ミュージック・マガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミュージック・マガジン』(Music Magazine)は、1969年に創刊された日本の月刊音楽雑誌である。株式会社ミュージックマガジン発行。

概要[編集]

1969年4月に、中村とうよう、飯塚晃東、田川律らによって『ニューミュージック・マガジン』として創刊。創刊時の編集者としては他に小倉エージ北中正和らがいた。創刊号の執筆者には中村の幅広い人脈から、植草甚一福田一郎といった既に高名な評論家だった人々から、寺山修司加藤和彦片桐ユズルといった当時のアングラカルチャーの雄が並ぶ壮観なものだった[1]。単なる音楽紹介のみならず、音楽の背景を分析、批評する新しい『音楽ジャーナリズム』を提起した[2]。中村とうようの批評や時事政論も話題となり、「文芸誌や思想誌に近い扱いを受け」、読者の間では「ある種の“権威”とみなされるようになった」[3]

1971年5月号の特集記事「日本のロック状況はどこまで来たか」は、日本語ロック論争の象徴的な例として知られる[4]

1980年に現誌名に改名。海外のロック中心から、日本のロックやポップス、さらにはワールド・ミュージックなど、幅広い分野のポピュラー音楽を取り扱う路線に転換[5]。背景には日米においてサブカルチャーだったロックが商業主義的になってしまったことがある[6]

表紙には折々の気鋭のイラストレーターを起用している。

姉妹誌に『レコード・コレクターズ』がある。

関係者[編集]

常連寄稿者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本ロック雑誌クロニクル』(篠原章、太田出版、2005年、ISBN 4-87233-897-9)p.106、108
  2. ^ 『日本ロック雑誌クロニクル』p105
  3. ^ 『日本ロック雑誌クロニクル』p111
  4. ^ a b 『日本ロック雑誌クロニクル』p.107
  5. ^ パンク・ロックについては「比較的クール」な扱いだった(『日本ロック雑誌クロニクル』p.121)。
  6. ^ 『日本ロック雑誌クロニクル』p.121 参照。

外部リンク[編集]