ポール・ロジャース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・ロジャース
Queen 2005 1010006.JPG
基本情報
出生名 Paul Bernard Rodgers
生誕 (1949-12-17) 1949年12月17日(66歳)
イングランド, ミドルズブラ
担当楽器
ギター
ピアノ
ベース
ドラム
活動期間 1967年 - 現在
共同作業者 ロードランナーズ
フリー (バンド)
ピース
バッド・カンパニー
ザ・ファーム
ザ・ロウ
クイーン+ポール・ロジャース

ポール・ロジャース (Paul Rodgers、1949年12月17日 - )は、イギリス出身のロック歌手。ロジャースの特徴であるリズム・アンド・ブルースに根差したソウルフルな歌唱スタイルは、後のロック・ヴォーカリストたちに多大な影響を与えた。

ローリング ・ ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第55位[1]

経歴[編集]

1949年12月17日イングランドミドルズブラの港で、7人兄弟の4番目として生まれる。ビートルズの影響を受け、ロードランナーズ (1967) など様々なローカルバンドで活動を始め、1969年ポール・コゾフサイモン・カークアンディ・フレイザーと共にフリー (バンド) を結成。フリーはメンバーが10代だったにも関わらずブルース色が濃く、シンプルなハード・ロック・スタイルで徐々に人気を獲得していく。1970年にシングル「オール・ライト・ナウ」とアルバム『ファイアー・アンド・ウォーター』がヒットするが、アルバムの商業的不振やメンバー間の不仲で初来日公演直後に解散を発表。

フリー解散後のロジャースはピース (1971) を結成するが、ドラッグに溺れたコゾフを救うためフリーの再結成に参加する。しかしメンバー間の不仲が解消されておらず、すぐにフレイザーが脱退。コゾフのドラッグ癖が悪化したためフリーは危機に陥るが、キーボードにジョン・"ラビット"・バンドリック、ベースに山内テツを加入させフリー名義のラストアルバム『ハートブレイカー』を発表するが1973年に解散。

フリー解散後、ジェフ・ベックディープ・パープル[2]ザ・ドアーズ[3]からの加入要請があったが、ロジャースは前述のサイモン・カーク、元キング・クリムゾンボズ・バレル、元モット・ザ・フープルミック・ラルフスと共にバッド・カンパニーを結成する。バッド・カンパニーはフリーの音楽性を継承しつつアメリカナイズされた楽曲スタイルで「キャント・ゲット・イナフ」など世界的ヒットを飛ばし、多くのアルバムがプラチナ・ディスクを獲得した。しかし、ロジャースは肥大化した活動から落ち着くため1982年、バッド・カンパニーを脱退。

1983年、全ての楽器を自身で演奏した初のソロアルバム『カット・ルース』を発表するが、商業的には失敗に終わる。1985年にはレッド・ツェッペリンジミー・ペイジと組んでザ・ファームを結成、スーパー・グループとして話題となる。しかし、期待された程の成功を収めることなく、アルバム2枚を残し自然消滅。その後1991年に、フェイセズザ・フーのドラマーだったケニー・ジョーンズと組みザ・ロウを結成するが商業的に失敗し、アルバム1枚を残し解散 (9曲を収録したセカンド・アルバムも存在するが、公式リリースされずお蔵入りとなる)。

1993年にはソロとして、数々のスーパー・ギタリストと曲ごとに共演したトリビュート作品『マディ・ウォーター・ブルース』が起死回生のヒット作となり、グラミー賞にノミネートされた。1990年代中頃にソロで来日公演を行い、1997年には14年振りとなるオリジナル曲のソロ・アルバム『ナウ』を発表。

1998年、オリジナル・メンバーによるバッド・カンパニーの再結成に参加し、新曲をレコーディングした[4]1999年にバッド・カンパニーとして全米ツアーを行うが、後にボズ・バレルとミック・ラルフスがツアーへの不参加を表明し、ロジャースは1999年にアルバム『エレクトリック』を発表しソロ活動を再開。2002年、新メンバーを加えバッド・カンパニーに参加し、全米ツアーを行う。

2005年から2009年に掛け、クイーンのメンバーブライアン・メイロジャー・テイラーと組みクイーン+ポール・ロジャースの名で世界ツアーを行い、来日・全米公演を行う。2006年10月からクイーンとスタジオ入りし、2008年ニューアルバム『ザ・コスモス・ロックス』を発表するが、ロジャースは「クイーン+ポール・ロジャース」の活動に終止符を打ちバッド・カンパニーの再始動へ移行した。2010年10月には、バッド・カンパニーとして35年振りとなる日本公演を行う。

2014年、オーティス・レディングアルバート・キングなど往年のソウル、ブルースの名曲を60年代に活躍した一流のバック・ミュージシャンによる演奏と共に収録した『ザ・ロイアル・セッションズ』を発表。

歌唱スタイル[編集]

インタビューや作品ではオーティス・レディングが頻繁に取り上げられる。

マディ・ウォーターズに至っては楽曲のカバーはもちろんのこと、アルバムのタイトルとなるほどであり、フリーのアルバム『ハートブレイカー』でも楽曲「マディ・ウォーター」を発表している。アルバート・キングの楽曲もキャリアを通じ演奏され、最新アルバム『ザ・ロイアル・セッションズ』(2014) で「悪い星の下に生まれて」を聴くことができ、1969年のパリ公演 (フリー) でも演奏されている。

他にもインタビューでジョン・リー・フッカーエルモア・ジェームスハウリン・ウルフなどの名を挙げており、レイ・チャールズに至っては2010年にBBCジュールズ・ホーランドと「クライング・タイム」でセッションした。いずれからも、主にブルースやリズム・アンド・ブルースから影響を受けていることがわかる。

ソロアルバム・ディスコグラフィー[編集]

  • カット・ルース - Cut Loose(1983年)
  • マディ・ウォーター・ブルーズ - Muddy Water Blues: A Tribute to Muddy Waters(1993年、トリビュート・アルバム)
  • シングズ・ジミ・ヘンドリックス・ライヴ - The Hendrix Set(1993年、ライヴEP)
  • クロニクル - The Cronicle(1994年、セルフカヴァー・アルバム)
  • ポール・ロジャース・ライヴ - Live: The Loreley Tapes(1996年、ライヴ・アルバム)
  • ナウ - Now(1997年)
  • エレクトリック - Electric(1999年)
  • ライヴ・イン・グラスゴー2006 - Live in Glasgow(2007年、ライヴ・アルバム)
  • ザ・ロイアル・セッションズ - The Royal Sessions(2014年)

その他のエピソード[編集]

  • 初めて購入したレコードはブッカー・T&ザ・MG'sの「レッド・ビーンズ・ライス」であるとインタビューで語っている。
  • 幼少期は自宅でラジオが流れており、興味深くチャートを聴いていたとヴィンテージ・ロックのインタビューで語っている。フランク・シナトラエルビス・プレスリーも耳にしていた。プレスリーが登場した時期、ロジャースの姉がプレスリーに夢中で、ロジャースは10代を通しビートルズに夢中だった。ブルースの動機はローリング・ストーンズであり、BBキングやマディ・ウォーターズを発見し音楽の深みによりはまっていったと語る。後に、自身をオーティス・レディングに見立てて歌うようになった。
  • フリーとして初来日した際に、「サムライはどこだ」と聞いたという。
  • 元妻の清水マチは『夜明けの刑事』を担当していた大映テレビプロデューサー・野添和子の姪にあたる。1974年秋に私用で夫婦揃って来日した折、野添家に世話になったため"お返しに"と、無報酬でTBSの刑事ドラマ「夜明けの刑事」の挿入歌「yoake no keiji」を日本語で歌った[5]。レコード化はされていないが、ニール・ショーンをギターに迎えた来日公演でリクエストに応えて歌ったことがある。2010年10月のバッド・カンパニー来日公演では、アコースティック・ギターの弾き語りでフル・コーラスを披露した。
  • 元妻マチ(女優野添ひとみの従姉妹)との間にもうけた息子スティーブ、娘ジャスミンは共にボアというイギリスのバンドで活動しているミュージシャン。このボアが歌う「DUVET」は日本のメディアミックス作品Serial Experiments LainのTVアニメーション版主題歌となった。スティーヴは前述の2010年のバッド・カンパニーの来日公演に帯同した。

日本公演[編集]

4月30日 共立講堂、5月1日 サンケイホール
  • 1972年 FREE(NEW SESSION) with EMERSON ,LAKE & PALMER
7月22日 後楽園球場、7月24日 甲子園球場
3月3日 日本武道館
9月12日 神奈川県民ホール、16日 簡易保険ホール、19日,20日,21日 中野サンプラザ
5月18日 沖縄市民会館 5月24日 CLUB CITTA'
  • 2005年 QUEEN + PAUL RODGERS LIVE IN JAPAN
10月26日,27日 さいたまスーパーアリーナ、29日,30日 横浜アリーナ
11月1日 ナゴヤドーム、3日 福岡Yahoo!JAPANドーム
7月22日 泉大津フェニックス、23日 富士スピードウェイ
10月18日 Zepp Fukuoka、20日 Zepp Nagoya、21日 なんばHatch、25日,26日 東京国際フォーラムホールA

脚注[編集]

外部リンク[編集]