ボーイ・バンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Boy band
様式的起源 ポップR&B
文化的起源 1950年代半ばの先駆者と共に、1970年代後半、イギリスやアメリカ合衆国で始まる。
使用楽器 ヴォーカル、サンプラーシーケンサーを使った電子楽器での伴奏
テンプレートを表示

ボーイ・バンド: boy band, boyband)は、通常は結成の際に10代か20代の複数の若い男性歌手で構成されるヴォーカル・グループとして緩く定義される。ヴォーカル・グループであるため、そのことがこの言葉自体をある種の誤称と呼ばれ得るものにしているのだが、録音する際に、またはステージ上で、彼らの大半は楽器を演奏しないが、例外もある。通常、高度に演出されたパフォーマンスで、ボーイ・バンドのほとんどは歌うのと同様に踊る。

そういった幾つかのバンドは彼ら独自で結成される。彼らは教会のコーラス隊もしくはゴスペル音楽から進化する場合もあるが、しばしばオーディションを開催するタレント・マネージャー英語版やレコード・プロデューサーによって作られる。このことと思春期前の子供、10代の少女英語版の観衆を対象とした彼らの一般的な商業方針が理由で、ボーイ・バンドという言い方は音楽ジャーナリズム英語版で否定的な響きで使われる場合もある。ボーイ・バンドは、概念の点でガール・グループに似ている。

歴史[編集]

初期の歴史[編集]

ボーイ・バンドの音楽で最も初期の形式は、アカペラのバーバーショップ・カルテットを使って19世紀後半に起こった。彼らは通常男性のグループで、4つの調和で歌った。バーバーショップ・カルテットの人気は、20世紀の初期に顕著だった。男声合唱グループの復活は、ドゥーワップ音楽を使って1940年代後期と1950年代に起こった。ドゥーワップのバンドは例えばポップスの中で使われる恋愛やポップ・ミュージックで使われる他の主題を話題にして歌った。ボーイ・バンドという言い方はこの頃はまだ使われていなかったが、ボーイ・バンドの初期の痕跡は1950年代半ばに残った。インク・スポッツは、我々が現在ボーイ・バンドと呼んでいる物の中で最初のグループの一つだった。彼らが男性のヴォーカル・グループまたは「hep harmony singing group」と呼ばれていた前の1980年代後半まで、ボーイ・バンドという言い方は先述の通り確立されていなかった[1]

1960年代: ザ・オズモンズ、ジャクソン5、ザ・ビートルズそしてモンキーズ[編集]

ザ・オズモンズ

ボーイ・バンドというジャンルで最も初期のグループはザ・オズモンズジャクソン5モンキーズであり、彼らがボーイ・バンドの雛形を作り出した。モンキーズが本来は産業化された音楽活動であり、虚構ではあったがメンバーが別々のキャラクターを持っていた本当のバンドであったのに対し、ジャクソン5は後の多くのボーイ・バンドの慣例を作った家族の集まりだった。例えば、彼らの音楽はソウルミュージックから密集和声を、キャッチーなポップの旋律をモータウンスプリームスの演奏から採用した。他の種類のバンドではステージの前に立つ一人だけが歌って他のメンバーが楽器を演奏するのとは対照的に全メンバーが歌い、それがボーイ・バンド共通の慣例となった。メンバーの誰か一人だけがステージを独占しなかったという点では効果的である。それでも、ステレオタイプの人格型(例えばマイケル・ジャクソンを「可愛い少年」とする)の慣例を持つことに、メンバーは都合良く適合した。

ボーイ・バンドではないが、ビートルズが若い少女を対象とした方法や外見や音楽の慣例を後輩達に伝授した。映画『ア・ハード・デイズ・ナイト』やノベルティ・グッズを作成するという宣伝方法は、恐らくボーイ・バンドにとって最初の大規模な市場調査だった。これがジャクソン5やモンキーズといったボーイ・バンドにとってプロトタイプになった。ビートルズからボーイ・バンドが採用した音楽的慣例は、その大半が彼らの市場性と結合されるキャッチーなポップ・フック、メロディー、そして調和だった。彼らの市場性はジョン・レノンポール・マッカートニーの人格、もしくは彼らの色気というようにメンバー全員に何かがあるというアイデアに基付いていた。

ビートルズはロック・バンドの楽器を使ったボーイ・バンドに間接的な影響を与えた。 この先例は、テレビ番組に出演している間にテレビ・プロデューサーバート・シュナイダー英語版ボブ・ラフェルソンが4人のメンバーに覚えやすいポップな楽曲を演奏させた時だった。彼らが産業化されたボーイ・バンドの最初の例であったので、モンキーズはしばしばボーイ・バンドの間の最初の先駆者と思われている。ドン・カーシュナーのマネージメントによって1965年に結成されて、グループは彼らに対するカーシュナーの影響力に不満を持つようになり、そして、彼らは1970年には自分達だけで働いて2年後に独立した。

1970年代と1980年代: メヌード、ニュー・エディション、そしてニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック[編集]

「ボーイ・バンド」という言い方は、ほとんど1990年代に登場したグループと関係しているが、その他の先例(すでに記載されたグループは別として)がポップスの歴史を通して存在する。このジャンルは、英米以外の言語と文化にコピーされた。プエルトリコのボーイ・バンドメヌードは若い世代のラテン系の聴衆を対象とし、1977年に結成された。メヌードはボーイ・バンドの中では珍しい慣例を持って居た。メンバーが16歳になって身長が高くなりすぎ、声が変化すると脱退させられ新しいメンバーに取って代わられた。メヌードのメンバーは基本的に12歳から14歳までだった。

ベイ・シティ・ローラーズは1970年代半ばに最も有名だったスコットランドのポップ・バンドだった。ブリティッシュ・ヒット・シングルズ・アンド・アルバムズ英語版は、彼らは「エディンバラ出身のタータンを着た10代のセンセーションであり、「ビートルズ以来の最大のグループで1970年代で最も叫ばれて小さく踊られた楽曲」だと書いた[2]。比較的短期間ではあったが(「ローラーマニア」というあだ名を付けられた)、彼らは世界的な10代向けのアイドル英語版だった。このグループはビートルズによって示された型を彼らに示す前に10代を対象としたモンキーズの様な最初のボーイ・バンドの一つだった。このグループは一時期を除いては同じ程度の成功を成し遂げた。イギリスでの彼らの人気の絶頂期に、両者の比較はビートルズに対して行われていた。同様にこの時期までには、ベイ・シティ・ローラーズのファンは服装に関して完璧に他とは異なるスタイルを持っていて、このグループが商品化とプロモーションに使っていたため、主な要素は足首に達する長さのタータンのズボンとタータンの襟巻きを着ていた[3]

アメリカ合衆国では、メンバー全員が彼ら独自の音楽を演奏していたにもかかわらず、クリーブランドを拠点としたパワー・ポップのグループラズベリーズは一般的に「10代の音楽活動」として解釈された。ヴォーカリストエリック・カルメンは、「あなたには演奏しているステージの前に1000人の鋭く叫びたてる女の子がいて、部屋の裏手に10人の非常に厳しいロック評論家がいて、彼らは『そうだ、私は我々にはこれが分かると思う』と言うだろう、そして残念なことに、アルバムを買って大きなレコード市場であなたたちをかなり大きな商品にしたポットを吸う18歳の群衆は我々に何も持って来はしない。人々が我々を好むことはヒップではなかった。なぜなら彼らの小さな姉妹が我々を好んだからだ」と後に述べた[4]

ニュー・エディションは1978年にボストンで結成されたR&Bのグループだった。このグループは1980年代に人気の絶頂を極めた。彼らはアメリカ合衆国に於いて1980年代や1990年代にボーイ・バンドの活動の祖先だった。このグループはほとんどの楽曲をクインテットとして収録した。

1982年に結成されたノルウェーのバンドA-haが最初の大陸ヨーロッパのボーイ・バンドとして1985年にシングル『Take on Me』で全米1位になった。ノルウェーでは一発屋だと思われていたにもかかわらず、このグループは世界中で売れて長期間に渡って成功を継続させた。

ブロス(「兄弟」という単語"brothers"を短くしたもの)は1980年代と1990年代に活躍したボーイ・バンドで、クレイグ・ローガン英語版と共に双子の兄弟マット・ゴス英語版ルーク・ゴスの三人で構成されていた。1986年に結成され、彼らは1987年から1989年まで多くの10位以内に入るヒットを出した。イギリスではブロスは1988年発売のアルバム『プッシュ (ブロスのアルバム)英語版』がプラチナディスクになり最初のモダンなボーイ・バンドにもなった。このアルバムは今でもイギリスで最も成功したボーイ・バンドのアルバムの一つとなっている。その他に1980年代後半にイギリスで成功したボーイ・バンドは、ビッグ・ファン (ボーイ・バンド)英語版ブラザー・ビヨンド英語版だった。

1990年代までボーイ・バンドという言い方は使われてさえもいなかったが、ボストンのグループニュー・エディションはしばしば1980年代のボーイ・バンドの傾向を始めたと言及される。モーリス・スター英語版はニュー・エディションによって影響されて、1984年に結成され1988年に国際的に成功した彼の弟分のニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックと共にそれを大衆化した。スターの考えは、R&Bというジャンル(この場合は彼の10歳代のバンドニュー・エディション)から従来のテンプレートを取って、それをポップ・ジャンルに適用することだった。

1990年代: ボーイズIIメン、テイク・ザット、バックストリート・ボーイズそしてイン・シンク[編集]

ヨーロッパの何人かのマネージャーはニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックに触発されて直ちに彼ら独自の活動を開始した。イギリスで1990年結成のナイジェル・マーティン・スミス英語版によるテイク・ザットに始まり、次に1980年代後半にブロスを成功させたトム・ワトキンズ英語版が1991年にイースト17を結成させ、テイク・ザットに対してより攻撃的な態度、スタイル、サウンドで対抗させる形でこれに続いた。その前年にブロスニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックがイギリスでシングルが1位を記録したにもかかわらず、最初にチャートを最初に独占したのはテイク・ザットだった。彼らにとって最初に1位になった1993年発売のシングルと1996年発売で最後に1位になったシングルとの間で、そして2005年の再結成の前に1度だけ発売されたシングルは上位に入ることは実現しなかった。それ以来、テイク・ザットはイギリスの音楽チャート史と大部分の同国のポップ・グループの中で最も成功したアーティストの一つに、そして大半のイギリスのポップ・グループにとっての発想の源となった。これら二つのイギリスのボーイ・バンドの衝撃を目撃したアイルランド人の音楽マネージャールイ・ウォルシュは「アイルランド版のテイク・ザット」の広告を打ち、これによって1993年にボーイゾーンを結成させた[5]。1993年結成のレット・ルーズ英語版、1995年結成のMN8英語版911英語版、そして1996年に結成されたダメージ英語版も同様にイギリスで成功を収めたボーイ・バンドであった。しかしながら、1990年代後半にはこれら全てのバンドは彼らのコースを走りきり解散した。

これらのアーティスト全員は国内外でシングルとアルバムの双方で見事に成功したが、ブリットポップの出現とインディー・ロックの商業的進出によって、多くのボーイ・バンドはイギリスの音楽ジャーナリズムによってアーティストとしての信頼性が無いと嘲られるようになった。メディアの注目は絶頂期を迎えたバトル・オヴ・ブリットポップ英語版に向けられ、オアシスブラーがイギリスの2つの新しい最大のバンドとしてテイク・ザットとイースト17の重要性と競争力に於いて取って代わった。しかしながら、その他のボーイ・バンドは5iveアナザー・レヴェル (バンド)英語版ポイント・ブレイク (バンド)英語版ウエストライフのように1990年代後半に於いても成功を収めた。1995年にはボニーMミリ・ヴァニリを手がけ成功を収めたドイツの音楽マネージャーフランク・ファリアン英語版が1990年代半ばに世界的なヒットを出したラテンアメリカのバンドノー・マーシー英語版を結成させた。

アメリカ人でありティト・ジャクソンの息子達でジャクソン5のメンバーである3Tは幾つかのヨーロッパ中で1990年代半ばにヒットしたシングルを持っていて、アメリカでの限定的な成功にもかかわらずスパイス・ガールズに遅れてヨーロッパで1996年に二番目に多い売り上げを記録した[6]

バックストリート・ボーイズは全時代を通して最も売れているボーイ・バンドである。

北米で1990年代には、ほとんどのボーイ・バンドは1993年に結成されたオール・フォー・ワン英語版や1998年に結成されたボーイズIIメンの様にアフリカ系アメリカ人でR&Bやゴスペル音楽をやっていた。ボーイズIIメンも同様にARIAチャートだけではなくBillboard Hot 100でも最も成功したボーイ・バンドである。ビルボード・チャートで成功したにもかかわらず、彼らは年長世代の聴衆を対象としており、若者を対象とはしていなかった。バックストリート・ボーイズナインティーエイト・ディグリーズイン・シンクザ・モファッツ英語版そしてハンソンといったポップ志向のグループがアメリカ合衆国で爆発的なヒットを出し市場を支配したのは1997年まで無かった。この1990年代後半にはそれ以降見られなかった北米大陸でボーイ・バンド人気の絶頂期が見られた。

アメリカ出身の最も成功したボーイ・バンドのマネージャーは、ルー・パールマン英語版だと言ってほぼ間違い無い。この人は1993年のバックストリート・ボーイズや2005年のイン・シンクLFOを、2000年にオー・タウン英語版、2005年にUS5英語版を手がけて商業的な成功を収めた。バックストリート・ボーイズとイン・シンクは1990年代後半から2000年代初めにかけて二大ボーイ・バンドとなり、バックストリート・ボーイズは1億4000万枚を売り上げて全時代を通して最も売れたボーイ・バンドになった[7][8]

イギリスで1990年代後半に、プロデューサーのサイモン・コーウェル(アメリカ合衆国ではアメリカン・アイドルXファクターでの出演で知られる)も1997年に結成された5iveを、1998年に結成されたウエストライフを手がけたことで知られている。ウエストライフはアイルランド人ルイ・ウォルシュによってボーイゾーンの代わりに制作され[9]、当初はこのバンドの元メンバーだったローナン・キーティングによってマネージメントされていた。テイク・ザットの方がイギリスでの売り上げ枚数はまだ多いが、ウエストライフはイギリスでの第1位の集計に於いて結局テイク・ザットに追い付いて行く。2012年には、オフィシャル・チャート・カンパニー英語版はテイク・ザットによる英国の音楽チャート史で最も大きい売り上げを記録したシングルス・アーティストが全体の第15位に入り、そして最も高い売り上げボーイ・バンドの活動(900万枚)であり、そして、ウエストライフが34位の(680万枚)でボーイゾーンが29位の(710万枚)でテイク・ザットに続いたと発表した[10][11]。サイモン・コーウェルが幾つかの成功したボーイ・バンドを運営したことは知られてはいるが、1990年代と2000年代に台頭したテイク・ザットバステッドを騙して契約書にサインさせたことで不評も買った[12][13]

2000年代: バックストリート・ボーイズ、ウエストライフ、ジョナス・ブラザーズ、スーパージュニア、そしてF4[編集]

ジョナス・ブラザーズはポップ・ボーイ・バンドとして分類される

バックストリート・ボーイズイン・シンクといったグループの継続した成功と共に、ナインティーエイト・ディグリーズドリーム・ストリートオー・タウン英語版A1ブルー、そしてバステッドといった米英のグループが国内外で素早く人気を獲得した。国際的なボーイ・バンドも同様にモルドバO-Zone(今日ではNuma numaという呼ばれ方でより良く知られている)やオーヴァーグラウンド英語版の様に台頭した。アメリカのクリスチャンのボーイ・バンドプラス・ワン英語版もこの時期に注目すべき成功を収めた。

北米大陸でのボーイ・バンド人気の頂点では、MTVが独自のパロディ・ボーイ・バンド2gether (バンド)英語版を作った。1960年代のモンキーズのように、彼らは産業化された活動で、参加メンバーには明確に異なる架空のキャラクターが設定された。2getherは全ての成功したボーイ・バンドが5つの異なるキャラクター、つまり、悪い少年・シャイな少年・若い少年・兄貴分の少年・ときめく少年、というキャラクターを持たなければならないという考えを全うした。2getherのメンバー全員が俳優でテレビドラマの為に作られたMTVのシリーズが終了して以来、その他のプロジェクトに参加している。

MTVのジル・カウフマンが「よりグッド・シャーロットシンプル・プランに似ている」という「新しいボーイ・バンド」を売り出したが、2001年以来、伝統的なボーイ・バンドのポップ・チャートでの存在感は低下し始めた[14]

2001年には、台湾のボーイ・バンドF4(2007年からはJVKVと呼ばれている)[15]流星花園というテレビドラマの成功の結果として急成長した。彼らの人気は中国香港シンガポールマレーシアタイインドネシア日本韓国フィリピンを含めてアジア中に広がっている。彼らの成功と共に、5566飛輪海といった他の多くの台湾のボーイ・バンドが同時期に台頭した。

北米大陸では、ジョナス・ブラザーズが2008年にアルバムを1週間で18万枚売り上げてアメリカン・ビルボード200で1位を記録し、ディズニー・チャンネルでのプロモーションで有名になった。JLSマインドレス・ビヘイヴィア英語版といった他の新しいボーイ・バンドも同様にこの時期に注目すべき成功を収めた。しかしながら、彼らとは異なり、北米ではボーイ・バンドは1990年代の半ばや後半には商業的な流行を収められなくなった。

韓国では、スーパージュニアが2008年にSMエンターテインメントからSorry, Sorryというヒット曲を出して有名になった。

2010年代: NKOTBSB、ビッグ・タイム・ラッシュ、ワン・ダイレクション、ザ・ウォンテッド、そして1990年代のボーイ・バンドの復活[編集]

2010年代に入っても、ボーイ・バンドは特に英国やその他のヨーロッパでバックストリート・ボーイズウエストライフといった1990年代に継続した商業的な存在感と長寿の為に、そして2005年のテイク・ザットの成功した復帰、2007年のボーイゾーン、そして2008年のニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックの復帰の為に巨大な人気を保っている。報道の一部の部門がこれらの動き、特にテイク・ザット、ボーイゾーン、そしてナインティーエイト・ディグリーズといった以前に解散したボーイ・バンドの再結成を「マン・バンド」('man bands')と書いた[16]。これらの年長世代のボーイ・バンドは新しいボーイ・バンドと共にチャート入りした。

2010年代初期には傾向が維持されなかった国々でボーイ・バンドの台頭が記録された[17]。2010年にザ・ウォンテッドワン・ダイレクションによって結成された新しいボーイ・バンドビッグ・タイム・ラッシュ (バンド)英語版や、ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックバックストリート・ボーイズによって結成されたスーパーグループNKOTBSBが登場した。NKOTBSBの成功はブルーナインティーエイト・ディグリーズの様な1990年代や2000年代に人気を得ていたボーイ・バンドに復帰を促した。同時期に、ワン・ダイレクション、ザ・ウォンテッド、そしてビッグ・タイム・ラッシュの成功が世界中でボーイ・バンドの結成を促した。2gether (バンド)英語版やモンキーズの様に、ビッグ・タイム・ラッシュはテレビ番組の為に行われた活動だった。

東南アジアでは、東方神起BIGBANGSHINeeU-Kiss2PM2AM、そしてといった韓国や日本のボーイ・バンドの継続した復活と成功の結果として地元のボーイ・バンドも同様に活動を開始した。韓流の結果として登場したボーイ・バンドの一つは、国内で突出した成功を収めたインドネシアのSM*SH英語版である。

ボーイ・バンドという概念の重要な要素[編集]

「ボーイ・バンド」の商業的成功にとって重要だと思われるのは、グループのイメージであり、彼らの着る衣装、プロモーションの素材(10代向けの雑誌英語版に頻繁に提供される)、そして音楽ビデオといった全ての側面を管理することで注意深く操縦されている。ボーイ・バンドにとって重要な要因は流行である。これはボーイ・バンドがポピュラー音楽という世界に於いて最新のファッションや音楽の流行に適合することを意味する。典型的には、グループのそれぞれのメンバーは他とは異なる特徴を持っていて、「赤ちゃん」「不良少年」、あるいは「シャイな少年」など、特定の人格的なステレオタイプを演じている。ポピュラー音楽のミュージシャンの肖像を管理することがポピュラー音楽と同じ位に古く、ボーイ・バンドのメンバーの特定の固定観念で見ることはボーイ・バンドやガールズ・バンドの明確な特徴である。YGエンターテインメントJYPエンターテインメントSMエンターテインメントといった幾つかの韓国のレーベルはアーティストのライブさえも運営する。

大半の場合では、彼らの音楽は常にボーイ・バンドと共に仕事をして彼らのサウンドを操縦するプロデューサーによって書かれ、編曲され、制作される。必要ならば、グループのメンバーが調和出来ない場合には収録する為のスタジオ・ミュージシャンを雇ってそれぞれのメンバーが一人で歌える様にするためにヴォーカルを案内させる収録をする。しかしメンバーそれぞれの声の明快さのために、それぞれの声を個別に収録することは現在のほとんどのヴォーカル・グループにとって最も頻繁に行われているやり方である。近年ではオートチューンがきちんと歌えないボーイ・バンドにとって広く使われる道具になった。幾つかのボーイ・バンドはオートチューンを使ったとして攻撃された。幾つかのボーイ・バンドはニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックがそうだったように、演奏に於いて口パクを行ったとして攻撃を受けた[18]

メンバーが交替で歌ったりラップをすることと共に、典型的なボーイ・バンドの演奏は、精巧に演出されたダンスを特徴とする。メンバーが熱心に創造活動を望まない限り、ボーイ・バンドは一般的に彼ら自身で楽曲を書かないし、プロデュースもしない。しかし、一部のボーイ・バンドはテイク・ザットゲイリー・バーロウ、あるいはイースト17トニー・モルティマー英語版といったようにグループ内のソングライターの才能によって楽曲が作られる場合もある。5iveは実質的にすべての彼ら自身の楽曲を書いたもう一つのグループだった。アルバムに追加された楽曲でボーイ・バンドの一人のメンバー、あるいは複数のメンバーによって書かれた曲が見付かることは珍しくはない。しかし彼らのプロデューサーはシングルとしてこいった楽曲を滅多に発売しない。

しかしながら、21世紀に入ると、ボーイ・バンドは楽曲を書くこと、あるいは少なくとも楽曲に詩を一部提供することを期待されるようになった。彼らの活動の最初から少なくとも一人の卓越したソングライターを抱えていたと言及された全てのグループから離れて、他のグループは直ぐに追い付いた。1990年代後半から、彼らの初期のアルバムの頃からマックス・マーティン、もしくはゲイリー・ベイカーの様な書き手を使っていたバックストリート・ボーイズのメンバーは、彼ら自身で楽曲を書き始めた。これがマーケティングに於いて重要である様に、JLSの様なここ10年間のグループは彼ら自身で楽曲を書いて彼ら自身のイメージを持っていると初期のインタビューで誰もが重視した。ザ・ウォンテッドの様な幾つかのボーイ・バンドは楽曲を書くための練習に時間を割いている[19]

人気を得ていたボーイ・バンドから飛び出して個人がソロのアーティストとしてより大きな成功を達成する場合がある。通常はこうした動きは潜在的な再結成までグループの終焉として受け止められる。ジャクソン5マイケル・ジャクソンザ・オズモンズダニー・オズモンドメヌードリッキー・マーティンイン・シンクジャスティン・ティンバーレークニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックジョーダン・ナイト英語版、そしてボーイゾーンローナン・キーティングが具体例である。ボーイ・バンドから出てソロ活動をして成功したスターは、テイク・ザットのリード・シンガーゲイリー・バーロウと対比されるロビー・ウィリアムズの様に、時々メンバーではない場合がある。何人かのボーイ・バンドのメンバーはメディアの至る所で成功した経歴に移動した。モンキーズミッキー・ドレンツはテレビ番組のプロデューサーとして成功し、ロンドン・ウィークエンド・テレヴィジョン英語版テレヴィジョン・サウス英語版といったITVのフランチャイズで仕事をしている。

音楽のジャンル[編集]

ほとんどのボーイ・バンドがリズム・アンド・ブルース、もしくはポップの要素を含んでいるが、特にカントリー・ミュージックフォークソングといった他の音楽のジャンルも同様に見付けられる。例えば、サウス・シックスティ・ファイヴ英語版マーシャル・ディロン英語版は共にカントリー・ミュージックのボーイ・バンドである。2004年にサイモン・コーウェルによって作られたイル・ディーヴォは、オペラティック・ポップ英語版を幾つかの言語(主にイタリア語)で歌っている。オペラティックやクラシックのボーイ・バンドは、特にイギリスで広く知られ親しまれている。2001年以来、楽器の生演奏をするバンドからパワー・ポップポップ・パンクとのクロスオーバーが行われるようになった。例えば、2008年に、ボーイ・バンドはしばしばポップ・パンク、ポスト・グランジやパワー・ポップ(永続的なジャンル)からの影響を受けるようになった。ここ最近では特にジ・オーヴァートーンズ英語版のように幾つかのボーイ・バンドは、彼らの元々のドゥーワップのルーツに戻ろうと決意した。

論争[編集]

1990年代以来、バックストリート・ボーイズLFOは、ボーイ・バンドという呼ばれ方を嫌い、「男性ヴォーカル・グループ」(male vocal group)という呼ばれ方を好んだ[20][21]。ボーイ・バンドにカテゴライズされることは、ザ・モファッツ英語版が解散した主な理由となった[22]。ボーイ・バンドは音楽雑誌によって音楽の質よりグループの外見やマーケティングを重視しており、独創的であることより意図的にプレティーンの年代にアピールし迎合していると非難されて来た。そうした批判は極端に容赦が無くなる場合がある。

ジャクソン5バックストリート・ボーイズハンソンヒューマン・ネイチャー英語版SMAP神話東方神起BIGBANGそしてウエストライフといったボーイ・バンドは長く続いており、ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックボーイゾーンテイク・ザットといったボーイ・バンドは復帰に成功しているにもかかわらず、ボーイ・バンドはしばしば短命だと見られている[23][24]

最も売れたボーイ・バンド[編集]

否定的な評価にもかかわらず、ボーイ・バンドは数百万枚売り上げる一つのレコード会社の下に成功を収め続けている。バックストリート・ボーイズジャクソン5ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックといったボーイ・バンドは、全世界で最も売れているアーティストにランクされている。売上総数がトップテンに入ったボーイ・バンドは次の通りである。

順位 名前 売り上げ枚数 ジャンル スタジオ・アルバム メンバーの人数 活動年
1 バックストリート・ボーイズ アメリカ合衆国 1億4000万枚+[7] ポップ・ミュージック 10枚 5人 → 4人 → 5人 1993年–現在 (28 years)
2 ジャクソン5 アメリカ合衆国 1億枚+[25] ポップ・ミュージック/ロック 18枚 5人 → 6人 → 4人 1964年–1990年, 2001年, 2012年-2013年 (29 years)
3 ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック アメリカ合衆国 8000万枚+[26] ポップ・ミュージック 7枚 5人 → 4人 → 5人 1984年–1994年, 2008年–現在 (15 years)
4 ザ・オズモンズ アメリカ合衆国 7700万枚[27] ポップ・ミュージック/ロック 22枚 7人 1958年–1980年 (22 years)
5 ベイ・シティ・ローラーズ イギリス 7000万枚+[28][29] ポップ・ミュージック/ロック 16枚 5人 1966年–1981年 (15 years)
6 モンキーズ アメリカ合衆国/イギリス 6500万枚+[30][31] ポップ・ミュージック/ロック 11枚 4人 1966年–1971年, 1986年–1989年, 1993年–1997年, 2001年–2002年, 2010年–2012年 (15 years)
7 ボーイズIIメン アメリカ合衆国 6000万枚+[32] リズム・アンド・ブルース 11枚 5人→ 4人 → 3人 1988年–現在 (25 years)
8 イン・シンク アメリカ合衆国 5500万枚+[33] ポップ・ミュージック 4枚 5人 1995年–2002年 (7 years)
9 ウエストライフ アイルランド 5000万枚+[34] ポップ・ミュージック 10枚 5人 → 4人 1998年–2012年, 2018年-現在 (18 years)
10 テイク・ザット イギリス 4500万枚+[35] ポップ・ミュージック/ロック 6枚 5人 → 4人 → 5人 1990年–1996年, 2005年–現在 (14 years)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Boy bands”. Didyouknow.org. 2012年6月29日閲覧。
  2. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 45. ISBN 1-904994-10-5 
  3. ^ Strong, Martin C. (2000). The Great Rock Discography (5th ed.). Edinburgh: Mojo Books. pp. 2–3. ISBN 1-84195-017-3 
  4. ^ "Knopper, Steve. "Raspberries." Contemporary Musicians. Gale Research Inc. 2004. Encyclopedia.com. December 26, 2009 encyclopedia.com.
  5. ^ Boyzone | Biography”. Lyricsfreak.com. 2012年6月29日閲覧。
  6. ^ 3T Biography”. Sortmusic.com. 2012年8月5日閲覧。
  7. ^ a b Garcia, Cathy Rose A. (2010年2月22日). “Backstreet Boys Share Secrets to Success”. The Korea Times. http://www.koreatimes.co.kr/www/news/art/2010/02/143_61233.html 2011年1月24日閲覧。 
  8. ^ Backstreet Boys back, for good”. Straight.com (2008年9月4日). 2012年9月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月31日閲覧。
  9. ^ Press Association - Louis Walsh Profile”. Uk.tv.yahoo.com. 2010年1月9日閲覧。
  10. ^ The Official Top 20 biggest selling groups of all time revealed!”. Officialcharts.com. 2012年11月3日閲覧。
  11. ^ Official Singles Charts' biggest selling artists of all time revealed”. Officialcharts.com. 2012年10月30日閲覧。
  12. ^ Alasdair Glennie (2012年3月22日). “Simon Cowell admits that he turned down Take That because of 'overweight' Gary Barlow”. Daily Mail. 2012年6月29日閲覧。
  13. ^ Blog”. Bebo.com. 2012年6月29日閲覧。
  14. ^ Gil Kaufman (2007年). “The New Boy Bands”. MTV. 2007年11月8日閲覧。
  15. ^ Wang, Vivien (2007年4月29日). “Boy band changes name F4 into JVKV”. China Daily. http://www.chinadaily.com.cn/lifestyle/2007-04/29/content_863824.htm 2007年5月31日閲覧。 
  16. ^ 98 Degrees reunites as 'man band' on 'Today' show” (2012年8月17日). 2012年9月14日閲覧。
  17. ^ The rise and return of the boy band”. HamptonRoads.com (2012年4月29日). 2012年5月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月29日閲覧。
  18. ^ New Kids' Performance Was Dubbed, Critic Says”. Orlando Sentinel (1992年3月4日). 2012年8月15日閲覧。
  19. ^ The Wanted go to songwriting camp to write new album - Music News”. Digital Spy (2011年7月13日). 2012年6月29日閲覧。
  20. ^ I would be the dessert because I’m satisfying.”. Pop Justice (2007年10月24日). 2012年8月16日閲覧。 “We were never a boyband. We always thought of ourselves as a white vocal harmony group, we didn’t model ourselves on Take That or anything.”
  21. ^ Not Just Another Boy Band” (2000年1月18日). 2013年1月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月16日閲覧。 “As long as you like my music, buy the record, come to the shows, fact of the matter is, if you see us, you'll know we're not a boy band.”
  22. ^ McCoy, Heath. “The Moffatts have left the building”. The Calgary Herald. 2013年2月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年8月16日閲覧。 “Being young, there's this (boy band) stigma you pick up and they all thought it was very unjust.”
  23. ^ New Kids On The Block Today Show Videos”. Filipinocultured.blogspot.com (2008年5月16日). 2012年7月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月29日閲覧。
  24. ^ Times Online: Why are Take That's fans so loyal?”. Entertainment.timesonline.co.uk (2012年6月22日). 2012年6月29日閲覧。
  25. ^ Jackson 5 ‘ABC’: Black Music Month Album Spotlight #19”. Yahoo. 2012年6月25日閲覧。
  26. ^ Interview: New Kids on the Block's Jordan Knight pictures life as a teenage boy band in 2012”. Chicago Tribune (2012年1月26日). 2012年6月29日閲覧。
  27. ^ History”. 2012年6月25日閲覧。
  28. ^ Bay City bad boy: Les McKeown reveals all about the drugs in his tartan turn-ups and the cocaine-fuelled romps with Britt Ekland AND her daughter”. Daily Mail. 2012年6月25日閲覧。
  29. ^ Bay City Rollers suing former label for millions”. Reuters. 2012年6月25日閲覧。
  30. ^ “Revealed: the formula for a successful boy band”. The Independent. http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/features/revealed-the-formula-for-a-successful-boy-band-566135.html 2012年6月25日閲覧。 
  31. ^ Micky Dolenz”. Corporate Artists. 2012年3月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月25日閲覧。
  32. ^ Boyz II Men Official website – Biography: 60 million records sold worldwide”. Boyziimen.com. 2011年10月4日閲覧。
  33. ^ A great influence”. Nine MSN. 2013年7月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月25日閲覧。
  34. ^ Gordon Barr (2008年2月29日). “Westlife breaking records”. Evening Chronicle. オリジナルの2010年5月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100524024817/http://www.chroniclelive.co.uk/whats-on-newcastle/music-gigs/2008/02/29/westlife-breaking-records-72703-20541413/ 
  35. ^ Gary Barlow congratulates The Wanted”. Heart FM (2011年6月1日). 2012年6月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]