B.B.キング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
B. B. King
B. B. King.jpg
B.B.キング (2006年ホワイトハウスにて)
基本情報
出生名 Riley B. King
別名 Beale Street Blues Boy
生誕 (1925-09-16) 1925年9月16日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシシッピ州イッタベーナ
死没 (2015-05-14) 2015年5月14日(満89歳没)
ジャンル ブルース
リズム・アンド・ブルース
職業 歌手
ギタリスト
作曲家
担当楽器 ギター
活動期間 1949年 - 2015年
レーベル ブレット、モダン/RPM、ケント、ブルースウェイ、ABCMCAゲフィン
公式サイト www.bbking.com
著名使用楽器
ルシール

B.B.キングB. B. King、本名Riley B. King 、ビー・ビー・キング、1925年9月16日 - 2015年5月14日)は、アメリカ合衆国ブルースギタリスト歌手作曲家1950年代から晩年まで活躍したブルース界の巨人。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第3位、2011年の改訂版では第6位。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第96位[1]

略歴[編集]

1925年9月16日ミシシッピ州北西部のイッタベーナ(Itta Bena)のプランテーションに生まれる[2]。幼少の頃は小作人として働く。その後ギターを手にし、幼くして頭角を現し始める。T-ボーン・ウォーカーロニー・ジョンソンと言ったギタリストの音楽だけではなく、ゴスペル音楽にも触れていたという。

1943年に州内のインディアノーラ(Indianola)に移住し、その3ヵ月後にはテネシー州メンフィスに移り住む。キングはそこで、いとこのブッカ・ホワイトに教わりながらギター・テクニックを磨いていく。

やがて彼は、メンフィスのラジオ局WDIAでDJをするようになった。そのときに番組のスポンサーだった飲料の名前から「The Pepticon Boy」と名乗っていた[3]のが後に「Beale Street Blues Boy」となり、略して「Blues Boy」と呼ばれるようになった。これのさらなる略称が「B.B.」であり、名前の由来である[4]

1949年、ナッシュビルのレーベル、ブレット・レコードに4曲を吹き込み、レコード・デビューを果たした。翌年には、ロサンゼルスのモダン/RPMと契約する[4]1951年末にシングル「3 O'clock Blues」がR&Bチャートの1位を記録[4]。これを機に以降、数多くのヒットを世に送り出す存在となった。

1964年には、後に多くのアーティストが取り上げるスタンダード・ナンバーとなった「Rock Me Baby」を発表。1969年に発表された「Thrill Is Gone」のリメイク(原曲はロイ・ホーキンス)では翌年のグラミー賞を受賞した[5]1971年6月にはロンドンピーター・グリーンクラウス・フォアマンアレクシス・コーナーリンゴ・スター等のゲストを迎えてアルバム『In London』を録音[6]。その後も彼の活躍は続き、1951年から1985年までの間に実に74回もビルボードのR&Bチャートに曲を送り込んでいる。

1980年代から2000年までの間は、アルバムのリリースは少なくなる一方、テレビのショーへの出演やライブへの出演が多くなり、特にライブの回数は年に300回にも達していたという[4]1988年にはU2と「When Love Comes To Town」で共演、同曲は翌年にはシングルとしてヒットした。1993年には多くのブルース・ミュージシャンをゲストに迎えたアルバム『Blues Summit』を発表し、同アルバムでグラミー賞を受賞[5]1997年のアルバム『Deuces Wild』にはヴァン・モリソンドクター・ジョンローリング・ストーンズウィリー・ネルソン等、B.B.キングを慕うアーティストが参加。1998年には長いキャリアにおいて初のセルフ・プロデュース作品『Blues on the Bayou』を発表し、同アルバムでグラミー賞を受賞[5]2000年にはエリック・クラプトンとのアルバム『Riding With the King』を製作した。また、1998年に公開された映画『ブルース・ブラザース2000』では、クラプトンと共演している。

1987年ロックの殿堂入りを果たし、授賞式にはスティングがプレゼンターとして出向いた[7]。また1991年には、米国立芸術基金(NEA)の選定するNational Heritage Fellowship(日本の人間国宝に相当)にも選ばれている[8]

2015年5月1日に、自身のホームページ及びFacebookラスベガスの自宅で在宅介護を受けていることを表明した。

2015年5月14日死去[9]。89歳没。

5月25日、ネバダ州クラーク郡の検視局は、殺人の可能性で捜査が行われると発表した[10]。司法解剖の結果、殺害に当たる証拠は認められず、アルツハイマー病に加え永らく患っていた糖尿病や冠動脈疾患といった要因が複合していたことが明らかとなった。

ルシール[編集]

自らのギターにルシールと名づけている。その由来は、1950年代に遡る。キングがアーカンソー州トゥイストのクラブに出演した際、二人の男性が喧嘩を始めた。彼らはストーブを倒し燃料がこぼれて引火、クラブは大火事となってしまった。キングと観客は外に避難したが、外に出てからキングは愛用のアコースティック・ギターをクラブに忘れてきてしまった事を思い出し、自らの命の危険を省みずに火の燃え盛る建物に戻り、ギターを救い出した。その直後に建物は焼け落ちてしまったという。

翌日、キングは火事を起こした男性たちが「ルシール」という女性をめぐって争っていた事を知った。女性をめぐって争うような馬鹿なことを二度としないようにと以後彼のギターに「ルシール」という名をつけたのだという[11][12]

最初の「ルシール」はギブソンL-30で、彼はそれにディアルモンド社製のピックアップを取り付けて使用していたが、後に車上荒らしに逢って盗まれてしまう。その後のルシールは不明ながら、ギブソンES-125の可能性が高い。その他にもギブソンES-5 Switchmaster、ES-175、バードランドといったギブソンのギターを使用していた(どのギターに「ルシール」と名付けていたかは定かではない)。この他にもフェンダー・ストラトキャスターフェンダー・エスクワイアギブソン・レスポールを使用していたことが確認されている。そして 1958年ギブソン・ES-335とそのバリエーションモデルであるES-345、ES-355が登場すると、B.B.キング本人もこれらのギターを使用し始めるようになる。特にES-355は後述するバリトーンスイッチが気に入っていたようで、永らくステージで愛用していた。これが後のB.B.キングモデル「ルシール」の原型となって行く。[13]

楽器の特長[編集]

愛器の「ルシール」は、ギブソン・ES-355TDSVを元に製造された。形はES-355に似ているが、ES-355にはFホール(本体表面に空けてある穴)があるのに対し、「ルシール」にはそれがない。Fホールがあるとライブ時にハウリングが発生しやすくなるため、その対策のためのアイデアである。空洞は本来の通り空いている。金属パーツはすべてゴールドメッキ仕様となっている。テールピースにはファインチューナーが設けられたタイプが取り付けられており、演奏中のチューニングの微調整が可能となっている。

またこのルシールは、ボディの材質にも特徴がある。通常の ES-355 がボディ:メイプル(サトウカエデ)、ネック:マホガニー、フレットボード:エボニー(黒檀)の組み合わせにより、ウォームなサウンドを出力するのに対して、ルシールはボディもネックもメイプルで作成されている(フレットボードはES-355と同様エボニー使用)為、トレブリーな音色となっている。

また、ソリッド・ボディの特別品も製作されており、[要出典]彼に取材したYOUNG GUITAR誌のライターは、「信じられないくらい重かった」と証言している。[要出典]

さらにピックアップも ES-345 とは異なっている。ルシールにマウントされているものは 490T & 490R という、やや中音域が強調されたモデルになっている。これらの組み合わせにより、ルシールが出力する音は B.B.キングの声によく似た、アタックと張りのある骨太なサウンドになっている。さらにルシールにはES-345同様のロータリー式スイッチの「バリトーンスイッチ」が取り付けられている。前後ピックアップを切り替えるトグルスイッチに加え、バリトーンスイッチの操作によって多彩な音色が得られるようになっている。

Fホールがないため、そのままでは電装関連が設置できないのでボディ裏面にレスポールなどと同様のメンテナンスホールが開いており、ここにすべての電装類が収納されている。

基本的な仕様の他にも、指板に「B.B.KING」のネームのインレイを施したモデルを使用していた。彼が80歳を迎えた2005年には、ヘッドに「B.B.KING 80」の文字や王冠のインレイを施し(何とGibsonのロゴが無い)、ピックアップカバーやピックガードに彫金を施した特別仕様のルシールが登場し、1号機が彼に贈呈、メインギターとして使用された(少数が限定で市販されている)。しかし2009年夏に盗難に遭ってしまう。その後同年秋にラスベガスの質屋で、ヘッドに「B.B.KING 80」とインレイが施されているルシールが売られていたのを見つけたアマチュアギタリストのエリック・ダールなる人物がこのギターを購入した所、ヘッドの裏に「PROTOTYPE 1」と銘打たれていたことから不審に思い、ギブソンに連絡して確認した所、まさにその盗難に遭ったB.B.キング本人のギターであることが判明した。ダールはギブソンを通じてそのルシールを返却し、B.B.キングは彼に感謝の意味を込めて新しいルシールを贈った。その後ダールは2013年にB.B.キングが愛用したギターの変遷をまとめた「B.B.King's Lucille and The Loves Before Her」という書籍を出版している。[14]

音楽性[編集]

初期のB.B.キングのプレイスタイルには、明らかにTボーン・ウォーカーの影響が見られる。本人もそれは認めており、Tボーンのヒット曲である「(Call it)Stormy Monday」などをカバーしている。しかし、キャリアを積むごとに次第に彼独自のプレイスタイルを確立していき、俗に言う「スクイーズ・チョーキング」という、ロングトーンから急にスッと絞り込むような独特のヴィブラートチョーキング・テクニックを特徴とする、キレのあるプレイスタイルが完成する。

キングの曲は、ブルースに典型的な泥臭い印象の曲(6/8 拍子が主体の、いわゆる"ハチロク"ブルース)だけではなく、「Thrill is gone」のような洗練された都会的なメロディーや構成の曲も多い。

キングは幼少時に教会でゴスペルを歌っていた経験があることから、ゴスペルシンガーのような強力な歌声を持っている。この特徴的なボーカル・スタイルは、同時代のブルース・ミュージシャンとの大きな違いの1つになっている。また、以前にラジオDJを経験していたことから、ライブでのトークも得意とする。

彼は歌っているときにはギターを一切弾かないが、これは本人によると「歌いながらギターを弾くことは難しい」「何ともバカな手を持って生まれてしまったものでね」ということである。

ディスコグラフィー[編集]

  • 1956年 Singin' the Blues (Crown)
  • 1960年 B.B. King Wails (Crown)
  • 1960年 Sings Spirituals (Crown)
  • 1960年 The Blues (Crown)
  • 1961年 More (Crown)
  • 1962年 A Heart Full of Blues (United)
  • 1962年 Blues for Me (United)
  • 1962年 Blues in My Heart (Crown)
  • 1962年 Easy Listening Blues (Crown)
  • 1963年 Mr. Blues (ABC)
  • 1965年 Boss of the Blues (Kent)
  • 1965年 Live at the Regal (ABC)
  • 1966年 The Soul of B.B. King (United)
  • 1966年 Turn on to B.B. King (Kent)
  • 1967年 The Jungle (Kent)
  • 1967年 Blues Is King (Bluesway)
  • 1968年 Blues on Top of Blues (Bluesway)
  • 1968年ルシール (Lucille) (Bluesway)
  • 1969年 Completely Well (Bluesway)
  • 1969年 Live & Well (Bluesway)
  • 1970年 Back in the Alley (Bluesway)
  • 1970年 Indianola Mississippi Seeds (ABC)
  • 1971年 Live in Cook County Jail (ABC)
  • 1971年 In London (ABC)
  • 1972年 L.A. Midnight (ABC)
  • 1972年 Guess Who (ABC)
  • 1973年 To Know You Is to Love You (ABC)
  • 1974年 Together for the First Time...Live (Dunhill)
  • 1976年 Together Again...Live (Dunhill)
  • 1978年 Midnight Believer (ABC) ※ザ・クルセイダーズとの共作
  • 1979年 Take It Home (MCA)
  • 1980年 Live "Now Appearing"at Ole Miss (MCA)
  • 1981年 There Must Be a Better World Somewhere (MCA)
  • 1982年 Love Me Tender (MCA)
  • 1983年 Blues 'n' Jazz (MCA)
  • 1985年 Six Silver Strings (MCA)
  • 1988年 King of Blues: 1989 (MCA)
  • 1990年 Live at the Apollo (GRP)
  • 1990年 B.B.KING and SONS LIVE / GUITAR WORKSHOP SPECIAL (JVC) ※日本のミュージシャン(Sons)との共演
  • 1991年 Live at San Quentin (MCA)
  • 1992年 There Is Always One More Time (MCA)
  • 1993年 Blues Summit (MCA)
  • 1994年 Heart to Heart (GRP) ※ダイアン・シュアとの共作
  • 1995年 Lucille & Friends(MCA)
  • 1997年 Deuces Wild (MCA)
  • 1998年 Blues on the Bayou (MCA)
  • 1999年 Live in Japan (MCA)
  • 1999年 Let the Good Times Roll: The Music of Louis Jordan (MCA)
  • 2000年 Makin' Love Is Good for You (MCA)
  • 2000年 Riding with the King (Reprise) ※エリック・クラプトンとの共作
  • 2001年 A Christmas Celebration of Hope (MCA)
  • 2003年 Reflections (MCA)
  • 2005年 B.B. King & Friends: 80 (Geffen)
  • 2008年 Live (Geffen)
  • 2008年 One Kind Favor (Geffen)

参考文献[編集]

  1. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: B.B. King”. 2013年5月26日閲覧。
  2. ^ B.B. King Biography”. The Rock and Roll Hall of Fame and Museum. 2015年8月29日閲覧。
  3. ^ The Three Kings Of Blues - Albert, B.B. and Freddie King
  4. ^ a b c d B.B. King : AllMusic - Biography by Bill Dahl
  5. ^ a b c B.B. King - Awards : AllMusic
  6. ^ Dahl, Bill. “In London - B.B. King”. AllMusic. 2015年8月29日閲覧。
  7. ^ B.B. King: inducted in 1987”. The Rock and Roll Hall of Fame and Museum. 2015年8月29日閲覧。
  8. ^ Lifetime Honors: National Heritage Fellowships
  9. ^ 「ブルースの王様」B・B・キングさん死去 NHKニュース 2015年5月15日閲覧
  10. ^ B・B・キングさんの死に殺人の可能性、司法解剖へ”. AFPBB News (2015年5月26日). 2015年5月26日閲覧。
  11. ^ The King of the Blues - B.B. King: Lucille Speaks
  12. ^ B.B. King biography from the official site
  13. ^ リットーミュージック「Guitar Magazine」2015年8月号特集「Featured Guitarist B.B.キング」
  14. ^ リットーミュージック「Guitar Magazine」2015年8月号特集「Featured Guitarist B.B.キング」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]