音楽之友社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 音楽之友社
ONGAKU NO TOMO SHA CORP.
Ongaku no tomo sha.jpg
音楽之友社本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
162-8716
東京都新宿区神楽坂6-30
設立 1941年12月
業種 情報・通信業
事業内容 音楽の総合出版、並びに音楽ホール運営事業
代表者 代表取締役社長 堀内久美雄
資本金 6,400万円
外部リンク http://www.ongakunotomo.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社音楽之友社(おんがくのともしゃ)とは日本の音楽出版社である。1941年12月、音楽世界社月刊楽譜発行所管楽研究会の合併により設立された。音友(おんとも)と略称されることもある。

雑誌[編集]

かつて発行していた雑誌[編集]

「→」は誌名の変更を表す。

SLブームなどと並行して、小型軽量の録音機材(ラジカセ等)が発売されたことによる生録ブームに対応した雑誌である。雑誌名は「録音ハンティング」から来ており、『生録アドベンチャー・マガジン ロクハン』と分かりやすく題していた。

教科書[編集]

  • かつては小学校用(小学生の音楽1 - 6)・中学校用(中学生の音楽・器楽1 - 3)・高校用を、いずれも編集・発行していたが、児童・生徒数の減少、マーケットシェアの低下などにより小学校用は1995年、中学校用は1996年を最後に撤退し現在は高校用のみ編集・発行している。

出版以外の事業[編集]

  • ホール(音楽の友ホール)
  • CD

労働問題[編集]

  • 同社は2007年9月以降、就業規則の改定案を同社の労働組合に対し提案したが、その際、各年度毎に常勤手当を前払い支給する代わりに、退職金を廃止する案を盛り込んだ。労組側は、改定内容が労働協約に反するなどとしてこれに反発し、新宿労働基準監督署2011年3月に同社に対し是正勧告を実施したが、同社はこれに従わず、同年4月から退職金廃止を盛り込んだ就業規則改定を強行。労組及び担当弁護人らは、「確信犯的に協約を無視しており、労組の存在を正面から否定している」などとして、東京地裁訴訟を起こし、2011年12月現在係争中[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 音楽之友社:退職金廃止で労基署勧告従わず労組と法廷闘争 毎日新聞 2011年12月13日[リンク切れ]

外部リンク[編集]