ロック (音楽)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロック
様式的起源 ロックンロールブルースフォークソングカントリー・ミュージック
文化的起源 1950年代1960年代
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
使用楽器 ボーカルギターベースドラムセットシンセサイザーキーボード
サブジャンル
アート・ロックインディー・ロックオルタナティヴ・ロックエモガレージロックグラムロックグランジサイケデリック・ロックシューゲイザーシンフォニック・ロックソフトロックハードロックパンク・ロックパワー・ポッププログレッシブ・ロックヘヴィメタルほか
融合ジャンル
インダストリアル・ロックカントリーロックストーナーロックノー・ウェーブフォークロックフュージョンブルースロックポスト・ロックポップ・ロックミクスチャー・ロックラーガ・ロックロカビリーLo-Fi
地域的なスタイル
ウェストコースト・ロッククラウト・ロックサザン・ロック日本のロックブリットポップブリティッシュビートマッドチェスターリバプールサウンド
関連項目
ビートロック・オペラロックの殿堂

音楽ジャンルとしてのロック、ないし、ロック・ミュージックロック音楽(ロックおんがく、英語: rock music)は、1950年代アメリカ合衆国におけるロックンロールを起源とし、1960年代以降、特にイギリスやアメリカ合衆国で、幅広く多様な様式へと展開したポピュラー音楽のジャンルである[1][2][3]

特徴[編集]

A photograph of four members of The Red Hot Chili Peppers performing on a stage
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(2006年撮影):リードボーカル、ギター、ベース、ドラムという4人編成ロックバンドの典型的構成である。

ロックのサウンドは、伝統的にエレクトリックギターが中心となるが、現代的な形態のエレクトリックギターは1950年代にロックンロールの人気とともに登場したものであった[4]。ロックにおけるエレクトリックギターのサウンドは、典型的な場合、同時期にジャズにいち早く導入されたエレクトリックベース[5]と、ドラムとシンバルを組み合わせたドラムセットによるパーカッションによって支えられる[6]。この3つの楽器によるトリオに加えて、他の楽器が追加されることも多く、特にピアノハモンドオルガンシンセサイザーといったキーボード類が加えられることがよくある[7]。ロック音楽を演奏するミュージシャンのグループは、「ロックバンド」「ロックグループ」と呼ばれることが多く、典型的には2人から5人のメンバーから構成される。ロックバンドの古典的な形は、ボーカルリードギターリズムギター、ベース、ドラムス、また時にはキーボードその他の楽器から、ひとつ以上の役割を引き受けるメンバー4人によって編成される[8]

ロックの歴史[編集]

1956年に「ハートブレイク・ホテル」の大ヒットを放ち、センセーションを巻き起こし、その後も「ハウンド・ドッグ」「監獄ロック」などのヒットで、ロカビリー/ロックンロールの王者となったエルヴィス・プレスリー[9]
1960年代を象徴するアイドルロックグループとなったビートルズ[10]

1960年代後半の時期は、「黄金時代 (golden age)[1]」とか「クラシック・ロック (classic rock)[2]」と称される。

ハード・ロックの王者として大きな影響を与え続けたレッド・ツェッペリン[11]
怒りや絶望、混乱をダイレクトに表現した詞とサウンドで若者の支持を集め全米一位を獲得し、グランジ・ブームの牽引役を担ったニルヴァーナ[13]

ロックのサブジャンル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b P. Scaruffi, A History of Rock Music: 1951–2000 (iUniverse, 2003), ISBN 0-595-29565-7
  2. ^ a b W. E. Studwell and D. F. Lonergan, The Classic Rock and Roll Reader: Rock Music from its Beginnings to the mid-1970s (Abingdon: Routledge, 1999), ISBN 0-7890-0151-9
  3. ^ Pop/Rock - オールミュージック
  4. ^ J. M. Curtis, Rock Eras: Interpretations of Music and Society, 1954-1984 (Madison, WI: Popular Press, 1987), ISBN 0-87972-369-6, pp. 68-73.
  5. ^ R. C. Brewer, "Bass Guitar" in J. Shepherd, ed., Continuum Encyclopedia of Popular Music of the World: Volume II: Performance and Production (New York, NY: Continuum, 2003), ISBN 0-8264-6322-3, p. 56.
  6. ^ R. Mattingly, "Drum Set", in J. Shepherd, ed., Continuum Encyclopedia of Popular Music of the World: Volume II: Performance and Production (New York, NY: Continuum, 2003), ISBN 0-8264-6322-3, p. 361.
  7. ^ P. Théberge, Any Sound you can Imagine: Making Music/Consuming Technology (Middletown, CT, Wesleyan University Press, 1997), ISBN 0-8195-6309-9, pp. 69-70.
  8. ^ D. Laing, "Quartet", in J. Shepherd, ed., Continuum Encyclopedia of Popular Music of the World: Volume II: Performance and Production (New York, NY: Continuum, 2003), ISBN 0-8264-6322-3, p. 56.
  9. ^ エルヴィス・プレスリーCDJournal
  10. ^ ザ・ビートルズCDJournal
  11. ^ レッド・ツェッペリンCDJournal
  12. ^ セックス・ピストルズCDJournal
  13. ^ ニルヴァーナCDJournal

関連項目[編集]