高柳真三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高柳 真三(たかやなぎ しんぞう、1902年5月12日 - 1990年1月4日)は、日本の法制史学者、東北大学名誉教授。 石川県出身。東京帝国大学法学部卒。1941年東北帝国大学教授。1958年、東北大学法学部長。1966年、定年退官、名誉教授、盛岡短期大学学長。東北学院大学教授。1976年日本学士院会員。日本法制史。

著書[編集]

  • 明治初年に於ける家族制度改革の一研究 妾の廃止 巌翠堂書店 1941
  • 徳川時代刑法の概観 司法省調査部 1942(司法資料)
  • 日本法制史 第1-2 1949-65(有斐閣全書)
  • 明治前期家族法の新装 有斐閣 1987.8
  • 江戸時代の罪と刑罰抄説 有斐閣 1988.12
  • 高柳真三遺文集 追想のために / 高柳洋吉編 1991.11

共編著[編集]

記念論集[編集]

参考[編集]

  • 日本人名大辞典