石津照璽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石津 照璽(いしづ てるじ、1903年2月26日 - 1972年6月6日)は、日本の宗教哲学者。

略歴[編集]

山口県美祢郡大田村(現美祢市)出身。旧姓は秋里。1926年東京帝国大学文学部宗教学宗教史学科卒。東大副手、1931年日本大学講師を経て、1938年東北帝国大学法文学部助教授、1943年教授、東北大学文学部教授、1960年文学部長、1963年東北大学学長を務めた。1966年定年退官、名誉教授、慶応義塾大学教授、駒澤大学教授を務めた。1956年から四期日本宗教学会会長。1954-1967年日本学術会議会員、同第一部長。1960年国際宗教学宗教史学会副会長[1]東亜大学の創立に参加した。門下に板橋興宗がいる。

著書[編集]

  • 『東洋復興 新世界觀の要求』 (教學新書) 目黒書店 1943
  • 『天台実相論の研究 存在の極相を索めて』弘文堂書房 1947
  • 『宗教的人間』培風館 1951
  • 『宗教哲学の問題と方向』弘文堂 1953
  • 『宗教経験の基礎的構造』創文社 1968
  • 『宗教哲学の場面と根底』創文社 1968
  • キェルケゴール研究』創文社 1974
  • 『宗教哲学研究』創文社 1980

脚注[編集]