小林義雄 (菌類学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林 義雄
生誕 1907年5月17日
日本の旗 日本熊本県熊本市
死没 (1993-01-06) 1993年1月6日(85歳没)
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究機関 東京文理科大学
満州国立中央博物館
長春大学
国立科学博物館
主な受賞歴 南方熊楠賞
命名者名略表記
(植物学)
kobayasi
プロジェクト:人物伝

小林 義雄(こばやし よしお、1907年5月17日 - 1993年1月6日)は日本の菌類学者。理学博士東京帝国大学、1940年)[1]

熊本市生まれ。1931年に東京帝国大学を卒業し、東京文理科大学の助手、講師を務めた後、1941年から1945年まで満州国立中央博物館の薦任官を務め、1946年から2年間、長春大学の教授を務めた。1948年から国立科学博物館の植物研究部員として働き、後に研究部長となった。

菌類の分類学的研究の他に、南方熊楠が残した菌類図譜稿本を整理し、1987年に「南方熊楠菌誌」を出版した。1970年に南方熊楠賞の第1回の受賞者となった。

著作[編集]

  • 小林義雄、清水大典 『冬虫夏草菌図譜』 保育社(1983)
  • 『日本中国菌類歴史と民俗学』 広川書店(1983)
  • 『菌類の世界』 ブルーバックス (1982)
  • 『世界の菌類図譜』
  • 『日本産藻菌類図説』 鳥海書房 (1993)

献名[編集]

  • Kobayasia S.Imai & A.Kawam., 1958 (和名、シラタマタケ)
  • Cordyceps kobayasii Koval, 1984, nom. nov.
  • Entoloma kobayasianum E.Horak, 1986
  • Hirsutella kobayasii N.Vongvanich, P.Kittakoop, Isaka, S.Trakulnaleamsai, S.Vimuttipong, Tantich. & Y.Thebtaranonth, 2002
  • Hymenostilbe kobayasii Koval, 1976
  • Hysteronaevia kobayasii Nannf., 1984
  • Inocybe kobayasii Hongo
  • Luzula kobayasii Satake
  • Octaviania kobayasii Orihara, 2012
  • Pluteus kobayasii Hongo, 1976
  • Schizoblastosporion kobayasii Soneda & Uchida, 1971
kobayasiは、植物の学名命名者を示す場合に小林義雄 (菌類学者)を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

出典[編集]

参考文献[編集]