ルーツ・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルーツ・ロック
Roots Rock
様式的起源 ロック
フォーク
カントリー
ブルース
ルーツ・リバイバル英語版
文化的起源 1960年代
アメリカ合衆国
使用楽器 アコースティック・ギター
エレクトリック・ギター
ペダルスティール
ピアノ
ドラムス
ベース
サブジャンル
ハートランド・ロック
サザンロック
スワンプ・ロック
関連項目
アメリカーナ
ブルースロック
カントリーロック
フォークロック
ロックンロール
テンプレートを表示

ルーツ・ロック(Roots rock)は、フォークブルースカントリースワンプ・ポップなどのエッセンスを取り込み、ロックの起源を振り返るという目的を持ったロック・ミュージック[1]。1960年代後半には、カントリーロックサザンロックといったサブジャンルが発生した。1980年代には、オルタナ・カントリーなどが登場した。

概要[編集]

1966年、多数のロック・アーティストが実験的なサイケデリック・ミュージックを演奏するようになった。同時期にボブ・ディランは、アルバム『ブロンド・オン・ブロンド』をレコーディングするためにナッシュビルを訪れた際に、ロックの原点に戻ることを考え出した.[2]。後に発売されたアルバム『ジョン・ウェズリー・ハーディング』(1967年)や『ナッシュヴィル・スカイライン』(1969年)は、カントリー・ミュージックの影響を大きく受けており、カントリー・フォークの起源との説もある。

歴史[編集]

1960年代後半には、基本的なロックンロールとフォーク、カントリー、ブルースをクロスオーバーさせたカナダの「ザ・バンド」や、アメリカの「クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル」といったバンドが、成功を収めている[3]。その後、ライ・クーダーボニー・レイットローウェル・ジョージをはじめとしたカリフォルニア州出身のソロ・ミュージシャンが活動を始めた[4]

イギリス人のローリング・ストーンズエリック・クラプトンらは、アメリカ南部などのルーツ・ミュージックに強い関心を持つようになった。ローリング・ストーンズの楽曲「ホンキー・トンク・ウィメン」「ブラウン・シュガー」「ダイスをころがせ」や、アルバム『メイン・ストリートのならず者』(1972年)にはルーツ・ロックの要素が含まれている。また、アメリカのCCR、レオン・ラッセルデラニー&ボニーグレイトフル・デッドのアルバム『ワーキング・マンズ・デッド』『アメリカン・ビューティー英語版』(1970年)にもルーツ・ロックの傾向が見られる。

ブルースロック、カントリーロック[編集]

イギリスのブルースロック・ブームの際には、アレクシス・コーナージョン・メイオールピーター・グリーンフリートウッド・マックジェスロ・タルエインズレー・ダンバー・リタリエーションらが活躍した。また、アメリカではポール・バターフィールドキャンド・ヒートジョニー・ウィンターらが注目された。

カントリーロックではCCR、ブルー・リッヂ・レインジャーズ[注 1]ニュー・ライダース・オブ・ザ・パープル・セイジグラム・パーソンズフライング・ブリトー・ブラザーズらが活躍した。

スワンプ・ロック、ハートランド・ロック[編集]

ルイジアナを中心とした南部音楽の影響を受けたミュージシャンには、CCR、レオン・ラッセル、デラニー&ボニー、デイル・ホーキンスらがいた。

アメリカ中西部と、南部の一部を中心としたロックは「ハートランド・ロック」と呼ばれた。ハートランド・ロックのミュージシャンには、ブルース・スプリングスティーンボブ・シーガー[注 2]トム・ペティらがいた。

オルタナ・カントリーなど[編集]

1980年代は、後に注目されるカントリー・ミュージックとパンク・ロックを融合した音楽がカウパンクが誕生した時期とされている。ザ・ガンクラブ、ヴァイオレント・フェムズらがカウパンクの代表的なバンドだった。このほか、ボ・ディーンズ英語版ロス・ロボスも1980年代に活躍した。クリス・アイザックは1990年代初頭に、やるせないサウンドで大成功を収めた。

また、スティーヴ・アール英語版ルシンダ・ウィリアムスアンクル・テューペロ英語版などのオルタナティヴ・カントリーのミュージシャンが、ルーツ・ロック路線に傾倒した[5][6]1990年代に入ると、このムーブメントは廃れてきたが、サン・ヴォルト英語版ウィルコ、The Bottle Rocketsといったバンドがデビューした[7]マーク・ノップラーが、1995年ダイアー・ストレイツ解散以降に発表したアルバムの何枚かには、ルーツ・ロックの傾向が見られる。

主なアーティスト[編集]

en:List of roots rock bands and musiciansも参照。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ジョン・フォガティのプロジェクトである。
  2. ^ 「裏切りのゲーム」などが全米ヒットとなった。

出典[編集]

  1. ^ Auslander, Philip (2008). Liveness: performance in a mediatized culture. London: Routledge. p. 83 
  2. ^ Wolff, Kurt; Duane, Orla (2000). Country Music: The Rough Guide. Rough Guides. p. 392 
  3. ^ Bogdanov, Vladimir; Woodstra, Chris; Erlewine, Stephen Thomas (2002). All music guide to rock: the definitive guide to rock, pop, and soul (3rd edn. ed.). Backbeat Books. p. 61, 265 
  4. ^ Hoskyns, Barney (2007). Hotel California: The True-Life Adventures of Crosby, Stills, Nash, Young, Mitchell, Taylor, Browne, Ronstadt, Geffen, the Eagles, and Their Many Friends. John Wiley and Sons. p. 87-90 
  5. ^ Dutton, Monte (2006). True to the Roots: Americana Music Revealed. University of Nebraska Press. p. 18 
  6. ^ Fox, Pamela; Ching, Barbara (2008). Old Roots, New Routes: The Cultural Politics of Alt.Country Music. University of Michigan Press. p. 7 
  7. ^ Buckley, Peter (2003). The Rough Guide to Rock (3rd edn. ed.). Rough Guides. p. 1169 

関連項目[編集]