ライディング・ウィズ・ザ・キング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ライディング・ウィズ・ザ・キング
エリック・クラプトン&B.B.キングスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ブルースブルースロック
レーベル リプリーズ・レコード
プロデュース エリック・クラプトン
サイモン・クライミー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(ノルウェー[1]
  • 2位(ドイツ[2]、ニュージーランド[3]
  • 3位(アメリカ[4]、オーストリア[5]、スイス[6]
  • 4位(イタリア[7]
  • 5位(オーストラリア[8]
  • 6位(オランダ[9]、日本[10]
  • 8位(スウェーデン[11]
  • 11位(フィンランド[12]、フランス[13]
  • 15位(イギリス[14]
  • 17位(ベルギー・ワロン地域[15]
  • 26位(ベルギー・フランデレン地域[16]
  • B.B.キング 年表
    メイキン・ラヴ・イズ・グッド・フォー・ユー
    (2000年)
    ライディング・ウィズ・ザ・キング
    (2000年)
    Anthology
    (2000年)
    エリック・クラプトン 年表
    BEST OF
    (1999年)
    ライディング・ウィズ・ザ・キング
    (2000年)
    レプタイル
    (2001年)
    テンプレートを表示

    ライディング・ウィズ・ザ・キング(Riding with the King)は、2000年に発表されたエリック・クラプトンB.B.キングが競演したアルバム。クラプトンの所属レーベルであるリプリーズ・レコードから発売された。

    解説[編集]

    当時のクラプトンのレギュラー・バンドや、ジミー・ヴォーンスティーヴィー・レイ・ヴォーンの実兄)が2人をサポート。B.B.キングのヒット曲や、サム&デイヴの歌で有名な「ホールド・オン・アイム・カミング」等を取り上げている。

    2001年、グラミー賞のベスト・トラディショナル・ブルース・アルバム部門を受賞。B.B.キングは前年にも『ブルース・オン・ザ・バイユー』で同部門を受賞しており、2年連続の受賞となった[17]

    収録曲[編集]

    1. ライディング・ウィズ・ザ・キング - Riding with the King (John Hiatt)
    2. テン・ロング・イヤーズ - Ten Long Years (B. B. King, Taub)
    3. キー・トゥ・ザ・ハイウェイ - Key to the Highway (Big Bill Broonzy, Charles Segar)
    4. マリー・ユー - Marry You (Doyle Bramhall II, Susannah Melvoin, Craig Ross, Charles Segar)
    5. スリー・オクロック・ブルース - Three O'Clock Blues (King, Taub)
    6. ヘルプ・ザ・プアー - Help the Poor (Charles Singleton)
    7. アイ・ウォナ・ビー - I Wanna Be (D. Bramhall, Charlie Sexton)
    8. ウォリード・ライフ・ブルース - Worried Life Blues (Big Maceo Merriweather)
    9. デイズ・オブ・オールド - Days of Old (Jules Bihari, King)
    10. ホウェン・マイ・ハート・ビーツ・ライク・ア・ハマー - When My Heart Beats Like a Hammer (King, Taub)
    11. ホールド・オン・アイム・カミング - Hold On! I'm Comin (Isaac Hayes, David Porter)
    12. カム・レイン・オア・カム・シャイン - Come Rain or Come Shine (Harold Arlen, Johnny Mercer)

    プレイヤー[編集]

    脚注[編集]