滋賀秀三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

滋賀 秀三(しが しゅうぞう、1921年(大正10年)5月1日 - 2008年(平成20年)2月25日)は、日本の東洋史学者法制史学者。

山口県出身。東京帝国大学卒。1959年東京大学法学部教授。62年「中国家族法の原理」で東大法学博士。69年「中国家族法の原理」で日本学士院賞受賞。82年定年退官、名誉教授千葉大学教授。87年退任。94年日本学士院会員。中国法制史専攻。

著書[編集]

  • 『中国家族法論』弘文堂、1952
  • 『中国家族法の原理』創文社、1967
  • 『清代中国の法と裁判』創文社、1984
  • 『中国法制史 基本資料の研究』編 東京大学出版会、1993
  • 『中国法制史論集 法典と刑罰』創文社、2003
  • 『続・清代中国の法と裁判』創文社、2009
翻訳

参考[編集]

外部リンク[編集]