服藤弘司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

服藤 弘司(はらふじ ひろし、1921年 - 2005年7月)は、法制史学者、東北大学名誉教授。 九州帝国大学卒、金沢大学法文学部助教授、67年東北大学法学部助教授、教授、85年定年退官、名誉教授。東海大学教授。近世武家法が専門。

著書[編集]

  • 幕府法と藩法 創文社 1980.2 (幕藩体制国家の法と権力 ; 1)
  • 大名預所の研究 創文社 1981.2 (幕藩体制国家の法と権力 ; 2)
  • 相続法の特質 創文社 1982.2 (幕藩体制国家の法と権力 ; 5)
  • 刑事法と民事法 創文社 1983.2 (幕藩体制国家の法と権力 ; 4)
  • 大名留守居の研究 創文社 1984.2 (幕藩体制国家の法と権力 ; 3)
  • 地方支配機構と法 創文社 1987.1 (幕藩体制国家の法と権力 ; 6)
  • 『公事方御定書』研究序説 『寛政刑典』と『棠蔭秘艦』収録『公事方御定書』 創文社 2010.6

共編著[編集]

  • 幕末御触書集成 全6巻別巻 石井良助共編 岩波書店 1992-97
  • 三奉行問答 創文社 1997.9 (問答集)
  • 火附盗賊改の研究 史料編 創文社 1998.5
  • 藩法史料叢書 2 金沢藩 創文社 2001.2
  • 御触書集成目録 石井良助共編 岩波書店 2002

記念論集[編集]

  • 日本法制史論纂 紛争処理と統治システム 服藤弘司先生傘寿記念論文集刊行会 創文社 2000.11

参考[編集]

  • 服藤弘司教授略歴・著作目録「法学」1985-02