中川元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかがわ はじめ
中川 元
Mr. Hajime Nakagawa, director of the Second Higher School.jpg
第二高等学校長時代の肖像
生誕 (1852-01-07) 1852年1月7日嘉永4年12月16日
信濃国伊那郡飯田城下(現・長野県飯田市
死没 (1913-09-28) 1913年9月28日(61歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 教育者官僚
肩書き 従三位勲二等

中川 元(なかがわ はじめ、1852年1月7日嘉永4年12月16日) - 1913年9月28日)は明治時代日本教育者文部官僚第四高等中学校金沢大学の前身の一つ)、第五高等学校熊本大学の前身の一つ)、第二高等学校東北大学の前身の一つ)、仙台高等工業学校東北大学工学部の前身の一つ)の校長を歴任した。旧名・孫一郎、は槐陰。

経歴[編集]

信濃国飯田城下に信濃飯田藩士中川逸山の長男として生まれる。1871年藩の貢進生に選ばれ大学南校に進み、フランス語を学ぶ。1874年文部省に出仕し、外国語学校教授に任じられ、フランスに留学。

1881年帰国し、文部省普通学務局書記官視学官文部大臣秘書官等をへて参事官となる。1891年第四高等中学校1893年第五高等中学校1900年第二高等学校校長、1911年仙台高等工業学校を歴任した。

1912年11月18日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[1]。その他、師範学校条令取調委員、文部省予算説明調査委員等を務めた。

栄典[編集]

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第92号、大正元年11月19日。
  2. ^ 『官報』第578号「賞勲叙任」1885年6月6日。
  3. ^ 『官報』第4051号「叙任及辞令」1896年12月28日。

参考文献[編集]

  • 塚原嘉藤編 『中川元先生記念録』 故中川先生頌徳謝恩記念資金会、1918年3月
  • 赤羽篤ほか編 『長野県歴史人物大事典』 郷土出版社、1989年7月、ISBN 4876631263

関連文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
中川謙二郎
日本の旗 仙台高等工業学校長
1911年 - 1912年
校長事務取扱
1910年 - 1911年
次代:
東北帝国大学附属工学専門部主事
神谷竜彦
先代:
菊池謙二郎
日本の旗 第二高等学校長
1900年 - 1911年
次代:
三好愛吉
先代:
第五高等中学校長
嘉納治五郎
日本の旗 第五高等学校長
1894年 - 1900年
第五高等中学校長
1893年 - 1894年
次代:
桜井房記
先代:
柏田盛文
日本の旗 第四高等中学校長
1891年 - 1893年
次代:
大島誠治