ハンノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハンノキ
Alnus japonica 05.jpg
ハンノキ林(2017年7月撮影)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: ブナ目 Fagales
: カバノキ科 Betulaceae
: ハンノキ属 Alnus
: ハンノキ A. japonica
学名
Alnus japonica (Thunb.) Steud., 1840
シノニム

Alnus japonica' (Thunb.) Steud. var. villosa, L. Zhao et D. Chen

和名
ハンノキ(榛の木)
英名
Japanese Alder
ハンノキの樹形(大阪府にて)

ハンノキ(榛の木。学名Alnus japonica)は、カバノキ科ハンノキ属の落葉高木。

名称[編集]

古名は榛(はり)。漢名は「日本榿木」。別名はヤチハンノキで[1]、湿地のハンノキの意味でよばれている[2]岩手県の地方名にヤチバがある。

ハンノキのの花言葉に、「忍耐」[1]「剛勇」[1]がある。

特徴[編集]

日本の北海道から九州、沖縄まで[3]朝鮮半島台湾、中国東北部、ウスリー南千島に分布する[1]。低地の湿地や低山の川沿いに生え[4]日本では全国の山野の低地や湿地、に自生する。湿原のような過湿地において森林を形成する数少ない樹木。田の畔に植えられ[4]、近年では水田耕作放棄地に繁殖する例が多く見られる。普通の樹木であれば、土壌中の水分が多いと酸欠状態になり生きられないが、ハンノキは耐水性を獲得したことで湿地でも生き残ることができる[1]

落葉高木で、樹高は4 - 20メートル[3][1]、直径60センチメートル (cm) ほど。湿地周辺部の肥沃な土地では、きわめてよく生長を示すものがあって、高さ30メートル、幹回りの直径1メートルを超す個体もあるが、湿地中央部に生える個体は成長は減退して大きくならない[5]樹皮は紫褐色から暗灰褐色で、縦に浅く裂けて剥がれる[6][7]は有柄で互生[1]、長さ5 - 13 cmの長楕円形から長楕円状卵形[6][7]葉縁には浅い細鋸歯があり、側脈は7 - 9対[6][8]。葉の寿命は短く、緑のまま次々と落葉する[1]。春先に伸びた1葉や2葉(春葉)の寿命は、以降に延びた葉(夏葉)よりも短いため6月から7月になると春葉が集中的に落葉する事が報告されている[9]

花期はの11 - 4月頃で[10]、葉に先だって単性花をつける[6]。雌雄同株で、雄花穂は枝先に1 - 5個付き、黒褐色の円柱形で尾状に垂れ下がる[1]。雌花穂は楕円形で紅紫色を帯び、雄花穂の下部の葉腋に1 - 5個つける[6]。花はあまり目立たない。また、ハンノキが密集する地域では、花粉による喘息発生の報告がある[11]

果実は松かさ状で1 - 5個ずつつき、10月頃熟すと長さ15 - 20ミリメートルの珠果状になる[6][8]。松かさに似た小さな実が翌年の春まで残る[7]

冬芽は互生して、枝先につく雄花序と、その基部につく雌花序はともに裸芽で柄があり、赤みを帯びる[10]。仮頂芽と測芽はどちらも葉芽で、有柄で3枚の芽鱗があり、樹脂で固まる[10]。葉痕は半円形で維管束痕は3個ある[10]

用途[編集]

水田の畔に稲のはざ掛け用に植栽されている[2]。しばしば公園樹として、公園の池のそばに植えられる[3]

良質の木炭の材料となるために、以前にはさかんに伐採された。材に油分が含まれ生木でもよく燃えるため、北陸地方では火葬に使用された。葉の中には、根粒菌からもらった窒素を多く含んでいて、そのまま葉が散るため、葉の肥料木としても重要である[1]

材は軟質で、家具や器具に使われる[4]

樹皮や果実は、褐色の染料として有効に使われている[1]。また、抗菌作用があり、消臭効果が期待されている[1]。ハンノキには造血作用のある成分が含まれるため漢方薬としても用いられる。

  • 治山の植栽木(荒廃地復旧対策)

食草[編集]

ハンノキ属の植物[編集]

ハンノキ属の植物には、主に川辺に生えるカワラハンノキ、川沿いの山の手や溪谷の斜面に生えるヤマハンノキやケヤマハンノキ、さらに山奥の山地の岩石が多い斜面に生えるミヤマハンノキなどがある[12]

  • ヤマハンノキ Alnus hirsuta Turcz. ex Rupr., 1857
  • ハンノキ A. japonica (Thunb.) Steud., 1840
  • ケハンノキ A. japonica (Thunb.) Steud. forma koreana (Callier) H. Ohba, 2006
  • ミヤマハンノキ A. maximowiczii Callier ex C.K. Schneid., 1904
  • ヒメヤシャブシ A. pendula Matsuma, 1902
  • アルダー A. rubra Bong., 1832 - 家具や楽器によく利用される。
  • オオバヤシャブシ A. sieboldiana Matsuma, 1902

ハンノキ属植物の根にはフランキア属[13]放線菌が共生し窒素固定を行う。そのため比較的やせた土地にも生育し、オオバヤシャブシなどは緑化に用いられる。

参考画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 田中潔 2011, p. 73.
  2. ^ a b 辻井達一 2006, p. 80.
  3. ^ a b c 林将之 2008, p. 168.
  4. ^ a b c 平野隆久監修 永岡書店編 2011, p. 161.
  5. ^ 辻井達一 2006, pp. 80–81.
  6. ^ a b c d e f 西田尚道監修 学習研究社編 2000, p. 105.
  7. ^ a b c 平野隆久監修 永岡書店編 2011, p. 61.
  8. ^ a b 林将之 2011, p. 159.
  9. ^ 菊沢喜八郎、ハンノキ属の葉はなぜ夏に落ちるか Japanese Journal of Ecology 30(4), 359-368, 1980-12-30
  10. ^ a b c d 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2014, p. 126.
  11. ^ 水谷 民子ほか、ハンノキ花粉喘息 Japanese Journal of Allergology 20(9), 700-705, 752-753, 1971-09-30, ISSN 0021-4884, NAID 110002408565
  12. ^ 辻井達一 2006, p. 81.
  13. ^ 袴田哲司、山本茂弘、ハンノキ属樹種稚苗の根粒形成と生育状況 静岡県農林技術研究所 2号, p.75-80(2009-03)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]