中川謙二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
なかがわ けんじろう
中川 謙二郎
Mr. Kenjiro Nakagawa, director of the Tokyo Women's Higher Normal School.jpg
生誕 (1850-10-26) 1850年10月26日嘉永3年9月21日
丹波国南桑田郡馬路村(現・京都府亀岡市馬路町)
死没 (1928-04-16) 1928年4月16日(77歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 教育者官吏
肩書き 従三位勲二等
東京女子高等師範学校名誉教授(1917年)

中川 謙二郎(なかがわ けんじろう、1850年10月26日嘉永3年9月21日) - 1928年昭和3年)4月16日)は明治時代から大正時代にかけての日本教育者文部官僚

共立女子職業学校(共立女子中学校・高等学校の前身)校長、仙台高等工業学校東北大学工学部の前身の一つ)初代校長、東京女子高等師範学校お茶の水女子大学の前身)校長を歴任した。

人物[編集]

京都府丹波国南桑田郡馬路村(現在の京都府亀岡市馬路町)生まれ。1900年(明治33年)に京都法政学校(現・立命館大学)を設立した中川小十郎の実母・さきの弟にあたる。謙二郎は西園寺公望の山陰道鎮撫、北越鎮撫に参加後、西園寺の誘いで東京開成学校(現在の東京大学)に学び、1901年(明治34年)文部省視学官となった。新潟学校、学習院、東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)の教諭校長を経て仙台高等工業学校(現東北大学工学部の母体)初代校長となった。1918年6月21日、錦鶏間祗候に任じられた[1]

親族[編集]

栄典・授章・授賞[編集]

著作[編集]

著書
訳書
  • 『理科読本』 金港堂、1886年1月第一・第二・第三

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1766号、大正7年6月22日。
  2. ^ 『官報』第379号「賞勲叙任」1884年10月1日。

関連文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
(新設)
日本の旗 仙台高等工業学校長
1906年 - 1910年
次代:
校長事務取扱
中川元
先代:
谷本富
日本の旗 高等師範学校附属東京教育博物館主事
1898年 - 1900年
次代:
朝夷六郎
その他の役職
先代:
手島精一
共立女子職業学校
1897年 - 1903年
次代:
手島精一