中井猛之進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中井 猛之進
生誕 日本の旗 日本 岐阜県
(1882-11-09) 1882年11月9日
死没 (1952-12-06) 1952年12月6日(70歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 植物分類学
出身校 東京帝国大学理科大学卒業
主な受賞歴 日本学士院桂公爵記念賞受賞
命名者名略表記
(植物学)
Nakai
プロジェクト:人物伝

中井 猛之進(なかい たけのしん、1882年11月9日 - 1952年12月6日)は日本の植物分類学者。東大教授、小石川植物園長、ボゴール植物園長、国立科学博物館長。小説家の中井英夫は息子。

略歴[編集]

分類学への影響[編集]

ミヤギノハギ Lespedeza thunbergii (DC.) Nakai、チョウノスケソウ Dryas octopetala L. var. asiatica (Nakai) Nakai、ノジギク Chrysanthemum japonense (Makino) Nakaiなどを命名する。朝鮮半島の植物の研究にも力を注いでおり、朝鮮初代公使の花房義質にちなんでハナブサソウ Hanabusaya asiatica Nakaiなどを名づけている[11]

また、セリ目 (Apialesインドカラムス属 (Indocalamusムニンヤツデ属 (Boninofatsiaなどの分類を作っている。

また、トガリバマキPodocarpus nakaii HayataチチジマイチゴRubus nakaii TuyamaチョウセンカメバソウTrigonotis nakaii Haraなど、数多くの献名を受けている。

弟子など[編集]

教え子に、伊藤洋[要曖昧さ回避]小林義雄前川文夫北川政夫佐藤正己津山尚原寛百瀬静男木村陽二郎らがいる[2]

著書[編集]

論文[編集]

  • 1932年、竹と笹、理科教育 15(6):66-77[12].
  • 1935年、日本本部ノ竹ト笹(其9)、植物研究雑誌 11(9):1-24[12].
Nakaiは、植物の学名命名者を示す場合に中井猛之進を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

注釈、出典[編集]

  1. ^ a b c d きのこのねどこ 大日本植物誌と中井猛之進
  2. ^ a b c 大場秀章・秋山忍 東京大学植物標本室に関係した人々
  3. ^ 朴宰弘 京都大学総合博物館での五ヶ月間
  4. ^ 硫黄島探訪 北硫黄島・石野遺跡について
  5. ^ 日本学士院 恩賜賞・日本学士院賞・日本学士院エジンバラ公賞受賞者一覧
  6. ^ 中井猛之進氏,北川政夫氏共著:-第一次満蒙学術調査研究団報告第四部第一編
  7. ^ List of genera in family CRASSULACEAE
  8. ^ 芦生研究林概況
  9. ^ Indonesian Botanic Gardens Archived 2005年12月11日, at the Wayback Machine.
  10. ^ 台東区文化ガイドブック 国立科学博物館に学ぶ
  11. ^ 朝鮮日報
  12. ^ a b 広島県の植物に関する文献