レコード・コレクターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レコード・コレクターズ』(Record Collectors' Magazine)は、1982年昭和57年)に創刊された日本の月刊音楽雑誌である。株式会社ミュージックマガジン発行。通称、レココレ

概要[編集]

1982年4月に、『ミュージック・マガジン』の別冊として隔月刊で創刊された。その後独立し、1985年5月号 (Vol.4, No.1) より月刊化されている。リイシュー盤が発売されるアーティストなどの特集や、リイシュー盤のレビュー等が中心である。

創刊当初はジャズ、(ロック以前の)ポピュラー音楽、R&B、ジャイブなどがメインで扱われていたが、1986年9月号 (Vol.5, No.9) の特集「ガール・グループス」および「ボサ・ノーヴァ」をかわきりに、1960年代以降のポップス、ロックを中心に扱われるようになった。

毎号、老舗音楽誌らしい独特の編集方針で、例えば2020年令和2年)5月号では「聴き手を魅了してやまない60年代~80年代の名演を徹底解説」を掲げ、『究極のギター・ソロ:ロック編』と題して、執筆陣25人が「究極のギター・ソロ」「必聴の203曲」を選び紹介。YOUNG GUITARPlayerなどの専門誌でも「なかなかお目にかかれない、これまでにありそうでなかった企画」[1]を展開している。

編集長[編集]

主な執筆者・寄稿者[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]