ユーライア・ヒープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユーライア・ヒープ
Uriah Heep
Uriah Heep - 2018173210837 2018-06-22 Rock the Ring - 5DS R - 0194 - 5DSR7036.jpg
ドイツ・ニュルブルク公演(2018年6月)
基本情報
別名 スパイス (Spice) ※前身バンド
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
プログレッシブ・ロック
オルガン・ロック(1970年代)
活動期間 1969年 - 現在
レーベル ヴァーティゴ・レコード
ブロンズ・レコード
アイランド・レコード
ワーナー・ブラザース・レコード
マーキュリー・レコード
クリサリス・レコード
サンクチュアリ・レコード
キャッスル・レコード
Frontiers Records ほか
公式サイト uriah-heep.com
メンバー ミック・ボックス
バーニー・ショウ
フィル・ランゾン
デイヴィー・リマー
ラッセル・ギルブルック
旧メンバー デヴィッド・バイロン
ケン・ヘンズレー
リー・カースレイク
トレヴァー・ボルダー
ほか別記参照

ユーライア・ヒープUriah Heep)は、イングランド出身のロックバンド

ハードロックの草創期から活動するグループの一つ。1970年代に全盛期を迎え、「レッド・ツェッペリン」「ディープ・パープル」と並び称された。

1980年代半ばまではメンバーの入れ代わりが激しかったが、1986年以降は、ほぼ固定メンバーで活動。デビュー以来、メンバーによるコーラス・スタイルを特徴とする。

略歴[編集]

黎明期[編集]

ミック・ボックス(G) 1977年
ケン・ヘンズレー(Key) 1977年
リー・カースレイク(Ds) 1973年

1960年代中頃、ミック・ボックス(ギター)が結成していた「ストーカーズ」にデヴィッド・バイロン(ボーカル)が加入。

1967年、ストーカーズが解散し、ミック・ボックスとデヴィッド・バイロンの二人は「スパイス」を結成。途中ポール・ニュートン(ベース)、アレックス・ネピアー(ドラムス)を迎え、活動を行う。

1969年末、スパイスを改名して新たに「ユーライア・ヒープ」として発足し、後にケン・ヘンズレー(キーボード/リズムギター)が加入。諸事情により翌1970年初頭までスパイス名義で活動し、同3月から新生グループとして本格始動する。途中ドラマーをナイジェル・オルソンに変更するも、1stアルバム『...ヴェリー・ヘヴィ・ヴェリー・ハンブル』を完成させ、ヴァーティゴ・レーベルからデビュー。短期間だけツアーに参加したナイジェル・オルソンに変わり、キース・ベイカーがドラムを務める。

1971年、シンフォニックな2ndアルバム『ソールズベリー』を発表。同年ドラマーをイアン・クラークに交替させ、ブロンズ・レコードから歴代の代表作となる3rdアルバム『対自核』を発表[1]

全盛期[編集]

1972年、ドラマーにリー・カースレイク、ベーシストにマーク・クラークを迎える。ツアーから参加したクラークはわずか3ヶ月在籍しただけで次作の制作レコーディング中に脱退。後任ベーシストにニュージーランド出身のゲイリー・セインを加入して、ロジャー・ディーンをアート・ワークに起用したアルバム『悪魔と魔法使い』発表。同アルバムからは「安息の日々(Easy Livin)」が日本でスマッシュ・ヒットした。続いて、同傾向のアルバム『魔の饗宴』を発表。こちらもアート・ワークをロジャー・ディーンが担当した。

1973年3月、日本武道館を含む初来日公演を行う(5公演)。同年、アルバム『スウィート・フリーダム』発表。

1974年、初期ヒープらしさを持った最後のアルバム『夢幻劇』発表。ゲイリー・セインはコンサート中に感電事故に遭い重傷を負う。グループに復帰はするものの薬物中毒から脱却することができずにグループはセインを解雇する。

ジョン・ウェットン加入[編集]

1974年キング・クリムゾンジョン・ウェットンが、レコーディングにベーシスト兼ボーカルとして加入し、1975年にアルバム『幻想への回帰』を発表。グループにとって唯一の英国のアルバム・チャートトップ10入り作品となる最高位7位を記録している。同12月、ゲイリー・セインがヘロインの過剰摂取の事故により死亡(27歳没)。

1976年、曲作りの時点から参加したウェットンとヘンズレーとの共作を含むスタジオ・アルバム『ハイ・アンド・マイティ』を発表、ウェットンがヘンズレーとリード・ボーカルをともにとる「ワン・ウェイ・オア・アナザー(One Way Or Another)」はシングルとしてリリースされた。また同年バンドはアルコール中毒の問題を抱えていたデヴィッド・バイロンを解雇。そしてジョン・ウェットンはU.K.の活動専念のためにグループを脱退している。

デヴィッド・バイロン脱退 - ケン・ヘンズレー脱退[編集]

トレヴァー・ボルダー(B) 1980年
1977年ラインナップ

1977年、新ボーカリストにジョン・ロートン、新ベーシストにトレヴァー・ボルダーを迎え、『ファイアフライ』発表。

1978年、ハード・ポップ色を色濃くしたアルバム『罪なきいけにえ』発表、また、アルバム『堕ちた天使』を発表。1979年に「Five Miles」セッションでアルバム1枚分のマテリアルを残すものの、リー・カースレイクとジョン・ロートンが脱退し、幻のアルバムと化す (この時期の再発CD盤などで一部音源が聴ける)。

1980年、ジョン・スローマンをボーカル、クリス・スレイドをドラムに迎えたアルバム『征服者』発表。オリジナル・キーボーディストのケン・ヘンズレー脱退。後にカナダ人キーボーディストのグレッグ・デシャートを迎え『シンク・イット・オーバー』発表。アルバムも1枚分のマテリアルを残すものの未発表に終わる。トレヴァー・ボルダー、ジョン・スローマン、クリス・スレイド、グレッグ・デシャート脱退。その後、ユーライア・ヒープは活動停止状態へ。ミック・ボックスはミック・ボックス・バンドとして活動を続ける。

再始動[編集]

1980年、ミック・ボックスの自身のバンドで活動を開始するもののレコーディング契約に際し、一度消滅したユーライア・ヒープの名前が必要となりミック・ボックス・バンドよりユーライア・ヒープを再編することになる。元ヘヴィ・メタル・キッズ、ライオンのジョン・シンクレア(キーボード)、トラピーズのピート・ゴールビー(ボーカル)が参加して約2年の停滞期間の後、オジー・オズボーン・バンドを脱退したリー・カースレイク(ドラムス)とボブ・デイズリー(ベース)を迎えたことによってレコーディングにこぎつけられる様になりハードでキャッチーなアルバム『魔界再来』(1982年)を発表。Paul Bliss作の「That's the Way That It Is」は、アメリカでのシングル・ヒット曲となる。

1983年、同メンバーでスタジオ・アルバム『ヘッド・ファースト』を発表。レコーディング後にボブ・デイズリーの後任にトレヴァー・ボルダーが復帰し、プロモーション・ツアーを行う。

1985年、2月にオリジナル・メンバーのデヴィッド・バイロンがアルコール依存症にともなう肝硬変により死去(38歳没)。CBS傘下のポートレイト・レーベル(日本ではエピック・レコード)に移籍し、16thアルバム『イクウェイター』発表。ピート・ゴールビー、ジョン・シンクレアが同年脱退した。

元グランプリ組加入 - リー・カースレイク脱退[編集]

1986年、かつて所属していたブロンズ・レコード倒産。ボーカリストにステフ・フォンテイン、キーボーディストにフィル・ランゾンを迎えて活動再開。11月にフォンテインを解雇し、ボーカリストをバーニー・ショウに変更し活動。1988年、新ラインナップで収録したライブ・アルバム『ライブ・イン・モスクワ』をリリース。1989年、新ラインナップでは初となるスタジオ・アルバム『レイジング・サイレンス』を発表。

1991年、スタジオ・アルバム『ディファレント・ワールド』発表。18年ぶりの来日公演を行う。1995年、久々の傑作となるスタジオ・アルバム『シー・オブ・ライト』発表。久々にアート・ワークはロジャー・ディーン。バーニー・ショウが喉の手術を行ったため、一部ツアーでは代役として、ジョン・ロートンが参加。1998年、スタジオ・アルバム『ソニック・オリガミ』発表。以降はスタジオ・アルバムの発表は無く、ライブ活動に専念する。

ラッセル・ギルブルック加入後[編集]

2008年ラインナップ

2007年、健康上の理由からリー・カースレイクが脱退。最も長続きした1986年からのラインナップが終わる。後任としてラッセル・ギルブルックが加入。2008年、10年振りのスタジオ・アルバムとなる『ウェイク・ザ・スリーパー』を発表。2009年、最新メンバーによる往年の名曲の新録+新曲2曲のデビュー40周年記念ベスト盤『Celebration』をリリース。

2010年、デビュー40周年記念 川崎クラブチッタにて19年ぶり三度目の来日。「悪魔と魔法使い」完全再現ライブを行った。ゲストでは元ホワイト・スネイクミッキー・ムーディが参加。このライブは『Official Bootleg vol3:Live in Kawasaki Japan 2010』としてCD化され、2013年に『ライヴ・イン・カワサキ 2010』として国内盤が発売された[2]2011年4月、22ndアルバム『イントゥ・ザ・ワイルド』をリリース。

トレヴァー・ボルダー死去[編集]

2013年、現行メンバーであったトレヴァー・ボルダーが癌のため死去(62歳没)。ボルダー療養中のツアーの代役はデイヴィー・リマーが務め、彼の死去を受けて正式メンバーに昇格した[3]。その後、彼を迎えたラインナップで、2014年6月に通算23枚目のスタジオ・アルバム『異端審問』をリリースした[4]

2016年、デビュー45周年記念 ジョン・ロートン率いるルシファーズ・フレンドと大阪Zeppなんば、川崎クラブチッタで来日ジョイント公演を開催した[5]

2018年、25thアルバム『リヴィング・ザ・ドリーム』をリリース[6]

備考・補足[編集]

「スパイス」から「ユーライア・ヒープ」への改名について、ミック・ボックスは1995年版CDのライナーノーツに「スタジオに入った時は4人組のスパイスだったのに、出てきた時は5人組のユーライア・ヒープになっていた」と書いている。この改名はブロンズ・レコードの社長兼ユーライア・ヒープのマネージャーのジェリー・ブロン(1933年‐2012年)の提案によるもので、ちょうど没後100周年でイギリス国内がディケンズ・ブームだったためにこの名前が目に留まったという(「ユーライア・ヒープ」は、ディケンズの小説『デイヴィッド・コパフィールド』の登場人物。アルバムのタイトルもディケンズの描写に由来し、「heavy」「humble」の「h」が落ちているのもヒープの喋り方を模しているため)。

メンバー[編集]

※2018年時点

現ラインナップ[編集]

  • ミック・ボックス (Mick Box) - ギター(1969年-現在、ギタリスト兼リーダー、唯一のオリジナルメンバー、元スパイス)
  • バーニー・ショウ (Bernie Shaw) - ボーカル(1986年-現在、六代目ボーカリスト、元グランプリ、元プレイング・マンティス、元ストレイタス
  • フィル・ランゾン (Phil Lanzon) - キーボード(1986年-現在、四代目オルガン・キーボード、元グランプリ
  • デイヴィー・リマー (Davey Rimmer) - ベース(2012年-現在、七代目ベーシスト)
  • ラッセル・ギルブルック (Russell Gilbrook) - ドラムス(2007年-現在、六代目ドラマー、元ベドラム、元クリス・バーバー・バンド、元G.O.D.S

旧メンバー[編集]

ボーカル[編集]

キーボード[編集]

ドラムス[編集]

ベース[編集]

日本公演[編集]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『...ヴェリー・ヘヴィ・ヴェリー・ハンブル』 - ...Very 'Eavy ...Very 'Umble (1970年)
  • 『ソールズベリー』 - Salisbury (1971年)
  • 対自核』 - Look at Yourself (1971年)
  • 悪魔と魔法使い』 - Demons and Wizards (1972年)
  • 魔の饗宴』 - The Magician's Birthday (1972年)
  • 『スウィート・フリーダム』 - Sweet Freedom (1973年)
  • 『夢幻劇』 - Wonderworld (1974年)
  • 『幻想への回帰』 - Return to Fantasy (1975年)
  • 『ハイ・アンド・マイティ』 - High and Mighty (1976年)
  • ファイアフライ』 - Firefly (1977年)
  • 『罪なきいけにえ』 - Innocent Victim (1977年)
  • 『堕ちた天使』 - Fallen Angel (1978年)
  • 『征服者』 - Conquest (1980年)
  • 『魔界再来』 - Abominog (1982年)
  • 『ヘッド・ファースト』 - Head First (1983年)
  • 『イクウェイター』 - Equator (1985年)
  • 『レイジング・サイレンス』 - Raging Silence (1989年)
  • 『ディファレント・ワールド』 - Different World (1991年)
  • 『シー・オブ・ライト』 - Sea of Light (1995年)
  • 『ソニック・オリガミ』 - Sonic Origami (1998年)
  • 『ウェイク・ザ・スリーパー』 - Wake the Sleeper (2008年)
  • 『セレブレイション』 - Celebration – Forty Years of Rock (2009年)
  • 『イントゥ・ザ・ワイルド』 - Into the Wild (2011年)
  • 『異端審問』 - Outsider (2014年)
  • 桃源郷』 - Living the Dream (2018年)

ライブ・アルバム[編集]

  • 『ユーライア・ヒープ・ライヴ』 - Uriah Heep Live (1973年)
  • 『ライヴ・イン・ヨーロッパ1979』 - Live in Europe 1979 (1986年)
  • Live at Shepperton '74 (1986年)
  • 『ライヴ・イン・モスクワ』 - Live in Moscow (1988年)
  • 『スペルバインダー - ライヴ』 - Spellbinder Live (1996年)
  • 『キング・ビスケット・ライヴ』 - King Biscuit Flower Hour Presents Uriah Heep in concert (1997年)
  • Future Echoes of the Past (2000年)
  • 『アコースティカリー・ドリヴン - ライヴ2000』 - Acoustically Driven (2001年)
  • Electrically Driven (2001年)
  • 『真・魔の饗宴 - ライヴ2001』 - The Magician's Birthday Party (2002年)
  • 『ライヴ・イン・ザ・USA - ライヴ2002』 - Live in the USA (2003年)
  • 『マジック・ナイト - ライヴ2003』 - Magic Night (2004年)
  • 『ライヴ・イン・アルメニア』 - Live in Armenia (2011年)
  • 『即自への誘い - ライヴ・アット・ココ』 - Live at Koko - London 2014 (2015年)
  • 『ビトゥイーン・トゥー・ワールズ - ライヴ2004』 - Between Two Worlds (Featuring Osibisa) (2018年)
オフィシャル・ブートレグ
  • Official Bootleg Series Vol. 1: Live at Sweden Rock Festival 2009 (2010年)
  • Official Bootleg Series Vol. 2: Live in Budapest, Hungary 2010 (2010年)
  • ライヴ・イン・カワサキ 2010』 - Official Bootleg Series Vol. 3: Live in Kawazaki, Japan 2010 (2010年)
  • Official Bootleg Series Vol. 4: Live in Brisbane, Australia 2011 (2011年)
  • Official Bootleg Series Vol. 5: Live in Athens, Greece 2011 (2012年)
  • Official Bootleg Series Vol. 6: Live at the Rock of Ages Festival 2008 (2013年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]