石井良助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

石井 良助(いしい りょうすけ、1907年明治40年)12月14日[1] - 1993年平成5年)1月12日[2])は、日本法制史学者。勲二等旭日重光章文化功労者文化勲章。贈従三位 勲一等瑞宝章(没時陞叙)。

来歴[編集]

東京府(現在の東京都大田区)生まれ。東京府立第一中学校第一高等学校[3]東京帝国大学法学部法律学科卒業[4]後の1930年(昭和5年)に東大助手に採用される。2年後に助教授[5]。1937年(昭和12年)には 論文「中世武家不動産訴訟法の研究」で東京帝国大学から法学博士を受ける[6][7]。1942年(昭和17年)に教授就任[8]。1968年(昭和43年)に退官後は名誉教授となり、新潟大学人文学部、1970年(昭和45年)専修大学法学部、1979年(昭和54年)創価大学法学部の各教授として教鞭を執る。

徳川禁令考』『藩法集』等の史料収集・編集・刊行を初め、近世法制史研究に多くの業績を残した。1970年(昭和45年)紫綬褒章、1977年(昭和52年)日本学士院会員、1978年(昭和53年)勲二等旭日重光章、1984年(昭和59年)文化功労者、1990年(平成2年)文化勲章。主著に『日本法制史概説』等。満85歳没。

主な著作[編集]

  • 『中世武家不動産訴訟法の研究』(弘文堂書房、1938年)
  • 『日本法制史概説』(弘文堂、1948年)
  • 『日本不動産占有論 中世における知行の研究』(創文社、1952年)
  • 『天皇 天皇統治の史的解明』(弘文堂、1952年)
  • 『日本史概説』(創文社、1953年)
  • 大化改新鎌倉幕府の成立』(創文社、1958年)
  • 『江戸時代漫筆 江戸の町奉行その他』(井上書房、1959年)
  • 『江戸時代漫筆 江戸の遊女その他 続』(井上書房、1961年)
  • 『江戸時代漫筆 第3(ばくちその他)』(井上書房、1963年)
  • 『はん』(学生社、1964年)
  • 『江戸の刑罰』(中公新書、1964年)
  • 『江戸時代漫筆 人殺・密通その他 第4』(井上図書、1964年)
  • 『江戸の離婚 三行り半と縁切寺』(日本経済新聞社(新書)、1965年)
  • 吉原 江戸の遊廓の実態』(中公新書、1967年)
  • 『江戸時代漫筆 第5(将軍の生活その他)』(自治日報社、1967年)
  • 『江戸町方の制度』(人物往来社、1968年)
  • 『江戸時代漫筆 第6 商人と商取引』([治日報社出版局、1971年)
  • 『江戸時代漫筆 第7 江戸の離婚』(自治日報社出版局、1971年)
  • 『略説日本国家史』(東京大学出版会、1972年)
  • 『日本婚姻法史』(創文社、1977年)
  • 『日本団体法史』(創文社、1978年)
  • 『近世関東の被差別部落』 (明石書店、1978年)
  • 『民法典の編纂』(創文社、1979年)
  • 『日本相続法史』(創文社、1980年)
  • 『家と戸籍の歴史』(創文社、1981年)
  • 『近世取引法史』(創文社、1982年)
  • 『天皇 天皇の生成および不親政の伝統』(山川出版社、1982年、のち講談社学術文庫、2011年)
  • 『近世民事訴訟法史 正続』(創文社、1984-1985年)
  • 『日本刑事法史』(創文社、1986年)
  • 『江戸の賤民』(明石書店、1989年)
  • 『江戸時代土地法の生成と体系』(創文社、1989年)
  • 『印判の歴史』(明石書店、1991年)
  • 『刑罰の歴史』(明石書店、1992年)
  • 『日本の歴史を読み解く 法制史家がみた歴史の光と影』(明石書店、1993年)
  • 『女人差別と近世賤民』(明石書店、1995年)
  • 『吉原 公儀と悪所』(明石書店、2012年)ISBN 978-4-7503-3711-1

記念論集[編集]

  • 『石井良助先生還暦祝賀法制史論集』(滋賀秀三、平松義郎編)(創文社、1976年)

参考文献[編集]

  • 署名なし「石井良助先生略歴および主要著書」、『創文』第342号、創文社1993年、 1-3頁。

脚注[編集]

外部リンク[編集]