ビル・ヘイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビル・ヘイリー
ビル・ヘイリー
本名 William John Clifton Haley 
生年月日 (1925-07-06) 1925年7月6日
没年月日 (1981-02-09) 1981年2月9日(満55歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州ハイランド・パーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 ミュージシャン、エンターテイナー
ジャンル ロックンロールカントリーロカビリー
活動期間 1946年-1980年

ウィリアム・ジョン・クリフトン・ヘイリー(William John Clifton Haley、1925年7月6日 - 1981年2月9日)はアメリカのミュージシャン。1950年代後半のロックンロール・ブームの火付け役の1人である。ヒット曲の「ロック・アラウンド・ザ・クロック」は「ロックンロールの古典」として最も著名な1曲である。

略歴[編集]

カントリー[編集]

1925年ミシガン州ハイランドパークに生まれる。幼児期に両親とともにフィラデルフィアに隣接する小さな町、ペンシルヴァニア州チェスターに移住した。当時、カントリーミュージックはスィングと共に地元ペンシルヴァニアでも非常に人気があり、ビルの音楽スタイルの基盤を形成した。1945年からプロのミュージシャンとしての活動をスタート、3年間マイナーバンドで過ごし、北西部での巡業活動を行う。[1]

レコードデビュー[編集]

COWBOY CR-1202 TennesseeBorder

 1948年、地元チェスターに戻ると自身のバンド「フォーエイセス」を結成、ラジオ局、WPWAに出演を始める。1949年、ジャック・ハワードとデイブ・メイヤーが共同経営するカウボーイ・レーベルで「キャンディ・キス」(ジョージモーガン1949年ヒット)を含む3枚のシングルをリリースするもヒットには至らず、カウボーイ自体も少数のリリースののち消滅してしまう。その後、センター、キーストン、アトランティック等のレーベルを転々とするがヒットに恵まれず、WPWAへの出演で糊口をしのいでいた。 また、1950年にはバンド名を「フォーエイセス」から「ザ・サドルメン」に変更している。[2]

ホリデイ/エセックス時代[編集]

Essex 321 CrazyManCrazy

1951年、ビルはフィラデルフィアでホリデイ(Holiday)、エセックス(Essex)などのレーベルを経営するデイブ・ミラーと契約を交わす。最初のシングルとなったのはシカゴのチェス・レコードからリリースされたジャッキー・ブレンストン(Jackie Brenston)のカヴァー「ロケット88(Rocket 88)」。当時、一般的にタブーとされていた白人による黒人音楽のカヴァーだったが、ミラーはこのレコードの宣伝にあたって白人黒人双方の購買層を狙うため、ビルが白人であることを伏せ、写真も使用しなかった。 [3]

1952年当時ビルはラジオ局WPWAのDJとして「ジャッジ・リズム・コート(リズムの裁判判決)」という番組を持っており、そのテーマ音楽としてジミー・プレストン&プレストニアンズ(Jimmy Preston and His Prestonians)の「ロック・ザ・ジョイント(Rock The Joint)」を使用していた。ヒルビリー音楽には無い高揚感を持つこの曲をビルは気に入っていて、歌詞の一部を変更し録音、「アイシー・ハート(Icy Heart)」とのカップリングで発売される。また、この年の9月にはバンド名を「サドルメン」から「コメッツ」に変更している。 [4]

1953年4月「クレイジー・マン・クレイジー)発売。ビル曰く「若者達のダンスの時の掛け声に触発されて書いた」この曲は、1953年5月23日ビルボード誌ホット100の最高12位を記録、最終的に100万枚を売り上げる。この時期からバンドの編成にドラムとサックスが追加されロックンロールサウンドへ向かう。 [5]

「ロック・アラウンド・ザ・クロック」[編集]

1954年に「ロック・アラウンド・ザ・クロック」を発表。映画暴力教室」のオープニングに使用されたこの曲は、1955年ビルボードチャートで8週連続1位という大ヒットを記録する。これをきっかけに、それまでポピュラー音楽の中でもマイナーな存在だったロックンロールがブレイクし、アメリカをはじめとする世界中の若者の間に大ブームを巻き起こした。

この後ヘイリーは「シー・ユー・レイター・アリゲーター」などのヒットも出すが、やがてエルヴィス・プレスリーらの、より若く刺激的なロックンロール・スターの登場により影が薄くなった。

晩年[編集]

1960年代以降は主にヨーロッパブラジルなど海外を中心に活動していたが、1970年代にはアルコール中毒に陥って活動が困難となる。やがて脳腫瘍を患い、1981年に死去。1987年に「ロックの殿堂」入りを果たした。

記録[編集]

「ロック・アラウンド・ザ・クロック」は、「ロックンロールの最初で最大のヒット曲」とされ、ギネス・ワールド・レコーズの認定によれば、世界中で通算2500万枚(推定)を売り上げたとされる[6]

脚注[編集]

  1. ^ Rob Finnis(著)『DON'T KNOCK THE ROCK』NEW KOMMOTION Vol.24、1980年、12頁。
  2. ^ Rob Finnis(著)『DON'T KNOCK THE ROCK』NEW KOMMOTION Vol.24、1980年、12頁。
  3. ^ Chris Gardner(解説)『ROCK THE JOINT!』ROLLER COASTER LP、1985年。
  4. ^ Chris Gardner(解説)『ROCK THE JOINT!』ROLLER COASTER LP、1985年。
  5. ^ Chris Gardner(解説)『ROCK THE JOINT!』ROLLER COASTER LP、1985年。
  6. ^ 『ギネス世界記録 2010』ゴマブックス、2009年、29頁。ISBN 9784777115297

関連項目[編集]