佐藤昌介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤昌介
Sato Shosuke.jpg
生誕 1856年12月21日安政3年11月24日
岩手県花巻市
死没 (1939-06-05) 1939年6月5日(82歳没)
職業 北海道帝国大学初代総長、農学博士
配偶者 稲田ヤウ

佐藤 昌介(さとう しょうすけ、1856年12月21日安政3年11月24日) - 1939年昭和14年)6月5日)は、北海道帝国大学初代総長。日本初の農学博士のひとり。岩手県花巻市出身。

略歴[編集]

北海道大学構内に位置する、佐藤昌介像

大学校 (1869年)#大学南校東京英語学校(ともに現・東京大学)に学んだ後、札幌農学校(現・北海道大学)に第1期生として進学。ウィリアム・スミス・クラークに学んだ。大学卒業後、札幌農学校助手に就任。1882年には自費で渡米し、ホートン農場で農業技術を習得したほか、ニューヨーク在勤総領事の紹介により農商務省御用掛りに就任した。その後はアメリカ合衆国メリーランド州にあるジョンズ・ホプキンス大学でおよそ2年間、経済学者のR・T・イリーらにより指導を受けた。イリーはドイツ歴史学派に影響を受けた保護貿易論者であり、彼の教えを受けた佐藤が農学校にドイツ的農学・経済学を持ち帰ったことから、それまで英米風の大農経営と畑作を重視していた農学校の学風が、中小農経営・米作中心の農学へと転換していく結果になった。1886年、札幌農学校教授となる。1894年、札幌農学校校長に就任。新渡戸稲造らと共に1899年、日本で初めて農学博士の称号を授与された。1907年東北帝国大学農科大学学長に就任。1910年12月までは東北帝国大学の総長の職務も代行した。1918年、同農科大学が北海道帝国大学へと移行するのに合わせ、同帝国大学の総長に就任した。

事実上の単科大学であった札幌農学校を帝国大学へと昇格させるために尽力した人物であり、「北大育ての親」とも呼ばれている。1926年旭日大綬章を受章。1928年には男爵を授爵。1932年、北海道大学構内に佐藤昌介の功績を称え、胸像が完成した。製作者は北海道出身の彫刻家、加藤顕清である。しかし、その後1943年第二次世界大戦下における金属類回収令の影響により胸像は回収された。同じく同大学構内にあるクラーク像も回収されている。その後1939年に病死。現在構内に位置する胸像は1956年に新しく建設されたものである。この「佐藤昌介像」は、「北区歴史と文化の八十八選」に選定されている。


佐藤・新渡戸記念寮

北大からやや離れた場所に佐藤昌介・新渡戸稲造を記念した寮も建てられている。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第5548号「叙任及辞令」1901年12月28日。
  2. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  3. ^ 『官報』第1260号「叙任及辞令」1916年10月11日。
  4. ^ 『官報』第3559号「叙任及辞令」1924年7月4日。
  5. ^ 『官報』第3565号「叙任及辞令」1924年7月11日。
  6. ^ 『官報』第4113号「叙任及辞令」1926年5月12日。
  7. ^ 『官報』号外「授爵・叙任及辞令」1928年11月10日。
  8. ^ 『官報』第3724号「叙任及辞令」1939年6月7日。
  9. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』上巻、682頁。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
佐藤(昌介)家初代
1928年 - 1939年
次代:
佐藤昌彦