ルーツ・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルーツ・ロック
現地名 Roots rock
様式的起源 ロックフォークカントリーブルースルーツ・リバイバル英語版
文化的起源 1960年代
アメリカ
使用楽器 ギターアコースティックエレクトリックペダルスティール)、ピアノドラムスベース
サブジャンル
ハートランド・ロック英語版サザンロックスワンプ・ロック
関連項目
アメリカーナブルースロックカントリーロックフォークロックロックンロール

ルーツ・ロックRoots rock)は、フォークブルースカントリー、スワンプ・ポップなどのエッセンスを取り込み、ロックの起源を振り返るという目的を持ったロック・ミュージック[1]。1960年代後半には、カントリーロックサザンロックといったサブジャンルが発生した。1980年代には、オルタナ・カントリーなどが登場した。

概要[編集]

1966年、多数のロック・アーティストが実験的なサイケデリック・ミュージックを演奏するようになった。同時期にボブ・ディランは、アルバム『ブロンド・オン・ブロンド』をレコーディングするためにナッシュビルを訪れた際に、ロックの原点に戻ることを考え出した.[2]。後に発売されたアルバム『ジョン・ウェズリー・ハーディング』(1967年)や『ナッシュヴィル・スカイライン』(1969年)は、カントリー・ミュージックの影響を大きく受けており、カントリー・フォークの起源との説もある。

歴史[編集]

1960年代後半には、基本的なロックンロールとフォーク、カントリー、ブルースをクロスオーバーさせたカナダの「ザ・バンド」や、アメリカの「クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル」といったバンドが、成功を収めている[3]。その後、ライ・クーダーボニー・レイットローウェル・ジョージをはじめとしたカリフォルニア州出身のソロ・ミュージシャンが活動を始めた[4]

イギリス人のローリング・ストーンズやエリック・クラプトンらは、アメリカ南部などのルーツ・ミュージックに強い関心を持つようになった。ローリング・ストーンズの楽曲「ホンキー・トンク・ウィメン」「ブラウン・シュガー」「ダイスをころがせ」や、アルバム『メイン・ストリートのならず者』(1972年)にはルーツ・ロックの要素が含まれている。また、アメリカのCCR、レオン・ラッセル、デラニー&ボニーやグレイトフル・デッドのアルバム『ワーキング・マンズ・デッド』『アメリカン・ビューティー』(1970年)にもルーツ・ロックの傾向が見られる。

ブルース・ロック、カントリー・ロック[編集]

イギリスのブルース・ロック・ブームの際には、アレクシス・コーナー、ジョン・メイオール、ピーター・グリーンのフリートウッド・マック、ジェスロ・タル、エインズリー・ダンバー・リタリエーションらが活躍した。また、アメリカではポール・バターフィールドやキャンド・ヒート、ジョニー・ウインターらが注目された。

カントリー・ロックではCCR、ブルーリッジ・レインジャーズ[5]、ニューライダーズ・オブ・ザ・パープル・セイジ、グラム・パーソンズ、フライング・ブリトー・ブラザーズらが活躍した。

スワンプ・ロック、ハートランド・ロック[編集]

ルイジアナを中心とした南部音楽の影響を受けたミュージシャンには、CCR、レオン・ラッセル、デラニー&ボニー、デイル・ホーキンスらがいた。

アメリカ中西部と、南部の一部を中心としたロックは「ハートランド・ロック」と呼ばれた。ハートランド・ロックのミュージシャンには、ブルース・スプリングスティーン、ボブ・シーガー[6]、トム・ペティらがいた。

オルタナ・カントリーなど[編集]

1980年代は、後に注目されるカントリー・ミュージックとパンク・ロックを融合した音楽がカウパンクが誕生した時期とされている。ザ・ガンクラブ、ヴァイオレント・フェムズらがカウパンクの代表的なバンドだった。このほか、ボ・ディーンズ英語版ロス・ロボスも80年代に活躍した。クリス・アイザックは90年代初頭に、やるせないサウンドで大成功を収めた。

また、スティーヴ・アール英語版ルシンダ・ウィリアムスアンクル・テューペロ英語版などのオルタナティヴ・カントリーのミュージシャンが、ルーツ・ロック路線に傾倒した[7][8]1990年代に入ると、このムーブメントは廃れてきたが、サン・ヴォルト英語版ウィルコ、The Bottle Rocketsといったバンドがデビューした[9]マーク・ノップラーが、1995年ダイアー・ストレイツ解散以降に発表したアルバムの何枚かには、ルーツ・ロックの傾向が見られる。

主なアーティスト[編集]

en:List of roots rock bands and musiciansも参照。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Auslander, Philip (2008). Liveness: performance in a mediatized culture. London: Routledge. p. 83 
  2. ^ Wolff, Kurt; Duane, Orla (2000). Country Music: The Rough Guide. Rough Guides. p. 392 
  3. ^ Bogdanov, Vladimir; Woodstra, Chris; Erlewine, Stephen Thomas (2002). All music guide to rock: the definitive guide to rock, pop, and soul (3rd edn. ed.). Backbeat Books. p. 61, 265 
  4. ^ Hoskyns, Barney (2007). Hotel California: The True-Life Adventures of Crosby, Stills, Nash, Young, Mitchell, Taylor, Browne, Ronstadt, Geffen, the Eagles, and Their Many Friends. John Wiley and Sons. p. 87-90 
  5. ^ ジョン・フォガティーのプロジェクトである
  6. ^ 「裏切りのゲーム」などが全米ヒットとなった
  7. ^ Dutton, Monte (2006). True to the Roots: Americana Music Revealed. University of Nebraska Press. p. 18 
  8. ^ Fox, Pamela; Ching, Barbara (2008). Old Roots, New Routes: The Cultural Politics of Alt.Country Music. University of Michigan Press. p. 7 
  9. ^ Buckley, Peter (2003). The Rough Guide to Rock (3rd edn. ed.). Rough Guides. p. 1169 

関連項目[編集]