黒川利雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

黒川 利雄(くろかわ としお、1897年1月15日 - 1988年2月21日)は、臨床医学研究者。東北大学医学部教授学部長を務めた。同大学第10代総長。専門は内科学消化器病学、特に胃がん診断学。財団法人宮城県対がん協会を設立し、日本初のがん集団検診(胃がん)を行った。医学博士。正三位北海道三笠市(旧空知郡三笠山村大字幾春別)出身。子息に黒川雄二

略歴[編集]

  • 1914年大正3年) 北海中学校卒業、第二高等学校第三部医科入学
  • 1922年(大正11年) 東北帝国大学医学部卒業、同医学部山川内科入局
  • 1927年昭和2年) 東北帝国大学医学部助教授。
  • 1930年(昭和5年) ウィーン大学で、消化管レ線診断学研鑽
  • 1941年(昭和16年) 東北帝国大学教授、内科学第3講座担当、尚仁会初代会長
  • 1943年(昭和18年) 汪兆銘(汪精衛)主席治療のため、中華民国(南京政府)出張[1]
  • 1948年(昭和23年) 東北大学医学部長
  • 1954年(昭和29年) 日本学術会議委員
  • 1957年(昭和32年) 東北大学総長
  • 1958年(昭和33年) (財)宮城県対がん協会会長
  • 1963年(昭和38年) 東北大学総長退任、東北大学名誉教授、(財)癌研究会付属病院長、東京尚仁会(東北大学医学部第三内科同窓会支部)初代会長
  • 1964年(昭和39年) 仙台市名誉市民
  • 1965年(昭和40年) 日本学士院会員
  • 1967年(昭和42年) 講書始の儀に「胃ガンについて」をご進講。勲一等瑞宝章。宮城県成人病センター初代院長。
  • 1968年(昭和43年) 文化勲章文化功労者
  • 1973年(昭和48年) (財)癌研究会付属病院名誉院長。東京都公安委員。
  • 1974年(昭和49年) 勲一等旭日大綬章
  • 1976年(昭和51年) 尚志会会長(旧制第二高等学校同窓会)
  • 1983年(昭和58年) 東京都名誉市民
  • 1984年(昭和59年) 山上に山あり 医道62年(黒川利雄自伝)刊行。財団法人成人病予防協会会長
  • 1986年(昭和61年) 日本学士院院長
  • 1988年(昭和63年) 逝去、享年91。正三位。三笠市名誉市民
  • 1989年平成元年) (公財)宮城県対がん協会に「黒川利雄がん研究基金」創設
  • 1991年(平成3年) (公財)宮城県対がん協会及び三笠市立博物館に「黒川利雄記念室」開設。

著書一覧[編集]

  • 「消化管ノレントゲン診断」 山川章太郎・黒川利雄 金原書店 1936
  • 「模範看護学 上中下」 黒川利雄 南山堂 1937
  • 「レントゲン学的にみた胃ガン診断」 山川章太郎・黒川利雄 克誠堂出版 1939
  • 「消化管のレントゲン診断」 黒川利雄 中山書店 1949
  • 「下痢と便秘」 黒川利雄等 診断と治療社 1955
  • 「レ線像による消化管診断集成 上・下巻 」黒川利雄 中山書店 1956
  • 「消化器病学」 黒川利雄 南山堂 1959
  • 「肝臓をめぐる最近の諸問題」 黒川利雄 文理図書出版社 1960
  • 「生誕百年記念 晩翠先生と夫人 資料と思い出」 黒川利雄編 私家版 1961
  • 「理学的診断の要点」 黒川利雄等 診断と治療社 1963
  • 「新陳代謝疾患の治療並びに適応処方」 黒川利雄、増田久之 金原出版 1964
  • 「新しい診療(1965年版)」 黒川利雄、武藤完雄監修 金原出版 1965 
  • 「早期胃癌診断集成」 黒川利雄 中山書店 1966
  • 「晩翠先生校歌集」黒川利雄私家版 1967
  • 「胃と胃ガンを語る」 黒川利雄 主婦の友社 1969
  • 「ガンを語る」 黒川利雄 民主教育協会 1969
  • 「晩翠先生と夫人」 黒川利雄私家版 1971
  • 「わかりやすいガンのはなし」黒川利雄、古江 尚 同文書院 1972
  • 「医聖名言集」 黒川利雄、小川鼎三、高橋功 メジカルビュー社 1973
  • 「現代診断検査法大系 主要症候鑑別」 黒川利雄 中山書店 1973
  • 「X線像による消化管診断学」 黒川利雄 中山書店 1977
  • 「汪精衛氏を想う」 黒川利雄 学士会月報 1978
  • 「長生きしよう」 黒川利雄 (株)マルホ 1978 
  • 「中年からの健康管理」 黒川利雄 にっかん書房 1980
  • 「消化器疾患の治療薬剤」 黒川利雄監修 クリニックマガジン 1981
  • 「がん制圧のとき」 黒川利雄 産報出版 1981
  • 「癌の研究」黒川利雄監修 同文書院 1983
  • 「よくわかる脳死・臓器移植一問一答] 黒川利雄監修 合同出版 1985
  • 「わかりやすいガン教室―正しい知識と予防・治療のすべて」 黒川利雄 同文書院 1987
  • 「現代病理学大系1 病理学序説;疾病とは」 黒川利雄 飯島宗一編 中山書店 1995

関連資料一覧[編集]

  • 「三笠山大観 皇紀二千六百年版」由良新聞 1939 
  • 「山川先生追悼録」山川内科同窓会 1941
  • 「日本名醫傳」杉村顕道 1953
  • 「徳川夢声対談集 問答有用第12巻」朝日新聞社 1961
  • 「日本の名医」永松正夫 ぺりかん社 1964
  • 「消化器病臨床のために 黒川利雄教授記念論文集」 黒川教授退官記念会 昭学社 1964
  • 「尚仁会誌 16 黒川教授退官記念特集号」尚仁会 1965
  • 「誤診百話 第三巻」杏文堂 1965
  • 「苦心した診断体験集」佐々簾平編 南山堂 1965
  • 「NHK放送 人生読本 1」国民思想社 1966[2]
  • 「十年の歩み」宮城県対がん協会 1968
  • 「カイコだけが絹を吐く」扇谷正造 雷鳥社 1970
  • 「医学を考える」水野 肇 潮出版社 1972
  • 「黒川利雄 その人と思想」松岡英宗編(社)生命科学振興会 1975
  • 「ともしび求めて ガンとの戦い」 河北新報社編集局報道部 河北新報社 1976[3]
  • 「天は東北」河北新報社編 1977
  • 「水野肇対談集 明日の医学」水野肇 クリニックマガジン 1978
  • 「山上に山あり 医道62年 黒川利雄自伝」河北新報社 1979
  • 「荒城の月 私記」大泉きよ 宝文堂 1979
  • 「胃を切った人の養生学」熊谷洋 三洋パブリケーション 1981
  • 「日本の名医たち」水野肇 新潮社 1983
  • 「艮陵百十年」東北大学医学部同窓会 1983
  • 「名誉都民小伝」東京都生活文化局 1984
  • 「旧制中学物語 さっぽろ文庫30」札幌市教育委員会 1984
  • 「続々遍歴」桂重鴻 日本医事新報社 1984
  • 「生涯現役」梅田幸雄 協和企画 1985[4]
  • 「艮陵の教授たち 東北大学における医学教育の源流」桜井実 金原出版 1986[5]
  • 「宮城のお医者さん」読売新聞社東北総局編 宝文堂 1986
  • 「対談 いのちと心」日野原重明 中央法規 1987
  • 「21世紀への直言 地球人にとどけ尚志のこころ」二高尚志同窓会 講談社 1987
  • 「第二高等学校尚志同窓会;黒川会長追悼特集号」尚志会報 第33号 1988
  • 「黒川利雄先生追悼集」尚仁会(東北大学医学部第三内科同窓会)編 1988
  • 「いのち尊し 創立30周年記念誌」(財)宮城県対がん協会 1988
  • 「がんけん」 財団法人癌研究会 No.2  1988
  • 「癌研究会七十五年史」 財団法人癌研究会 1989
  • 「いのち尊し 黒川利雄先生の生涯」 NHK・東京尚仁会編 VHSビデオ カラー90分 1990
  • 「黒川利雄先生 追悼特集号」 道交 第7号 財団法人道交会 1990
  • 「仙台市名誉市民事績書」仙台市 1995
  • 「艮陵同窓会百二十年史」東北大学医学部艮陵同窓会 1998
  • 「長寿のこころ」社団法人エイジング研究センター ぎょうせい 1988[6]
  • 「慈心妙手 黒川利雄先生のご業績 その回顧と現代における意義」黒川利雄先生業績集編纂委員会編 中山書店 1999
  • 「一語一会」保坂正康 清流出版 2000[7]
  • 「春華秋実 糖尿病と消化器病」 豊田隆謙 私家版 2000
  • 「山嶺は彼方に」真田松郎 私家版 2001 [8]
  • 「戦い好まば国亡び戦い忘れなば国危うし」三浦朱門編 光文社 2001[9]
  • 「続 新三笠市史」三笠市史編纂委員会 三笠市 2001
  • 「吉田富三先生 人とその思想」吉田富三生誕100年記念事業委員会 2003
  • 「随処に主となる」神津康雄 国書刊行会 2006 [10]
  • 「東北大学創立100周年記念事業 東北大学100年 学び究めて」河北新報社編 東北大学出版会 2008
  • 「東北大学入学式告辞 昭和36・38年度」CD 東北大学史料館 2008
  • 「東北大学卒業式告辞 昭和33・34年度」CD 東北大学史料館 2008
  • 東北大学記念講堂落成式式辞 昭和35年10月」CD 東北大学史料館 2008
  • 「がんと闘って 創立50周年記念誌」財団法人 宮城県対がん協会 2008
  • 「癌研究会百年史」 財団法人癌研究会 2008
  • 「東北大学100年 学び究めて」東北大学創立100周年記念事業東北大学出版会 河北新報社編著 2008
  • 「昭和の名医15人 現代につなぐ医の心」 水野 肇 リベルタス・クレオ 2010 [11]
  • 「胃集団検診を始めた男たち」長谷川昭衛 私家版 2012

脚注[編集]

  1. ^ 黒川利雄「汪精衛を想う」、黒川雄二「汪兆銘に関する記録、黒川雄二」は、外部リンク(財)宮城県対がん協会を参照
  2. ^ 「天命と寿命」と題して三回に渡り放送した。
  3. ^ 主として、東北大学医学部関係者に聞いたガンの最新情報を72回連載したもの。黒川利雄は序文の他、木村国立がんセンター副院長、佐分利厚生省公衆衛生局長との座談会をしている。
  4. ^ 「最後の瞬間まで臨床医でありたい」と題する黒川の記事を含む
  5. ^ 「マホメットをも招く-名医と呼ばれるには-」と題する黒川の記事を含む。
  6. ^ 長寿をとげた人々との懇談会記録で、黒川の「無理をせず生きる」を含む。
  7. ^ 著者のインタビュー記事を含む
  8. ^ 著者は、宮城県対がん協会の事務局長として、長年黒川利雄会長を支えこの自伝中でその人間に触れている。
  9. ^ 防衛大学校の卒業祝辞集で、黒川の「人間の英知は人名の尊重から」(1980)を含む。
  10. ^ 著者は、東北大学医学部卒、黒川内科医局員、その後東京尚仁会幹事として長年の親交があった。
  11. ^ 著者は、黒川利雄と生前親交が極めて深く、これまでにも多くの著書で解説している。

外部リンク[編集]