ J. Kun、Audiotopia: Music, Race, and America (University of California Press、2005)、p. 201.
  13. ^ "Star profiles" in S. Frith, W. Stray and J. Street、The Cambridge Companion to Pop and Rock (ケンブリッジ大学出版局、2001年)、pp. 199–200.
ウェブ
  1. ^ Bill Lamb. “What Is Pop Music?” (英語). Top 40 & Pop Music. About.com. 2015年10月16日閲覧。
  2. ^ R. Middleton, et al.、"Pop"Grove music online、2010年3月14日閲覧。(要購読契約)
  3. ^ "Pop"、The Oxford Dictionary of Music、2010年3月9日閲覧。(要購読契約)
  4. ^ Joshua Rich (1998年11月20日). “Justify My Love was too raunchy in 1990” (英語). EW.com. エンターテインメント・ウィークリー. 2015年10月16日閲覧。
  5. ^ a b c MTV changed the music industry on August 1, 1981” (英語). CNN (1998年7月31日). 2015年10月16日閲覧。
  6. ^ a b c d D. Buckley、"Pop" "II. Implications of technology"、Grove Music Online、2010年3月15日閲覧。(要購読契約)
  7. ^ a b P. Manuel、"Pop. Non-Western cultures 1. Global dissemination"、Grove Music Online、2010年3月14日閲覧。(要購読契約)
  8. ^ Brad Washington (2012年2月21日). “The Quality Of Popular Music Has Declined” (英語). Starpulse.com. 2015年10月16日閲覧。
  9. ^ Mark Steyn (2011年9月3日). “A Tale of Two Declines” (英語). National Review Online. 2014年10月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月16日閲覧。
  10. ^ Makayla Cisneros (2012年10月16日). “As industry dies, music declines” (英語). DU Clarion. 2015年10月16日閲覧。
  11. ^ Foo Fighters’ Dave Grohl Blames Declining Sales On Lack Of Talent” (英語). Live4ever Media (2011年9月14日). 2015年10月16日閲覧。
  12. ^ Mark Mulligan (2013年2月14日). “The Decline and Fall of the Top 10” (英語). M{2e}. 南カリフォルニア大学. 2015年10月16日閲覧。
  13. ^ Derek Thompson (2013年2月26日). “Music Sales Are Growing For the First Time This Century: Here's Why” (英語). The Atlantic. The Atlantic Monthly Group. 2015年10月14日閲覧。
  14. ^ Digital Music Report 2014 (PDF)” (英語). IFPI (2014年). 2015年10月14日閲覧。
  15. ^ ロバート・クリストガウ (2014年7月24日). “Anti-Rockism’s Hall of Fame” (英語). The Barnes & Noble Review. バーンズ・アンド・ノーブル. 2015年10月16日閲覧。
  16. ^ ロバート・クリストガウ (2014年7月24日). “Anti-Rockism's Hall of Fame” (英語). ロバート・クリストガウ. 2015年10月16日閲覧。