クリス・スレイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリス・スレイド
Chris Slade
出生名 Christopher Rees
生誕 (1946-10-30) 1946年10月30日(70歳)
出身地 ウェールズの旗 ウェールズ
ジャンル ハード・ロック
ヘヴィ・メタル
ブルース・ロック
プログレッシブ・ロック
グラム・メタル
職業 ドラマー
活動期間 1963年 - 現在
レーベル Bronze Records
EMI
Albert Productions
InsideOut Music
アトランティック・レコード
インタースコープ・レコード
共同作業者 トム・ジョーンズ
Toomorrow
マンフレッド・マンズ・アース・バンド
ユーライア・ヒープ
ゲイリー・ニューマン
ザ・ファーム
AC/DC
エイジア
公式サイト chrisslade.com
www.acdcrocks.com

クリス・スレイド(Chris Slade、1946年10月30日 - )は、イギリスウェールズ出身のロックドラマー

経歴[編集]

ウェールズ南部のグラモーガン(Glamorgan)地方ポンタプリーズ(Pontypridd)出身。

スレイドは1963年よりトム・ジョーンズのバック・バンドで活動[1]。1969年にはオリビア・ニュートン=ジョンとともに映画『Toomorrow』(1970年公開)の作中バンドToomorrowに参加するが[1][2]、映画およびサウンドトラック・アルバムには不参加となり、カール・チェンバースがスレイドの後任を務めた[3]1971年から1978年までは、マンフレッド・マンズ・アース・バンド(Manfred Mann's Earth Band)のメンバーであった[1]1980年より2年間ユーライア・ヒープに在籍し、その後ゲイリー・ニューマンのアルバム『アイ・アサシン』のレコーディングおよびツアーに参加[1]1984年にはデヴィッド・ギルモアのツアーに参加するが[1]、ギルモアから参加依頼を受けた直後にジミー・ペイジの新バンドにも勧誘され、ギルモアのツアー終了後にペイジと合流[4]。ペイジ、ポール・ロジャーストニー・フランクリンと結成された新バンドは、スレイドの案によりザ・ファームと名付けられ[5]1986年まで活動。1989年ゲイリー・ムーアのアルバム『アフター・ザ・ウォー』に伴うツアーのリハーサル中にコージー・パウエルが離脱し、スレイドが代役としてツアー・ドラマーを務めた[6]

スレイドが最も注目を浴びたのは、1989年に、オーストラリアハード・ロック・グループAC/DCから、サイモン・ライトの脱退を受けて、バンドへの参加を求められたときだったといえるだろう。ヤング兄弟(アンガスマルコム)は、当初はスレイドを一時的な代役として雇い、やがて次のアルバムのレコーディング中にバンドの正式メンバーとなることを求めた。スレイドはアルバム『レイザーズ・エッジ』と、それを受けてのツアーに参加した。しかし、4年後、ヤング兄弟は、自分たちのスタイルのロックにぴったりの「グルーヴ」を出せる、として元メンバーのフィル・ラッドを復帰させることにし、スレイドに離脱を求めた。

AC/DCを離れたスレイドは、数年間、イギリスの田舎で生活していたが、プログレッシブ・ロック・グループのエイジアジェフ・ダウンズからバンドへの参加を求められた。最終的に2005年9月に脱退するまで、スレイドは6年間エイジアに在籍した。

その後は、Chris Slade Steel Circle "CS/SC" という、AC/DCのトリビュート・バンドを率いる一方、セッション・ドラマーとしても活動していた。しかし、2014年にフィル・ラッドが不祥事により逮捕されたのを受け、2015年2月の第57回グラミー賞授賞式よりラッドの代役としてAC/DCに再加入し、その後のワールド・ツアーにも参加[7]

ディスコグラフィ[編集]

トム・ジョーンズ

トム・パクストン (Tom Paxton)

マンフレッド・マンズ・アース・バンド (Manfred Mann's Earth Band)

テラ・ノーヴァ (Terra Nova)

カイ・オルソン (Kai Olsson)

フランキー・ミラー

ユーライア・ヒープ

ゲイリー・ニューマン (Gary Numan)

デニー・レイン

ザ・ファーム

AC/DC

エイジア

ブラッドストック (Bloodstock)

  • Creator of Worlds

ダメージ・コントロール (Damage Control)

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e Bio”. chrisslade.com. 2015年9月3日閲覧。
  2. ^ Hill, Gary. “Chris Slade - Biograohy”. AllMusic. 2015年9月3日閲覧。
  3. ^ 『Toomorrow』アメリカ盤リマスターCD(2014, RGM-0218)ライナーノーツ(Joe Marchese)
  4. ^ Chris Slade on AC/DC, Tom Jones, Jimmy Page, Gary Numan, and more”. MusicRadar. Future plc. (2014年7月22日). 2015年9月3日閲覧。
  5. ^ Giles, Jeff (2015年2月11日). “30 Years Ago: Jimmy Page and Paul Rodgers Unite for 'The Firm'”. ultimateclassicrock.com. Diffuser Network. 2015年9月3日閲覧。
  6. ^ Geesin, Joe (1996年). “Cozy Powell Interview”. joegeesin.com. 2015年9月3日閲覧。
  7. ^ AC/DC: Video Footage Of Cologne Concert”. Blabbermouth.net (2015年6月20日). 2015年9月3日閲覧。

外部リンク[編集]