Player (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Player
ジャンル 音楽雑誌
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 プレイヤー・コーポレーション
編集長 北村和孝(6代目編集長)
刊行期間 1968年5月号 -
ウェブサイト Player On-Line
テンプレートを表示

Player』(プレイヤー、Young Mates MusicY.M.M. Player)は日本株式会社プレイヤー・コーポレーション発行する、ギターを中心とするポピュラー・ミュージック楽器奏者向けの雑誌。1968年創刊。

歴史[編集]

オフィシャルWEBサイトより参照[1]

  • 1968年 - 『Young Mates Music』として創刊。タブロイド判ニュース・ペーパーの形態。楽器店のみの流通。総頁8ページ。定価20円。
  • 1973年 - 雑誌形式のA4判サイズに。総頁36ページ、定価90円。
  • 1975年 - 『Young Mates Music Player』と改名。総頁36ページ、定価100円。
  • 1979年 - 7月号より平綴じに体裁が変更、この頃よりロック中心の内容となる。総頁228ページ。
  • 1990年代よりは楽器販売広告の増大から総ページ数・厚さが増大、2001年1月号では406ページとピークを迎え、一時は「音楽雑誌業界の週刊住宅情報」などと半ば揶揄された。比較すると2015年現在では200ページ前後と減っている。

関連ムック[編集]

The Guitar[編集]

本誌アーティスト使用ギターの紹介コーナーのダイジェスト版ムック。洋楽中心、エレクトリック・ギター及びベースを主とする。1979年より続く長寿ムック。

アーティスト・ブック[編集]

その他[編集]

  • 『楽器の本』1976年
  • 『ウィ・ラヴ・フェンダー・ギターズ』1982年
  • 『Player Magazine 15周年記念スペシャル』1983年
  • 『楽器スクランブル』1983年
  • 『ヒストリー・オブ・エレクトリック・ギターズ』1985年、岩撫安彦他著
  • 『ギター&ベース・サウンド・ブック』1987年
  • 『レア・ギター・ミュージアム』1992年

脚注[編集]

  1. ^ 会社沿革 – Playerの歴史について”. Player On-Line. 株式会社プレイヤー・コーポレーション (2020年10月30日). 2021年1月15日閲覧。

外部リンク[編集]