スティーヴィー・レイ・ヴォーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティーヴィー・レイ・ヴォーン
Svaughan.jpg
基本情報
出生名 Stephen Ray Vaughan
別名 SRV
出生 1954年10月3日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ダラスオーククリフ
死没 1990年8月27日(満35歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ウィスコンシン州イーストトロイ
ジャンル ブルース
ブルース・ロック
職業  ミュージシャン
担当楽器 ギター
ヴォーカル
活動期間 1975年〜1990年
レーベル エピック・レコード
共同作業者 スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル
著名使用楽器
フェンダーストラトキャスター(ナンバー・ワン)

スティーヴィー・レイ・ヴォーン(Stevie Ray Vaughan, 1954年10月3日 - 1990年8月27日)は、アメリカブルースギタリスト作曲家歌手。本名はStephen Ray Vaughan (スティーヴン・レイ・ヴォーン)。その演奏スタイルはエレクトリック・ブルースの一つの頂点と考えられており、[誰によって?]後進の音楽家に巨大な影響を与え続けている。[要出典]

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第7位、2011年の改訂版では第12位。

来歴[編集]

1954年10月3日、テキサス州ダラスに生まれる。

高校を中退した後、音楽家の道を志してオースティンに向かい、そこでジョニー・ウィンターの目にとまる。その後「ポール・レイ・アンド・ザ・コブラス」というバンドで活動を開始し、1970年代中盤までにシングルを3枚(2枚は「コブラス」名義)発売した。

1975年、「トリプル・スレット・レヴュー」を結成。結成時のメンバーは、その後兄ジミー・ヴォーンと来日もするルー・アン・バートン(ヴォーカル)、W.C.クラーク(ベース)、マイク・キンドレッド(キーボード)らであった。ちなみにクラークとキンドレッドは、後にスティーヴィーの持ち歌として知られるようになる"Cold Shot"の作者である。このバンドの2代目ドラマーとして加入したのがクリス・レイトンであった。

1978年、バートンがバンドから脱退。残されたメンバー、スティーヴィー、クリス、ジャッキー・ニューハウス(ベース)は「ダブル・トラブル」と名乗り活動を続行する。スティーヴィーがリード・シンガーも兼任するようになったのはこの時からである。ちなみにバンド名はオーティス・ラッシュの曲から採られている。

1981年、ベーシストが元ジョニー・ウィンター・バンドのトミー・シャノンに交替。

1982年、モントルー・ジャズ・フェスティバルに出演。演奏を見ていたデヴィッド・ボウイジャクソン・ブラウンに声をかけられる。この時の出会いが、後に彼が成功していくきっかけとなった。

1983年、デヴィッド・ボウイのアルバム「レッツ・ダンス」に参加。

同年、ジャクソン・ブラウンのスタジオで録音した「スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル」名義で最初のアルバム「Texas Flood(ブルースの洪水)」を発表。50万枚を売り上げてゴールド・ディスクを獲得。またシングル「プライド・アンド・ジョイ」も、シングルチャートトップ20入りを果たした。

1984年、2作目「Couldn't Stand the Weather」(ゴールド・ディスクを獲得)を発表。

1985年、1月に来日。来日公演では発表を間近に控えていた「Soul to Soul」から"Say What!"も演奏される。

同年、キーボードにリース・ワイナンズが加入。3作目「Soul to Soul」(ゴールド・ディスクを獲得)を発表。

この後、麻薬中毒とアルコール中毒になり入院。麻薬中毒の治療は、ジョージア州アトランタで行われた。

1989年、4作目「In Step」を発表。グラミー賞(Best Contemporary Blues Recording)を獲得。

同年、ジェフ・ベックとともに全米ツアーを行う。(当時の『ギター・マガジン』誌によれば、ヘッドライナーはスティーヴィーで、観客の反応も圧倒的にスティーヴィーの方が良かったとされている[要出典]

1990年、8月26日ウィスコンシン州イースト・トロイのアルパイン・ヴァレイ・ミュージック・シアターで行われたブルース・フェスティバルに出演。エリック・クラプトンバディ・ガイロバート・クレイジミー・ヴォーンらと共演。終了後、シカゴ行きのヘリコプターに乗り込むが、8月27日未明にアルパイン・ヴァレイ・リゾートにあるスキー場のゲレンデに濃霧で視界を失ったヘリコプターが墜落、エリック・クラプトンボディガードを含む乗員全員と共に死去。

事故の4日後、葬儀はダラスのオーク・クリフ地区で行われた。参列者は1,500人を超え、会場となったチャペルの外には更に3,000人が集まるという盛大なものとなった。参列者の中にはジャクソン・ブラウンドクター・ジョンバディ・ガイボニー・レイットスティーヴィー・ワンダーらの姿があった[1]

没後[編集]

1990年、実兄のジミー・ヴォーンとともに録音していた音源が「Family Style」というタイトルで発表される。名義は「ヴォーン・ブラザーズ」である。また1991年には未発表音源が「The Sky is Crying」というタイトルで発表される。

1991年、テキサス州知事は彼の誕生日である10月3日を「スティーヴィー・レイ・ヴォーン・デイ」に制定。毎年この日はオートバイのイベントとチャリティ・コンサートが開催され、収益金は「スティーヴィー・レイ・ヴォーン奨学金」の資金となっている。「スティーヴィー・レイ・ヴォーン奨学金」は音楽を専門的に学ぶ若者を支援する奨学金で、スティーヴィーの故郷オーク・クリフにあるグレイナー・ミドル・スクールの8年生に支給されている。

1992年、フェンダー社はスティーヴィーの愛器であった「ナンバー・ワン」をモデルとしたシグネイチャーモデルのストラトキャスターを発売。フェンダー社の定番商品となり、現在でも生産され続けている。

1994年、オースティン市はスティーヴィーのコンサートが数多く行われた市内のリゾート地「タウン・レイク」にスティーヴィーの銅像を設置した。

1997年、カーネギー・ホール出演時(1984年10月4日)のライヴ音源が「Live At Carnegie Hall」として発表される。ドクター・ジョンや、兄ジミー・ヴォーンがゲスト参加。

スティーヴィーは現在、故郷ダラスのローレル・ランド・メモリアル・パークに眠っている。

機材[編集]

ギター[編集]

スティーヴィーは主にフェンダー・ストラトキャスターを愛用した。

ナンバー・ワン[編集]

最も有名な「ナンバー・ワン」は、彼がそれまで使用していた黒いストラトキャスターの修理を頼みにオースティンのレイズ・ミュージック・エクスチェンジを訪れたところ、壁に展示されていた中古のストラトキャスターに一目惚れして、交換して入手したものである。彼が入手した当時の仕様は1963年製のアルダー・ボディ、ネックは1962年12月製のDサイズでローズウッド指板のラウンド貼り、ピックアップは1959年製、ピックガードは白であった[2]

その後、ピックガードはホログラムステッカーを切り出した"SRV"のロゴが貼られた黒いピックガードに交換され、最終的にはSRVのロゴを溝状に刻んだ、後にシグネイチャーモデルとして発売される物と同じ書体のロゴが奢られたピックガードに交換された。フレットは彼が「ベースフレット」と呼んでいたジム・ダンロップ社のいわゆるジャンボフレットである6100番に打ち替えられた。トレモロユニットも左利き用のものへと換装された。アームを折損する事も多かった為か[独自研究?]、この個体はステンレス製の折れにくい物を装着していた事もあった[要出典]

当初のネックはフレット打ち替えの際に指板を削正(弦の張力や湿度変化などで歪んだ指板面を削って整形すること)出来る限界に達した為、1989年に同じくSRV所有であったストラトキャスター(通称「スコッチ」)のものに交換されている。更に1990年にコンサート会場で機材が落下する事故が発生し、「スコッチ」から移植されたネックも折損した。そこで当時のSRVのギター・テクニシャンであったレネ・マルティネスがフェンダー社のカスタムショップに1963年仕様のストラトキャスターのネックの新作を依頼し、SRVがこのギターを入手して以降では3本目のネックとして「ナンバー・ワン」のボディに取り付けられた[3]

スティーヴィーの没後、このギターが彼の棺に納められたという情報が一時流れたが、まったくのデマである。

現在の「ナンバー・ワン」は当初のネックに戻されている[要出典]

レニー[編集]

彼の遺したギターは1980年代のシャーベル社(Charvel)製のメイプルネックがつけられたストラトキャスター"レニー"[4]がクリスティーズで売却された以外は全てジミー・ヴォーンが所有している。

その他[編集]

この他、ストラトキャスターでは、イエローホワイトのボディに、当時のギターテクニシャンであるルネ・マルティネス(スティーヴィーの没後はカルロス・サンタナジョン・メイヤー等を担当している)が製作した赤いマーブル模様のピックガードを取り付けた"スコッチ"、黒の上から赤をオーバースプレーされたオリジナルのボディを持ち、何度と無くネックを交換されていた"レッド"、さらに元ヴァニラ・ファッジのヴィンス・マーテルから贈られたという"イエロー"を所有していた。"イエロー"は、元々ハムバッカーを四つ強引に取り付ける改造がなされており、後にピックガードごと新しく作りかえられているが、ピックアップがフロントのシングルコイル一つだけと言う、非常に変わったストラトキャスターだった。ピックアップを取り付けた後が大きな空洞となっているため、本人曰く「ベルの様に鳴る」と語っていた一本だったが、1987年頃に盗難に遭っている。

テキサスにあるギターショップ"Charley's Guitar Shop"のチャーリー・ワーツ(故人)が製作したストラトキャスタータイプ"E-flat Model"、ビリー・ギボンズからプレゼントされた"Hamiltone"の、「メイン」と呼んでいたギターもある。"E-flat Model"はシンクロナイズドトレモロが無い、ダンエレクトロのリップスティックピックアップのコイルを巻き直したシングルコイルピックアップが取り付けられ、コントロールノブがボリュームとトーンのみの仕様である。このギターは後にフェンダー・カスタムショップが同一仕様のギターを製作したが、Charley's Guitar Shopからのクレームにより生産を取り止めている。"Hamiltone"は同ブランドを起こしたジェイムズ・ハミルトンなる人物が製作したストラトキャスタータイプで、ボディが木目が美しいフィギュアドメイプルをボディとネックに使用したスルーネック構造のギターで、"Could'nt stand the weather"のビデオクリップでも登場したギターである。エボニー製の指板にはパールでスティーヴィーの名前のインレイが施され、ボディとネックの外周にバインディングが施された豪華なギターである。太目のネックと張りのあるトーンがとても気に入っていたようで、ステージでは"ナンバー1"とこのギターがメインギターとなっていた。プレゼントされた当初はEMGのアクティブサーキット付きピックアップが使用されていたが、EMGの独特の癖がある音が気に入らなかったのか、後にセイモア・ダンカン製のストラトキャスター用パッシブピックアップに交換され、更にフェンダーの「テキサス・スペシャル」に交換されている。このギターのスケールはヴォーンの半音下げチューニングに合わせて通常のフェンダーが採用している弦長より長いスケールが選択されていた。(スケールが長くなると同じチューニングでは張りが強くなる)

この他にもギブソンフライングV(1970年代に限定生産された"メダリオン")や、エピフォン・カジノ、ナショナル・リゾネーターギター等を使用していた。ギブソンのフライングVを購入した頃、理由としてアルバート・キングからの影響を挙げていた[要出典]

彼はこれらのギターに一弦が.013から始まるかなり太い弦を張り、殆どの曲で半音下げチューニングにしていた。ネックは大きく反っていて弦高も非常に高く、彼のギターを手にした事がある人は一様に「とても弾けた物じゃない」「並みの握力では弦を押さえる事も出来ない」と言うほど極端なセッティングであった。また彼はティアドロップ形のピックの尖った部分ではなく丸い部分を弦に当てて弾いていた。

アンプ[編集]

活動初期はJBL社のK130スピーカーユニットが付いたフェンダー・ヴァイブロヴァーブやフェンダー・スーパーリヴァーブを主に使用していた。なお、レコーディングではフェンダー・ツイード・ベースマンやジャクソン・ブラウンが所有するハワード・アレキサンダー・ダンブル製作のSteel-String-Singer(通称マザー・ダンブル)などスタジオにあるアンプも使用した。

活動後期はハワード・アレキサンダー・ダンブル製作のSteel-String-Singer(スティーヴィーはKing Tone Consoulと呼んでいた)を主に使用していた。また、フェンダー・スーパーリヴァーブやダンブルのキャビネットにはエレクトロ・ヴォイス社より提供されたスピーカーユニットが納められていた。

エフェクター[編集]

アイバニーズ・チューブスクリーマー(TS-808、TS-9、TS-10)、VOX社のワウ、Dallas Arbiter社のFuzz Face(In Step録音時に使われたものは改造されたもので、現在はジョン・メイヤーが所有している)、Tycobrahe社のOctaviaなどが定番で、コーラスやフランジャーもたまに使用された。

シグネイチャー・ストラトキャスター[編集]

1992年にフェンダー社から「ナンバー・ワン」をモデルとしたシグネイチャーストラトキャスターが発売された。主な仕様はゴールドパーツ、左利き用のトレモロ・ユニットというものであるが、ローズウッド指板のラウンド貼りではなくパーフェロー指板のスラブ貼り、さらに12Fのポジションマークは1963年後期仕様の幅の狭い仕様と、「ナンバー・ワン」とは異なった仕様となっている。ピックガードには最晩年の「ナンバー・ワン」と同じSRVロゴを溝状に刻む加工が施されている。

トリビュート・ストラトキャスター[編集]

2004年にフェンダーカスタムショップがトリビュート・シリーズ第1弾としてスティーヴィー・レイ・ヴォ−ン「ナンバー・ワン」ストラトキャスターを100本製作した。マイク・エルドレッド(Mike Eldred)、マスタービルダーであるジョン・クルーズ(John Cruz)等が採寸をすべてやり直し、ほぼ完全な形で復元した。製作はジョン・クルーズ(John Cruz)によるものである。

2007年にクリスティーズでギターセンター社が$623,500で落札した「レニー」を、ギターセンター社企画でフェンダーカスタムショップがスティーヴィー・レイ・ヴォ−ン「レニー」ストラトキャスターを製作した。ヘッドに入ったクラッキングや、ブリッジ後方に施されたインレイ(100年程前のマンドリンのピックガードを埋め込んだ物)、オリジナルとは違うブリッジ、更にケースに至るまで再現されている。

影響を受けたギタリスト[編集]

スティーヴィーが影響を受けたギタリストとして真っ先に挙げていたのが、兄ジミー・ヴォーンである。他はアルバート・キングヒューバート・サムリンハウリン・ウルフのバンドで活躍したギタリスト)、ラリー・デイヴィスライトニン・ホプキンスアルバート・コリンズらブルース・ギタリストたち、またジミ・ヘンドリックスロニー・マックからの影響も顕著である。

ロック、ブルーズ系のギタリスト以外では、「ケニー・バレルグラント・グリーンなんて大好きだから。ジャンゴ・ラインハルトもだね。それに、もち、ウェス・モンゴメリーもね。」と、ジャズ・ギタリストの名も何人か挙げている(「ザ・ギタリスト(上)達人に聞くサウンドの秘密」ドン・メン編 / 中山義雄 訳 1995年 音楽之友社)。 また、別のインタヴューでは、同じように数人のジャズ・ギタリストの名を挙げ、中でもグラント・グリーンの演奏は特に良いフレーズの宝庫だ、と影響の大きさを語っている。(出典は確認中だが、日本語訳は1980年代、または1990年代のギターマガジン誌かプレイヤー誌に掲載されているはず。)

ディスコグラフィ[編集]

オリジナルアルバム[編集]

  • テキサスフラッド~ブルースの洪水 - Texas Flood(1983年)
  • テキサスハリケーン - Couldn't Stand the Weather(1984年)
  • ソウル・トゥ・ソウル - Soul to Soul(1985年)
  • イン・ステップ - In Step(1989年)
  • ファミリースタイル - Family Style(1990年)

ライヴアルバム[編集]

  • ライヴアライヴ - Live Alive(1986年)
  • ライヴ・アット・カーネギーホール - Live At Carnegie Hall(1997年)
  • イン・ザ・ビギニングIn The Beginning(1992年)
  • イン・セッション(with アルバート・キング) - In Session (with Albert King) (1999年)
  • ライヴ・アット・モントルー1982&1985 (2001年)
  • Live in Tokyo (2004年)

コンピレーション[編集]

  • ザ・スカイイズクライング(未発表音源集) - The Sky Is Crying(1991年)
  • グレイテスト・ヒッツ - Greatest Hits(1995年)
  • ザ・リアル・ディール:グレイテスト・ヒッツ Vol.2 - The Real Deal: Greatest Hits Volume 2(1999年)
  • ブルーズ・アット・サンライズ(未発表音源集) - BLUES AT SUNRISE(2000年)
  • S.R.V.(ボックスセット) - S.R.V.(2000年)
  • エッセンシャル・スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル - The Essential Stevie Ray Vaughan And Double Trouble(2002年)
  • マーティン・スコセッシのブルース - Martin Scorsese Presents The Blues(2003年)
  • ザ・リアル・ディール:グレイテスト・ヒッツ Vol.1 - The Real Deal: Greatest Hits Volume 1 (2006年)
  • SRV仕事集 - Solos, Sessions & Encores(2008年)

映像作品[編集]

  • プライド・アンド・ジョイ - Pride And Joy(1991年)
  • ライブ・アット・エル・モカンボ - Live At The El Mocambo(1991年)
  • ライブ・フロム・オースチン・テキサス - Live From Austin, Texas(1995年)
  • ライヴ・アット・モントルー 1982&1985 - Live At Montreux: 1982 & 1985(2004年)
  • Live In Tokyo(2006年)

来日公演[編集]

唯一の来日公演が1985年1月に行われた。詳細は以下の通り:
STEVIE RAY VAUGHAN and DOUBLE TROUBLE JAPAN TOUR 1985

メンバー:
Stevie Ray Vaughan - guitar, vocal
Chris Layton - drums
Tommy Shannon - bass

招聘:音楽舎

エピソード[編集]

  • 1985年1月の来日時に、人気音楽番組「ベストヒットUSA」に出演。その際、スタジオにギターを持参したスティーヴィーが、司会の小林克也のリクエストで1曲披露。その曲が、インストの「Riviera Paradise」である。また、「Popper's MTV」にも出演。この番組では、「ベストヒットUSA」でも使用したフライングVで、ロニー・マックの「Wham」を演奏。
  • 没後、1996年にスティーヴ・スティーヴンスマーク・ケンダルグレイト・ホワイト)、スティーヴ・モーズ等、ヘヴィメタル系のギタリストを中心としたトリビュートアルバム「Crossfire: A Salute to Stevie Ray」がリリースされたが、これに関して兄のジミーは「勘弁して欲しい。彼の残した音楽がメチャクチャにされているみたいだ」と、嫌悪感を示していた[要出典]
  • デヴィッド・ボウイの「レッツ・ダンス」参加後、彼のバンドへの勧誘を受けるが、自身の音楽を追求したいという意向からこのオファーを断っている。クリス・レイトンのインタビューによると、「レッツ・ダンス」のビデオクリップをたまたま見たスティーヴィーが、彼が弾いたギターソロをデヴィッドが「当て振り」をしていたのを見て激昂したからだと言う[要出典]
  • 同郷の友人であるエリック・ジョンソンのギター・プレイを、無名だった頃から高く評価していた。エリックはスティーヴィーの没後、「SRV」という曲を製作し、彼に捧げている。なおこの曲には、兄ジミー・ヴォーンも参加している。

[編集]

  1. ^ Gulla, Bob (2008). Guitar Gods: The 25 Players Who Made Rock History. ABC-CLIO. pp. 230. ISBN 9780313358067. http://books.google.com/?id=DL3I9qQWdeAC&pg=PA230#v=onepage&q. 
  2. ^ スティーヴィー・レイ・ヴォーン・ストラトの真実
  3. ^ スティーヴィー・レイ・ヴォーン・ストラトの真実
  4. ^ ボディがウォルナットブラウンに塗り替えられ、ブリッジ後部に旧いマンドリンから外したピックガードを埋め込んでいる個体。当時シャーベル社(Charvel)に在籍していた現フェンダー・カスタム・ショップのマーケティング・マネージャーであるマイク・エルドレッド(Mike Eldred)がビリー・ギボンズ(ZZ Top)のオーダーで製作したものをスティーヴィーが譲り受け「レニー」に取り付けられた。

外部リンク[編集]