オーケストラル・ポップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • オーケストラル・ポップ
  • オーケストラ・ポップ
オーケストラル・ポップ
現地名 Orchestral pop
様式的起源
文化的起源 1960年代のアメリカ合衆国イギリス
派生ジャンル
関連項目
テンプレートを表示

オーケストラル・ポップ(英: Orchestral pop)は、交響楽団によって編曲・演奏されるポップ・ミュージックである[3]

歴史[編集]

1960年代、アメリカやイギリスの映画、ラジオ番組でのポップ・ミュージックは、洗練されたティン・パン・アレーから、より風変わりな曲作りへと移行し、リバーブをかけたロック・ギター、交響曲のストリングス、適切に編曲及びリハーサルが行なわれたスタジオ・ミュージシャンのグループが演奏する管楽器が取り入れられた[4]ジョージ・マーティンビートルズの楽曲のストリングスの編曲を手がけ、ジョン・バリーが『ジェームズ・ボンド』の映画シリーズの音楽を手がけるなど、多くのポップ・ミュージックの編曲者や音楽プロデューサーが、手がけたアーティストの作品にオーケストラル・ポップを取り入れた[5]。1960年代にはビートルズが発表した楽曲「イエスタデイ」でオーケストラの演奏が取り入れられるなど、数多くのオーケストラ・セッションが行なわれた。中には、ボストン・ポップス・オーケストラをはじめとした主にポピュラー音楽の演奏することを目的に結成された交響楽団も存在している[3]

音楽ジャーナリストのクリス・ニクソン英語版は、「1966年のオーケストラル・ポップの肝」は「くだらないイージーリスニングではなく、挑戦的なもの」と定義している[6]スピン誌は、バート・バカラックザ・ビーチ・ボーイズブライアン・ウィルソンを「オーケストラル・ポップの“神”」としている[7]。一方、ニクソンはアメリカの歌手、スコット・ウォーカーを「オーケストラル・ポップの“頂点”」とし、「最も活躍した1967年から1970年にかけて、彼はビートルズと肩を並べるほどの革命的な作品たちを生み出した。マンシーニやバカラックのアイデアを論理的に発展させ、オーケストラル・ポップの概念を本質的に再定義させた」と説明している[8]

1990年代には、オーク・ポップ: Ork-pop)と名づけられたオーケストラル・ポップに由来したムーブメントが発生した[9]

主なアーティスト[編集]

※出典[10](特記を除く)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Hawkins 2015, p. 193.
  2. ^ The Day J-Pop Ate Itself: Cornelius and the Timeless Freakiness of 'Fantasma'”. The New York Observer. Observer Media (2016年6月13日). 2021年5月13日閲覧。
  3. ^ a b Orchestral/Easy Listening Music Genre Overview - オールミュージック. 2021年5月13日閲覧。
  4. ^ Pareles, Jon (2008年10月31日). “Orchestral Pop, the Way It Was (More or Less)”. The New York Times (The New York Times Company). https://www.nytimes.com/2008/11/01/arts/music/01pupp.html?_r=0 2021年5月13日閲覧。 
  5. ^ Lanza et al. 2008, p. 167.
  6. ^ Nickson, Chris (February 1998). “Best New Music”. CMJ New Music Monthly: 11. https://books.google.com/books?id=5ykEAAAAMBAJ&pg=PA11. 
  7. ^ a b c “Reviews”. Spin. (October 2006). ISSN 0886-3032. https://books.google.com/books?id=iemUgvxmQcYC&pg=PA100. 
  8. ^ a b Nickson, Chris (November 1997). “The Sons of Scott Walker”. CMJ New Music (CMJ New Music Monthly): 20, 22. ISSN 1074-6978. https://books.google.com/books?id=pCkEAAAAMBAJ&pg=PA20. 
  9. ^ Rosen, Craig (May 25, 1996). “Building A Perfect Ork-Pop Masterpiece”. Billboard (Nielsen Business Media, Inc.): 1, 92. ISSN 0006-2510. https://books.google.com/books?id=pw0EAAAAMBAJ&pg=PA92. 
  10. ^ Orchestral/Easy Listening Music Artists - オールミュージック. 2021年5月13日閲覧。
  11. ^ “男女混成オーケストラル・ポップ・バンド、ファンファーロ新作完成”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2014年1月16日). https://www.barks.jp/news/?id=1000098782 2021年5月13日閲覧。