ソウルミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ソウル(soul)あるいはソウル・ミュージック(soul music)は音楽ジャンル。基本的にはリズム・アンド・ブルース(R&B)の一種であるといえる[1]

1950年代から1960年代の初期にかけて、アメリカにおいてアフリカ系アメリカ人ゴスペルブルースから発展しできた音楽の体系である[2]。R&B、あるいはロックンロールといった黒人由来の音楽がポピュラー・ミュージックとして広く認知され、広範囲にわたって発展・拡大した1960年代、その頃のスタイルをさしてソウル・ミュージックと自然発生的に呼ばれるようになった[3]。ソウル・ミュージックは大衆音楽であり、流行歌でもある[4]。ゴスペル由来のコード進行、たたみかけるような覚えやすいリズムコールアンドレスポンス、即興の多用などの特徴がある。R&Bや、1970年代から1980年代に使われたブラック・コンテンポラリーという言葉で表現された音楽との間で明瞭な境界は存在せず[5]、レコード店の什器の区分やセールスチャートなど音楽のジャンル分けにおいても ソウル/R&B などのように同一のものとして扱われることが多い。1990年代に、歌ものを指して再びR&Bという言葉が使われるようになった[5]

サブジャンル[編集]

モータウンなどに代表される、白人層もターゲットにした洗練されたアメリカ北部のサウンドをに対して、スタックスなどのアメリカ南部の、ディープでブルージーかつファンキーなサウンドを「ディープ・ソウル」「サザン・ソウル」と呼ぶことがある。

著名なソウル・アーティスト[編集]

日本の主なソウル・アーティスト[編集]


関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 男の隠れ家』 2011年1月号 p.26
  2. ^ 『男の隠れ家』 2011年1月号 p.64 - 67
  3. ^ Stars of Soul and Rhythm & Blues.
  4. ^ 『男の隠れ家』 2011年1月号 p.65冒頭
  5. ^ a b 『男の隠れ家』 2011年1月号 p.67終り, pp.26-27
  6. ^ 『男の隠れ家』 2011年1月号 pp.18-27
  7. ^ 『男の隠れ家』 2011年1月号 pp.72-73

参考文献[編集]

  • Lee Hildebrand, Stars of Soul and Rhythm & Blues, Watson-Guptill Publications, 1994, ISBN 0823076334 et al.
  • 『男の隠れ家』 2011年1月号 ロック&ポップスを産んだ黒人音楽の世界 GOSPEL BLUES SOUL JAZZ 朝日新聞出版 (株)グローバルプラネット pp.18 - 27, 64-75:出田圭
  • Adams, Michael (2008). Review of Atlantic Records: The House That Ahmet Built, by Susan Steinberg. Notes 65, no. 1.
  • Cummings, Tony (1975). The Sound of Philadelphia. London: Eyre Methuen.
  • Escott, Colin. (1995). Liner notes for The Essential James Carr. Razor and Tie Records.
  • Gillett, Charlie (1974). Making Tracks. New York: E. P. Dutton.
  • Guralnick, Peter (1986). Sweet Soul Music. New York: Harper & Row.
  • Hannusch, Jeff (1985). I Hear You Knockin': The Sound of New Orleans Rhythm and Blues. Ville Platte, LA: Swallow Publications. ISBN 0-9614245-0-8.
  • Hoskyns, Barney (1987). Say it One More Time for the Broken Hearted. Glasgow: Fontana/Collins.