ケン・ヘンズレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ken Hensley
ケン・ヘンズレー
Ken Hensley 2009.JPG
ドイツ・ルートヴィヒスブルクにて (2009年12月)
基本情報
出生名 Kenneth William David Hensley
生誕 (1945-08-24) 1945年8月24日(74歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
ハートフォードシャー州
ジャンル ハードロック
プログレッシブ・ロック
職業 オルガニスト
キーボーディスト
シンガーソングライター
担当楽器 ハモンドオルガン
キーボード
ギター
ボーカル
活動期間 1960年 - 現在
レーベル ブロンズ・レコード
Repertoire Records
Mystic Records
共同作業者 ゴッズ
ユーライア・ヒープ
ブラックフット
ほか
公式サイト http://www.ken-hensley.com/

ケン・ヘンズレー(Ken Hensley, 1945年8月24日 - )は、イングランド出身のミュージシャンオルガニストマルチプレーヤー音楽プロデューサー

ブリティッシュ・ロックバンド「ユーライア・ヒープ」の元メンバーとして知られる。

人物[編集]

1960年代、「ゴッズ」のメンバーとしてデビュー。ほか「ヘッド・マシーン」(1969)、「トゥー・ファット」(1970)といったバンドに短期間在籍。

1969年、「ユーライア・ヒープ」の創設メンバーとなりメインコンポーザー、キーボーディストとして活躍した。ヒープ脱退後の1980年代は「ブラックフット」などに参加。以降ソロ活動に専念する[1]

2000年代には、「ユーライア・ヒープ」の旧メンバーであるジョン・ウェットンや、ジョン・ロートンとのコラボーレーションツアーを行った。近年ではヨルン・ランデグレン・ヒューズなどをゲストに迎えて、ソロ活動を精力的に行なっているほか、2006年からリーダー・バンド「LIVE FIRE」でも活動している。

ユーライア・ヒープ時代は、個性的なソングライティングで主導権を握り[2]、「ディープ・パープル」のジョン・ロードらと並ぶ、1970年代ハードロック界のハモンドオルガン奏者として知られた。

在籍グループ[編集]

リーダー・バンド
  • Ken Hensley Band (1981)
  • Ken Hensley & Visible Faith (1999)
  • Hensley/Lawton Band (2000-2001)
  • Ken Hensley/John Wetton (2001)
  • Ken Hensley & Free Spirit (2002)
  • Ken Hensley & The Viking All-Stars Band (2005)
  • Ken Hensley & Live Fire (2006- )

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム
  • Proud Words On A Dusty Shelf - 誇り高き言霊 (1973)
  • Eager To Please - 愛と苦悩 (1975)
  • Free Spirit (1980)
  • A Glimpse Of Glory (1999)
  • Running Blind (2002)
  • The Last Dance (2003)
  • Blood On The Highway (2007)
  • Love & Other Mysteries (2012)


Ken Hensley & Live Fire名義
  • Faster (2011)
  • Trouble (2013)

日本公演[編集]

  • 2013年5月28日・29日 高田馬場AREA - 1973年、URIAH HEEP以来40年ぶりの来日。ソロとしては初

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]