パワー・ポップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パワー・ポップ
Power pop
様式的起源 ロックンロールハードロックガレージロックポップ・ロック
文化的起源 1970年代。イギリスアメリカ合衆国にて。
使用楽器 ドラムギターキーボードベースシンセサイザー
派生ジャンル ギターポップ
融合ジャンル
ニュー・ウェイヴパンク・ロックシンセポップ
関連項目
ポップ・パンクブリットポップオルタナティヴ・ロック
テンプレートを表示

パワー・ポップPower pop)とは、ロックの形態の一種である。ポップなメロディと、はじけるようなサウンドが特徴となっている。イギリス、アメリカで1970年代に発生した。

概要[編集]

一般的には1960年代ビートルズ等に代表されるブリティッシュ・ロックから派生し、1970年代のバッドフィンガーをルーツとすれば、イギリスで発生したジャンルとも言える[1][2]

ちなみに「パワー・ポップ」という呼称は、ザ・フーピート・タウンゼントが、自分たちのサウンド・スタイルをそう呼ぶようになったのが発端だと言われている[3]。それ以降、「ポップ・ロックグラム・ロックパンクなどの中で、はじけるようにポップなサウンドが特徴の音楽」を、「パワー・ポップ」と呼ぶようになった[4]

パワー・ポップの全盛期は1970年代であり、1980年代以降は衰退していった。

歴史[編集]

元祖とされているバンドは、ビートルズの流れを引き継ぎながら、ポップで適度にハードなサウンドを奏でていたバッドフィンガーラズベリーズ[5]である。

チープ・トリックのライブ (1978年)

1970年代中頃にはビッグ・スターがデビューし、ドワイト・トゥイリー・バンドビー・バップ・デラックスパイロットなども登場した。ただし、当時パワー・ポップというジャンルがレコード会社や音楽産業で脚光を浴びることは少なく、商業的な成功を収めることはできなかった。

1970年代後半になると、アメリカでは1978年のカーズチープ・トリック、1979年のザ・ナックなど、メジャーで活動するバンド群が頭角を現し、彼らはアメリカン・パワー・ポップとして人気を博すようになる。[6]。その後も、フレイミン・グルーヴィーズプリムソウルズルビナーズペズバンドシューズ20/20など、後続のバンド達もアメリカから次々と登場したため、1970年代末をパワー・ポップ黄金期と呼ぶ「一部の」音楽評論家まで登場したが、あくまでも少数意見である[7]。 一方、同時代のイギリスでは、トム・ロビンソン・バンドや、スージー・アンド・ザ・バンシーズニック・ロウXTCプリテンダーズブラム・チャイコフスキーなどのパンクニュー・ウェイヴ勢の一部が、よりメロディアスでポップなパワー・ポップを演奏していた。

1980年代前半から中頃にかけては、マーシャル・クレンショウロマンティックスが、1970年代を想起させるような良質のパワー・ポップを発表した。また1980年代後半には、マシュー・スウィートヴェルヴェット・クラッシュなどが登場した。しかし、いずれのミュージシャンも一定の人気はあるものの、商業的には大きな成功を収められず、パワー・ポップ自体も1970年代の『パワー・ポップ黄金期の十年』当時の勢いを失っていった。

1990年代初頭には、グランジ/オルタナティヴ・ロックに注目が集まった。パワー・ポップ・バンドではザ・ポウジーズティーンエイジ・ファンクラブジェリー・フィッシュといったバンドが登場した。ウィーザーは、パワー・ポップ・バンドとしてヒットも出すことができた。

2000年以降になると、ファウンテインズ・オブ・ウェインオール・アメリカン・リジェクツなどのバンド達が登場し始めた。特にオール・アメリカン・リジェクツは、若い世代のファンを獲得し、ヒットを記録した。

パワー・ポップに分類されるアーティスト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]