音楽と人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

音楽と人』(おんがくとひと)は、株式会社 音楽と人から発刊されている音楽月刊誌。1993年創刊(当時の発行元はシンコー・ミュージック・エンタテイメント)で多様なジャンルの邦楽アーティストへのロング・インタビューを中心に掲載されている。略称は音人

概要[編集]

ロッキング・オン編集者であった市川哲史が独立した後、1993年に創刊、創刊号には松任谷由実が表紙を飾った。

雑誌の特色としてはロックポップス系のアーティストを中心に、歌謡曲系のアーティストも同時に取り上げるバラエティー豊かな紙面作りをしていた。また表紙には巻頭特集を煽るインパクトのあるコピーが毎回書かれており、それも多くの読者を引きつける要素の一つであった。

市川のプッシュするアーティストはリリース時期やセールスとは関係なく特集が組まれ、特にBUCK-TICKBLANKEY JET CITYが偏愛されていた。

また、対談企画も多く行っており、大槻ケンヂ×小沢健二のダブルけんじ対談、hide×小山田圭吾の美学系vs渋谷系対談、SOFT BALLET解散後に行われた森岡賢×藤井麻輝。近年では、清春×ken甲本ヒロト×峯田和伸浅井健一×チバユウスケyukihiro×藤井麻輝×今井寿など、他誌ではやらないような異色対談を実現させた。

1998年、諸事情により市川が編集長を辞任。その後、結城雅美を挟んで現在は金光裕史が編集長を務めている。

2001年に休刊。翌年3月株式会社ケイツーコーポレーションの復刊事業計画により、編集は有線ブロードネットワークス(現USEN)、発行はシンコーミュージックという体制で復刊。2007年3月からは発行もUSENとなる。

2010年7月にはUSENから離れ、株式会社 音楽と人を設立し現在に至る。

来歴[編集]

※個人名・バンド名は当時の表記

1993年[編集]

1994年[編集]

1995年[編集]

1996年[編集]

1997年[編集]

1998年[編集]

1999年[編集]

2000年[編集]

  • 1月号、TAKURO(GLAY)
  • 2月号、椎名林檎
  • 3月号、GRAPEVINE
  • 4月号、Thee michelle gun elephant
  • 5月号、AIR
  • 6月号、BLANKEY JET CITY
  • 7月号、Dragon Ash
  • 8月号、スピッツ
  • 9月号、THE YELLOW MONKEY
  • 10月号、キリト(PIERROT)
  • 11月号、ゆず
  • 12月号、LUNA SEA

2001年[編集]

2002年[編集]

  • 4月号、櫻井敦司(BUCK-TICK)
  • 5月号、浅井健一
  • 6月号、スガシカオ
  • 7月号、WeekendLovers
  • 8月号、RIP SLYME
  • 9月号、aiko
  • 10月号、GOING UNDER GROUND
  • 11月号、JUDE
  • 12月号、THE HIGH-LOWS

2003年[編集]

  • 1月号、SONS OF ALL PUSSYS
  • 2月号、櫻井敦司&今井寿(BUCK-TICK)
  • 3月号、Thee michelle gun elephant
  • 4月号、山崎まさよし
  • 5月号、スガシカオ
  • 6月号、ゆず
  • 7月号、チバユウスケ(Thee michelle gun elephant)
  • 8月号、RIP SLYME
  • 9月号、KICK THE CAN CREW
  • 10月号、浅井健一(JUDE)
  • 11月号、松岡充(SOPHIA)
  • 12月号、Thee michelle gun elephant

2004年[編集]

  • 1月号、櫻井敦司(BUCK-TICK)
  • 2月号、JUDE
  • 3月号、清春
  • 4月号、L'Arc〜en〜Ciel
  • 5月号、ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • 6月号、銀杏BOYZ
  • 7月号、櫻井敦司
  • 8月号、SONS OF ALL PUSSYS
  • 9月号、甲本ヒロト(THE HIGH-LOWS)
  • 10月号、ゆず
  • 11月号、奥田民生
  • 12月号、JUDE

2005年[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

外部リンク[編集]