北条時敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 北条時敬
  • 北條時敬
北条 時敬
ほうじょう ときゆき
HOJO Tokiyuki.jpg
生年月日 (1858-05-06) 1858年5月6日安政5年3月23日
出生地 加賀国金沢(現・石川県金沢市
没年月日 (1929-04-27) 1929年4月27日(70歳没)
出身校 東京大学理学部
所属政党 同和会
称号 正三位勲二等

選挙区勅選議員
在任期間 1920年6月2日[1] - 1929年4月27日
テンプレートを表示

北条 時敬(ほうじょう ときゆき、1858年5月6日安政5年3月23日) - 1929年昭和4年)4月27日)は明治時代から大正時代にかけての日本教育者廓堂

旧制山口高等学校山口大学の前身の一つ)、第四高等学校金沢大学の前身の一つ)、広島高等師範学校広島大学の前身の一つ)校長、東北帝国大学東北大学の前身)総長、学習院長貴族院議員を歴任した。

経歴[編集]

加賀国金沢(現・石川県金沢市池田町)に金沢藩士の次男として生まれる。幼名は粂次郎(くめじろう)。鎌倉北条氏の末裔と称する。

石川県専門学校の教師を経て、山口高等学校第四高等学校広島高等師範学校の各校長を歴任の後、東北帝国大学総長、学習院長に就任。

大正9年(1920年)には宮中顧問官になり、貴族院議員にも選出された。

昭和4年(1929年)4月27日、肝臓癌で死去。享年71。

エピソード[編集]

略歴[編集]

栄典[編集]

北条時敬

著作[編集]

編書

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2350号、大正9年6月3日。
  2. ^ 『官報』第232号、大正2年5月10日。
  3. ^ 『官報』第2545号「叙任及辞令」1891年12月22日。
  4. ^ 『官報』第6450号「叙任及辞令」1904年12月28日。
  5. ^ 『官報』第6902号「叙任及辞令」1906年7月3日。
  6. ^ 『官報』第7874号「叙任及辞令」1909年9月21日。
  7. ^ 『官報』第8105号「叙任及辞令」1910年6月29日。
  8. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

関連文献[編集]

  • 『北条時敬先生』 尚志同窓会、1929年10月
  • 廓堂先生年譜後附」(前掲 『廓堂片影』)
    • 後掲 『北条先生の訓言』
  • 西晋一郎北条先生の訓言広島文理科大学尚志会、1936年10月
  • 木佐貫重元著 『北条時敬先生』 石川県思想問題研究会ほか〈郷土先賢叢書〉、1938年5月
  • 北条文庫目録金沢大学附属図書館〈金沢大学附属図書館目録叢刊〉、1976年1月
  • 上杉知行著 『偉大なる教育者 北条時敬先生』 北国出版社、1978年8月
  • 唐沢富太郎 「北条時敬 : 気骨の教育者、広島高師初代の校長」(唐沢富太郎編著 『図説 教育人物事典 : 日本教育史のなかの教育者群像 中巻』 ぎょうせい、1984年4月)
    • 唐沢富太郎著 『唐沢富太郎著作集 第5巻 教師の歴史 典型的教師群像』 ぎょうせい、1989年7月、ISBN 4324016267
  • 松本晧一著 『宗教的人格と教育者』 秋山書店、2014年4月、ISBN 9784870236417
  • 丸山久美子著 『双頭の鷲 : 北條時敬の生涯』 工作舎、2018年4月、ISBN 9784875024934

関連項目[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
校長心得
今井省三
日本の旗 第四高等学校長
1898年 - 1902年
次代:
吉村寅太郎
先代:
岡田良平
日本の旗 山口高等学校長
1896年 - 1898年
校長心得
1896年
次代:
校長心得
土井助三郎
先代:
校長
武部直松
石川県専門学校長心得
1888年
次代:
(廃止)