福原鐐二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福原 鐐二郎
ふくはら りょうじろう
Fukuhara Ryojiro.jpg
生年月日 (1868-08-13) 1868年8月13日慶応4年6月25日
出生地 伊勢国(現・三重県
没年月日 (1932-01-17) 1932年1月17日(63歳没)
出身校 帝国大学法科大学
所属政党 同成会
称号 正三位勲一等
親族 資英(父)、銭太郎(兄)、中村正奇(弟)、吉野(長男)、富士(長女・寺岡謹平妻)、満洲雄(三男)、幸雄(五男・水野勝成養子)

選挙区勅選議員
在任期間 1916年10月13日 - 1932年1月17日
テンプレートを表示

福原 鐐二郎(ふくはら りょうじろう、1868年8月13日慶応4年6月25日) - 1932年昭和7年)1月17日)は明治時代から大正時代にかけての日本文部官僚蘇洲

文部次官東北帝国大学東北大学の前身)総長、学習院長、帝国美術院(日本芸術院の前身)院長、貴族院議員を歴任した。

経歴[編集]

桑名藩士・福原資英の二男として生まれる。共立学校第一高等学校を経て、1892年7月、帝国大学法科大学法律学科(英法)を卒業。逓信省試補となり官房兼郵務局勤務。1893年7月、内務省に移り内務属となる。同年11月、社寺局神社課長に就任し、以後、内務省参事官奈良県参事官、奈良県警察部長、鳥取県警察部長などを歴任。

1897年3月、文部省に転じ参事官に就任。1899年5月、文部省から教育行政法の研究のため派遣されヨーロッパに留学。1901年に帰国し、同年7月、兼文部省書記官となる。以後、総務局会計課長、専門学務局長、兼文部次官心得、文部次官、兼専門学務局長などを務め、1916年10月に退官した。

退官後の1916年10月5日、貴族院議員に勅選され[1]同成会に属し死去するまで在任した。1917年10月、第3代東北帝国大学総長、1922年11月、第14代学習院長に就任。1924年8月、帝国美術院長となり1931年11月まで務めた。また1929年10月、学習院長退任にともない宮中顧問官となった。

人物[編集]

1911年2月から4月まで続いた 夏目漱石のいわゆる文学博士学位授与問題で、政府側における責任者の地位にあったのが、当時文部省専門学務局長の任にあった福原であった(漱石から福原への書翰も残されている[2])。

親族[編集]

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

著作[編集]

  • 「美術審査と展覧会」(国民教育奨励会編纂 『教育五十年史』 民友社、1922年10月 / 国書刊行会〈明治教育古典叢書〉、1981年4月 / 日本図書センター、1982年1月)
  • 『蘇洲詩存』 福原吉野、1932年3月 / 寺岡富士、1985年6月
著書

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1256号、大正5年10月6日。
  2. ^ 『漱石全集』第16巻(1967年、岩波書店)
  3. ^ 『官報』第7020号、「叙任及辞令」1906年11月21日。
  4. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。
  5. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  6. ^ 『官報』第1038号「叙任及辞令」1916年1月20日。
  7. ^ 『官報』第1258号「叙任及辞令」1916年10月9日。
  8. ^ 『官報』第1276号「叙任及辞令」1916年11月1日。
  9. ^ 『官報』第996号「叙任及辞令」1915年11月26日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 『日本史大事典』第5巻、平凡社、1993年。

関連文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
黒田清輝
日本の旗 帝国美術院院長
1924年 - 1931年
次代:
正木直彦
先代:
美術審査委員会委員長
武井守正
日本の旗 帝国美術院美術展覧会審査委員長
1919年 - 1923年
美術審査委員会委員長
1917年 - 1919年
次代:
(委員長廃止)
先代:
岡田良平
日本の旗 文部次官
1911年 - 1916年
次代:
田所美治
先代:
山川健次郎
日本の旗 教員検定委員会会長
1913年 - 1916年
次代:
田所美治
先代:
次官
木場貞長
日本の旗 文部次官心得
1906年
次代:
次官
澤柳政太郎
学職
先代:
所長
北里柴三郎
日本の旗 伝染病研究所長事務取扱
1914年 - 1915年
次代:
所長
青山胤通
先代:
(新設)
日本の旗 九州帝国大学工科大学長事務取扱
1911年
次代:
学長
中原淳蔵