サンシャイン・ポップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サンシャイン・ポップ
様式的起源 イージーリスニング[1]
カリフォルニアサウンド英語版[2]
ポップ・フォーク[3]
サイケデリック・ロック
フォークロック[4]
ブリル・ビルディング英語版[3]
文化的起源 1960年代
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州
派生ジャンル 渋谷系[5]
テンプレートを表示

サンシャイン・ポップSunshine pop)は、1960年代中期に南カリフォルニアを中心に流行したとされる、ポップ・ミュージックのサブジャンルである。

概要[編集]

サンシャイン・ポップは、1960年代半ばから後半の時期にアメリカ合衆国カリフォルニア州で、カリフォルニアサウンド英語版フォークロックが組み合わされて生まれた[3]イージーリスニングや,その当時の麻薬文化に根ざした[1]

このジャンルの楽曲では、「世界の美しさへの感謝」やノスタルジックかつ不安な気分を混ぜ合わせた作品が多い[1]。これはママス&パパスフィフス・ディメンションを模倣したバンドに多く見られた。なお、ザ・ビーチ・ボーイズもこのジャンルへ大きな影響を与えたバンドのひとつとされているが、バンドの音楽性はいずれも事実上ジャンルを代表するものではなかった[1]。 スタイルに影響を与えたアーティストには、カート・ベッチャー、ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンなどがいる。ビーチボーイズのサンシャインポップへの関与に関して、『ペットサウンズ』(1966)のオーケストラ・スタイルは多くのロサンゼルスのレコードプロデューサーによって模倣された。 ジョエル・ゴールデンバーグは、グループがこれまでにこのジャンルに最も近かったのは、軽く制作されたアルバム「フレンズ」だったと信じている。(1968):「サンシャインポップの曲のボーカルは、ビーチボーイズのコーラスほど豊かに取り上げられていない。フィル・スペクターのつながりは不明である」。

詳細[編集]

このサブジャンルは、元々が日本で先行した「ソフトロックブーム」に端を発した物だと言える。 1980年代なかばから、フリッパーズ・ギターやピチカート・ファイヴの小西康陽などの渋谷系アーティストがこの方面のレコードを取り上げ、影響下にある作品を発表。それに付随してこのジャンルの作品が日本発で初CD化する事が多かった。また各音楽誌並びに各レコード会社もこのジャンルに注目して、特集やCD化再発等を進めて、ソフトロックという名称も以降、定着化し、現在に至る。

1990年代にヨーロッパアメリカを中心に日本の後を追う形でリバイバル・ブームが発生した[6]。 その後、欧米で「Soft Rock」と言う言葉が別の意味で元々存在していた事から、「サンシャイン・ポップ」と言う別の語彙を与えられた形となる。

なのでこのジャンルを日本国内で説明する時は「ソフトロック」と呼称した方が理解され易い。

主なミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Gateways to Geekery: Sunshine Pop”. The A.V. Club. Onion Inc. (2011年4月7日). 2019年4月6日閲覧。
  2. ^ Howard, David N. (2004). Sonic Alchemy: Visionary Music Producers and Their Maverick Recordings. Hal Leonard Corporation. p. 50,69. ISBN 978-0-634-05560-7. https://books.google.com/books?id=y4Sk0FNXkjcC 
  3. ^ a b c d Sunshine Pop”. AllMusic. 2019年4月6日閲覧。
  4. ^ Unterberger, Richie (2003). Eight Miles High: Folk-rock's Flight from Haight-Ashbury to Woodstock. Backbeat Books. p. 64. ISBN 978-0-87930-743-1. https://books.google.com/books?id=aw6kSkR3eXgC&pg=PA63 
  5. ^ a b Reynolds, Simon (2011). Retromania: Pop Culture's Addiction to Its Own Past. Faber & Faber. p. 168. ISBN 978-1-4299-6858-4. https://books.google.com/books?id=8FI3dVT9t34C 
  6. ^ Archived copy”. 2008年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月6日閲覧。
  7. ^ a b c d Stanley, Bob (2014). Yeah! Yeah! Yeah!: The Story of Pop Music from Bill Haley to Beyoncé. W. W. Norton. p. 147. ISBN 978-0-393-24270-6. https://books.google.com/books?id=mK1bAwAAQBAJ&pg=PT147 
  8. ^ The Association - Biography & History - AllMusic”. AllMusic. 2019年4月6日閲覧。
  9. ^ a b Morten, Andy (April 16, 2015). Kaleidoscope No.47. Volcano Publishing. p. 49. ISBN 978-1910467060