フレンチ・ポップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フレンチ・ポップスまたはフレンチ・ポップとは、通常、日本ではフランス語によって歌われるポピュラー音楽の事を指す。フランス人が歌う曲に限定されてはおらず、フランス語圏であるフランスベルギーケベック州出身歌手の歌うポップスもフレンチ・ポップスに含まれる。

概要[編集]

フレンチ・ポップスの作品(使用例を参照の事)」では、1960年代後半から70年代前半にかけて流行した、いわゆる「イエイエフランス語版英語版」 (: yéyé) と称される音楽が中心となって構成されている。ライナーノーツの解説などにおいては、多くの場合、シルヴィ・ヴァルタンフランス・ギャルミッシェル・ポルナレフフランソワーズ・アルディ[1]、アダモ、ジェーン・バーキン[2]らが、その代表的な歌手である。

使用例[編集]

作品解説、あるいはアルバムの帯キャッチ・コピー等で「フレンチ・ポップス(フレンチ・ポップ)」という言葉が使われているアルバム例は以下の通り。

アルバム名 主な収録作品(歌手)
ボン・ボン・フレンチ オー・シャンゼリゼダニエル・ビダル) / 夢見るシャンソン人形フランス・ギャル) / 無造作紳士ジェーン・バーキン) / あなたのとりこ(シルヴィ・ヴァルタン) / シェリーに口づけミッシェル・ポルナレフ) / ジェレミー(クレモンティーヌ) / 愛の歴史(ミシェル・フュガン) / アイドルを探せ(シルヴィ・ヴァルタン) / 愛の言葉の国(イヴ・デュテイユ) / 男と女(クロディーヌ・ロンジェ & ホセ・ソアレ
フレンチ・ファイン あなたのとりこ(シルヴィ・ヴァルタン) / アイドルを探せ(シルヴィ・ヴァルタン) / そして、たとえ…(フランソワーズ・アルディ) / 男と女(クレモンティーヌ) / 白髪になった少年たち(ジルベール・ベコー) / 哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット)(エルザ) / サン・ジャンの私の恋人(パトリック・ブリュエル) /パリの空の下(ジゼル・マッケンジー)ほか
フレンチ・ポップスのすべて オー・シャンゼリゼ(ダニエル・ビダル) / カトリーヌ(ダニエル・ビダル) / ふたりの天使(ダニエル・リカーリ) / シェルブールの雨傘(ダニエル・リカーリ) / さらば夏の日(フランシス・レイセリーヌ) / 男と女(フランシス・レイとニコール・クロワジール) / シバの女王(レイモン・ルフェーヴル・グランド・オーケストラ) / 恋はみずいろ(レイモン・ルフェーヴル・グランド・オーケストラ) / 雪が降る(サルバトーレ・アダモ) / サン・トワ・マミー(サルバトーレ・アダモ)

洋書[編集]

  • Collectif (Auteur) Un Siècle de chansons françaises 1979-1989 (Partition de musique), Csdem, 2009 (ISBN 979-0231313734)

脚注[編集]

  1. ^ Françoise Hardy - Biography”. 2020年4月6日閲覧。
  2. ^ 実はイギリス生まれのイギリス人である

関連項目[編集]

外部リンク[編集]