創文社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
創文社
正式名称 株式会社創文社
現況 2020年令和2年)6月30日、出版事業休止。
出版者記号 423
取次コード 4226
法人番号 1010001021167 ウィキデータを編集
設立日 1951年昭和26年)11月3日
本社郵便番号 〒102-0083
本社所在地 東京都千代田区麹町2丁目6番7号
ネット販売 自社サイト
定期刊行物 PR誌『創文』(季刊、2016年秋号で終刊)
得意ジャンル 哲学宗教歴史東洋学人文科学);法律学法制史政治学経済史社会科学
関係する人物 久保井理津男(創業者)
外部リンク www.sobunsha.co.jp ※ 2020年(令和2年)7月閉鎖。
テンプレートを表示

創文社(そうぶんしゃ)は、かつて存在した日本の学術出版社哲学宗教歴史東洋学などの人文科学関係の専門書のほかに、法律学法制史政治学経済史など社会科学系も多く出版した。

概要[編集]

弘文堂の内紛により、当時社員だった久保井理津男[1]が、独立退社し1951年昭和26年)11月3日に創業した。

著名な刊行書目に、哲学・キリスト教思想関連ではトマス・アクイナス神学大全』、訳者の山田晶稲垣良典を主にキリスト教中世哲学研究、『ドイツ神秘主義叢書』、カール・ヤスパースの『哲学』3部作、『ハイデッガー全集』(全103巻予定で刊行中、東京大学出版会が引き継ぐ)など多数がある。

西洋史学・社会学の訳書ではアンリ・ピレンヌ『中世都市論集』、マルク・ブロックベネデット・クローチェマックス・ウェーバー等が〈歴史学叢書〉他で、東洋学中国文学研究は、主に(東洋学叢書)や(中国学芸叢書)で出版された。

月刊PR誌『創文』を1962年(昭和37年)8月より発刊していたが、2010年10月号で「小誌の持つ使命・役割は果しえたもの」とみなし、12月号にて終刊する事が告知された。2011年平成23年)より季刊として再発足した[2](第23号(2016年秋号)で終刊)。

2016年(平成28年)7月、国立大学の研究費(研究助成)削減などにより売り上げ減少が長年続き回復が見込めないことから、2020年令和2年)をめどに会社を解散するという内容の文書を関係者に配布、創文社解散を事前告知した。2017年(平成29年)3月「会社解散のお知らせ」が公式サイトにも掲載され、2020年(令和2年)3月を持って販売活動を終え、同年6月30日に解散した。

解散後[編集]

2019年(平成31年/令和元年)頃から、創文社公式サイト上で創文社出版物を他出版社で引き続き刊行する案内が断続的に掲載された。2020年(令和2年)6月、公式サイトに最後のお知らせとして、6月で解散する創文社既刊の全書籍権利者の同意あるもの、他社で刊行が決まっている書籍を除く。)が、講談社より「創文社POD叢書(仮)」シリーズとしてプリント・オンデマンド(POD)出版や、電子書籍の形で刊行されることが発表された[3]

約半数が刊行済みの『ハイデッガー全集』は、東京大学出版会が刊行を引き継ぐことが決まった[4]。同会は2020年度内にも2 ~ 3冊を刊行、来年度以降も同ペースで進めていくとしている[4]

関連項目[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2002年平成14年)に久保井自身により、回想と社史を兼ねた『一出版人が歩いた道』(非売品)が出版された。
  2. ^ 創文社/PR誌『創文』 ※ 2020年(令和2年)7月閉鎖。
  3. ^ 創文社の全書籍が絶版免れる 講談社がオンデマンド形式で出版へ”. 東京新聞 (2020年7月2日). 2020年9月30日閲覧。
  4. ^ a b 硬派の学術出版社が解散 大手が異例の「丸ごと引き継ぎ」を決めたワケ”. Sankei Biz (2020年8月14日). 2020年9月30日閲覧。

外部リンク[編集]