ロカビリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロカビリー
Rockabilly
様式的起源 ブルース
カントリー・ミュージック
ブルーグラス
R&B
ゴスペル
文化的起源 発祥は1950年代中期
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
使用楽器 ギター
ウッド・ベース(コントラバス、アップライト・ベース)
ベース
ドラム
ボーカル
ピアノ
アコースティック・ギターなど
融合ジャンル
ロックンロール
関連項目
下欄を参照
テンプレートを表示

ロカビリー(rockabilly)は、1950年代に誕生したポピュラー音楽の一ジャンル。ロッカビリー(Rock-A-Billy)とも呼ばれた。代表的なミュージシャンには、エルヴィス・プレスリーカール・パーキンスらがいた。

概要[編集]

1957年の映画『監獄ロック』でのエルヴィス・プレスリー

ロカビリーは、ロックンロール音楽の最も初期のスタイルの1つであり、その誕生は米国、特に南部の1950年代にさかのぼることができる。ロカビリーは、ブルースやR&Bと、カントリー・ミュージックのブレンドとして説明される場合が多い。ロカビリーという用語自体は、「ロック」と「ヒルビリー」の合成語であり、ヒルビリーはカントリーミュージックと呼ばれる以前のジャンルだった。ロカビリーに重要な影響を与えたジャンルには、ブルース、ウエスタン・スウィング、カントリー、ブルーグラス、ブギウギなどがあげられる[1]

ロカビリーサウンドの特徴には、強烈なウッドベースとドラムスによるリズム、シャウトするボーカルが含まれる。ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツ[注 1]エルヴィス・プレスリー、カール・パーキンス[2] エディ・コクラン[注 2]、ジェリー・リー・ルイス[注 3]、ジーン・ヴィンセント[注 4]、バディ・ホリーらによって1950年代後半に普及した。60年代半ばから70年代前半には衰退したが、ノスタルジー・ブームの後押しもあり、1970年代後半から1980年代初頭にかけてネオロカとして復活した。ロカビリーは、サイコビリー、カウ・パンクなどのサブ・ジャンルを生み出した。

主に白人ミュージシャンによるロックンロールの中で、特にカントリー・アンド・ウェスタンの要素が強くビートを強調したものをロカビリーと呼び[3][4]アコースティック・ベース(ウッド・ベース、ライトアップ・ベース)を使い、スラップ奏法が取り入れられた。70年代末以降のネオロカ・スタイルでは、ウッドベースがより強調されるようになった[注 5]

歴史[編集]

1950年代のロカビリー[編集]

Bill Haley and the Comets1956

1950年代初期のアメリカ南部、メンフィスなどの地域において、黒人音楽ブルースと、白人音楽のヒルビリー英語版カントリー、ブルーグラスが融合して生まれた。

白人歌手によりロカビリーが流行した時期は、1954年ごろからの数年間である。1950年代当時のロカビリーは、ビル・ヘイリーと彼のコメッツ[注 6]エルヴィス・プレスリー[5]らの人気シンガーがブームの牽引役だった。ウッドベースによるダイナミックなスラッピング奏法も1957年頃には、近代的なエレキベースに取って代わり、ロカビリー人気は下降線をたどった。

さらにエルヴィス・プレスリーの徴兵、バディ・ホリー、リッチー・ヴァレンス、エディ・コクランらの事故死[注 7]は、ロカビリー及びロックンロールに大きな打撃を与え、1960年半ばまでにはロカビリーは衰退した。なお、日本でも踊られたロカビリーのダンスには、ジルバ(戦前にルーツを持つアフロアメリカン由来のJitter bug)などがある。その後、ジルバに代わって、ツイストがブームとなった。

歌い方はしゃっくりするように語尾をしゃくりあげる「ヒーカップ唱法」、吃音する(どもる)かのように口ごもって発音する「マンブリング唱法」、従来からのカントリー系の歌唱方法であるホンキートンク唱法がある。ロカビリーに欠かせない音楽的、特に器楽の特徴として、1920年代から1930年代における黒人系スウィングバンド、とりわけベーシスト特有の奏法である「スラッピングベース奏法(スラップ奏法)[注 8]が挙げられる。この奏法では、ウッドベース(コントラバス)の弦を指で引っ張りつつ滑離し、低音とネックに当たる中高音をミックスさせた音を出し、更に手の平で弦をネックに叩きつけてパーカッション的効果を出す。

ギターにおいては、カントリーやロカビリー向けの奏法のひとつ、ギャロッピング奏法が用いられることが多く、エディ・コクランが用いたグレッチや、ギブソン社フルアコースティックギタースコティ・ムーア)で、ホロウ・ボディのギター以外にも、カントリー用として開発されたテレキャスターも重要である。ちなみに、ジェームズ・バートン[注 9]はミスター・テレキャスターの異名を持つ。


1960年代のロカビリー[編集]

1962年のビートルズのデビューと、彼らを中心とした1964年以降のブリティッシュ・インヴェイジョンは、ロカビリーやロックンロールを抽象的な「ロック」に変えた。この新しいロック・ムーヴメントにより完全に廃れたロカビリーだったが、そんな時期に孤軍奮闘したのがシャ・ナ・ナである[6]。彼らは1969年の「ウッドストック・フェスティバル」に出演し、70年代前半には「シー・クルーズ」などをカバーした。

1970年代以降のロカビリー[編集]

1970年代のパンク・ロックに影響を受け70年代末から80年代前半には、ストレイ・キャッツロバート・ゴードン、シェイキン・スティーヴンス、ブラスターズらを中心にしたネオロカビリー(Neo Rockabilly)[7]のブームが訪れた。ネオロカビリーは短縮形で「ネオロカ」とも言う。またネオロカの流行にいち早く目をつけたクイーンが、「愛という名の欲望」(1980)を発売し、ビルボードの上位へ送りだしたりといった現象も見られた。

日本のロカビリー[編集]

ネオロカ・バンドは、伝統的・古典的な大型のウッドベースやドラム・キットを使用した。

日本で、1956年にいち早くエルビス・プレスリーをカバーしたのは、カントリー歌手の小坂一也だった。小坂のロカビリーは、ロカビリー三人男よりも2年早かった。1958年、カントリー・ミュージックのバンド「オールスターズ・ワゴン」に在籍していた平尾昌晃がソロ・デビューし、ミッキー・カーチス山下敬二郎と共に「ロカビリー三人男」と称され「日劇ウエスタンカーニバル」などに出演、日本でロカビリー・ブームが巻き起こった。やがて和製プレスリーと呼ばれた尾藤イサオもデビューしている。他に佐々木功(後のささきいさお)、鹿内孝、鈴木ヤスシ、藤木孝、麻生レミ、内田裕也らも、ロカビリー、ロックンロール歌手としてデビューした。だが、60年代後半にはグループサウンズ・ブームに押され、ロカビリー、ロックンロールは退潮傾向となる。その後1970年代には、オールド・スタイルのバンドとして矢沢永吉のキャロルや、後にクールスもデビューしている。

1970年代末から80年代には、ネオロカビリー・ブームにより、50sファッションやコントラバスをスラップする演奏スタイルが見られた。BLACK CATSヒルビリー・バップス等のバンドが登場し、オールディーズ・グループ、ザ・ヴィーナスの「キッスは目にして!」がヒットした。この時期には、原宿のローラー族によりジルバなどのダンスが踊られた。

2005年、湯川れい子小野ヤスシ高田文夫らにより、「全日本ロカビリー普及委員会」が発足。その会長にロカビリー・シンガーのビリー諸川[注 10]が就任した。21世紀には、堀口ちえらがネオロカを引き継いで活動した。

代表的なミュージシャン[編集]

ロカビリー(1950年代)[編集]

ロカビリー(1960年代末~70年代)[編集]

ネオ・ロカビリー[編集]

派生ジャンル[編集]

サイコビリー(Psychobilly)
ロカビリーとパンク・ロックガレージ・パンク等のジャンルとの融合。
メテオスザ・クランプスグアナ・バッツディメンテッド・アー・ゴー、フレンジー、タイガー・アーミー、リヴィング・エンド等。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「シー・ユー・レイター、アリゲイター」もヒットした。
  2. ^ 代表曲に「サマータイム・ブルース」などがある。
  3. ^ a b 「火の玉ロック」で有名。同曲はフランスのミッシェル・ポルナレフもカバーした。
  4. ^ a b ビートルズのアイドルだったロッカー。彼の曲はビートルズが全てマスターしたという。特に「ビー・バップ・ア・ルーラ」は、ジョン・レノンがアルバム『ロックン・ロール』でカバーしているほか、ポール・マッカートニーもアルバム『公式海賊盤』でカバーしている。
  5. ^ ネオロカにはストレイ・キャッツ、ロバートゴードン、タフ・ダーツらがいた
  6. ^ 「ロック・アラウンド・ザ・クロック」が大ヒットした。
  7. ^ バディ・ホリー、リッチー・ヴァレンス、ビッグ・ポッパーは同じ飛行機での事故で死亡した。エディ・コクランは交通事故での死亡
  8. ^ ストレイ・キャッツのベーシストのウッド・ベース・プレイに典型的に見られる。
  9. ^ エルヴィス・プレスリーのギタリストである。
  10. ^ ラジオ日本で「This Is Elvis」という番組を担当した時期があった。「インテリが大キライ」と発言。
  11. ^ 「ザッツ・オールライト」「ハウンド・ドッグ」など、アメリカでは大量のヒット曲がある。
  12. ^ 代表曲に「ブルースエード・シューズ」がある。

出典[編集]

  1. ^ ロカビリー 2022年11月2日
  2. ^ RAB Hall of Fame: Carl Perkins”. Rockabillyhall.com. 2021年12月6日閲覧。
  3. ^ ROCKABILLY Definition”. Shsu.edu. 2021年12月7日閲覧。
  4. ^ Craig Morrison. “rockabilly (music) - Encyclopædia Britannica”. Britannica.com. 2021年12月6日閲覧。
  5. ^ http://rockabillylegends.com/elvis-presley/
  6. ^ シャナナ 2022年9月30日閲覧
  7. ^ http://www.last.fm/tag/neo+rockabilly/artists
  8. ^ Bill Haley2020年12月2日閲覧

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

  • Rockabillyとは何か (参考文献論文の要約版)。藤沢宏樹, 志水照匡、「Rockabillyとは何か--Elvis Presley SUN時代の楽曲分析」『研究紀要』 (36), 74-84, 1997-12, NAID 110009394039, 福島
  • ハイティーンまかり通る(昭和33年3月14日公開) - 中日ニュース217号(動画)中日映画社