加藤陸奥雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 陸奥雄(かとう むつお、1911年12月2日 - 1997年3月8日)は日本生物学者。専門は昆虫生態学宮城県仙台市生まれ。

兄に化学者の加藤多喜雄(仙台名誉市民)、地球物理学者の加藤愛雄、弟に地質学者の加藤磐雄がいる。

略歴[編集]

編著[編集]

  • 『むし虫虫』(金港堂出版部、1978年)
  • 『日本昆虫記・昆虫の1日・上巻』、『日本昆虫記・昆虫の1日・下巻』(リブリオ出版、各1980年
  • 『日本昆虫記・昆虫の四季・上巻』、『日本昆虫記・昆虫の四季・下巻』(リブリオ出版、各1980年)
  • 『日本昆虫記・害虫ものがたり・上巻』、『日本昆虫記・害虫ものがたり・下巻』(リブリオ出版、各1980年)
  • 『日本の天然記念物・動物1』(講談社、1984年、ISBN:9784061805811)
  • 『日本の天然記念物・動物2』(講談社、1984年、ISBN:9784061805828)

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]