井上明久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井上明久
2009年、駐日米国大使館にて
2009年、駐日米国大使館にて
人物情報
生誕 (1947-09-13) 1947年9月13日(70歳)[1][2]
兵庫県姫路市[3][1]
出身校 東北大学[4][5]姫路工業大学[5]
学問
研究分野 金属物性、無機材料・物性、構造・機能材料[6]
研究機関 東北大学[4][5]
主な業績 金属ガラス
学会 日本金属学会[6]日本学士院[7][5]全米技術アカデミー[8]
主な受賞歴 日本学士院賞[9]内閣総理大臣賞[10][5]James C. McGroddy Prize for New Materials英語版[11]、Acta Materialia, Gold Medal[5]Thomson Reuters Citation Laureates英語版, 1981-98[12]
テンプレートを表示

井上 明久(いのうえ あきひさ[1][2]1947年9月13日[1][2] - )は日本金属学者[1][2]東北大学第20代総長[13]、同総長特別顧問[14]。専門は金属物性、無機材料・物性、構造・機能材料[6]アモルファス合金金属ガラスに関する研究で知られるが研究不正が疑われている[5][15][16]

経歴と業績[編集]

姫路工業大学工学部金属材料工学科卒業[1][5]後、増本健の指導を受けて1975年3月に東北大学大学院工学研究科金属材料科学専攻博士課程を修了し、博士論文「鋼中セメンタイトの変形および破壊挙動に関する研究」で工学博士学位を取得[17][5]。1976年4月に東北大学金属材料研究所助手として着任[3]後、東北大学教授(1990年5月 -)[1][4][18][3]東北大学金属材料研究所第18代所長(2000年4月 - 2006年11月)[3][18][1][19]文部科学省科学官(2001年 - 2004年・併任)[20][5]、東北大学副学長(2005年4月 - 2006年11月)[4][18]、同総長(2006年11月[21] - 2012年3月)[13]を務めた[5]金属ガラスをはじめとする高機能な非平衡物質の精製方法を開拓しその産業化に指導的役割を果たした業績や、論文の総被引用数が1981年以降で1万4000回を超え、材料科学分野で世界最高水準にあることなどが評価され、2006年12月の日本学士院第1004回総会において第2部(自然科学部門)第5分科(工学)の会員に選定された[22][7]

東北大学総長としては、2007年3月に策定した「井上プラン2007」で同大学を世界のトップ30に入る「世界リーディング・ユニバーシティ」とする目標を掲げ[23][21][24][25]、任期中、2007年9月に文部科学省の「世界トップレベル研究拠点(WPI)プログラム」に採択[26][27]された原子分子材料科学高等研究機構の創設[25]、2008年のディスティングイッシュトプロフェッサー(卓越教授)制度の創設[28][25]、2009年7月の文部科学省の「国際化拠点整備事業(グローバル30)」への採択達成[29][30]、2010年にアジアで初めてヨーロッパ大学協会による大学評価を受ける[31][32]など、東北大学の国際化と研究体制の強化に取り組んだ[24][25]。2006年の総長室設置[33][21]、2008年の東北大学基金の創設[34]など、法人化された東北大学の経営体制と経営基盤の強化にも取り組んだ。

2002年に「過冷却金属液体の安定化とバルク金属ガラスの開拓」の功績により日本学士院から日本学士院賞を受賞[35][36][9]。「革新的金属材料『金属ガラス』を用いた産業用小型・高性能デバイスの開発」の功績により、2006年に第5回産学官連携功労者表彰並木精密宝石長野計器と共同で内閣総理大臣賞を受賞[10]。2009年にアメリカ物理学会から James C. McGroddy Prize for New Materials英語版 を受賞[11][5][37][38]。2010年にActa Materialia英語版から Acta Materialia, Gold Medal を受賞[5][39]

「不正行為」疑惑[編集]

井上は一部の論文に関して二重投稿やその他の不正行為の疑いを受けた[40][41][42][43][44]。2007年5月、井上の実験結果の一部に再現性がないと主張する匿名の告発文が文部科学省に送付され、同省は東北大学に調査を求めた。東北大学は理事の庄子哲雄を長とする委員会を設置して調査を行い、再現性があることを確認した[45][15]。2009年に日野秀逸大村泉らが井上の実験結果の捏造の可能性を指摘したが、検討にあたった東北大学の外部委員らは不正を疑うべき根拠がないと回答し[46]、井上は2010年7月までに名誉毀損で大村らを提訴[47]大村らは反訴した[48][49][44]。2011年6月、井上がApplied Physics Letters誌に投稿した論文が二重投稿にあたるとして同誌から取り下げられた[50][51][52][53]。それを含む井上を著者・共著者とする計7報が、二重投稿だったとして2012年までに取り下げられた[40]。これらの二重投稿について調査するため東北大学は2010年12月に有馬朗人を長とする調査委員会を設置した[54]。同委員会は2012年1月の報告書で二重投稿の事実を認めて井上に反省を求め[55][56][57][58]、井上はこれに従った[59]御園生誠を長とする科学技術振興機構の調査委員会は不適切な二重投稿の存在を認めた一方で、同機構が助成した「井上過冷金属プロジェクト[60]」の成果の主要な部分には影響しないと2012年3月に報告した[61][40]。井上はデータの捏造については2011年までに否定し[41][62]、二重投稿については事故や共著者との行き違いが原因だったと2012年に説明した[40]。井上の複数の論文に渡る同一資料写真の不自然な使い回しなどに関して科学技術振興機構が2012年までに調査を求めていた[62]のに応じて、東北大学が調査委員会の設置を決めたことが2013年3月に報じられた[63][64][65]

主著[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『20世紀日本人名事典 あ〜せ』 日外アソシエーツ2004年、288頁。ISBN 4-8169-1853-1
  2. ^ a b c d 『人物レファレンス事典 科学技術篇』 日外アソシエーツ2011年、54頁。ISBN 9780481923012
  3. ^ a b c d 総括責任者 井上明久氏の略歴等 「創造科学技術推進事業 新たに4つの研究プロジェクトを発足させる」、『科学技術振興事業団報告』 (科学技術振興事業団)第131号、2000年http://www.jst.go.jp/pr/report/report32/inoue.html 
  4. ^ a b c d プロフィール 「巻頭言」、『産学官連携ジャーナル』 (科学技術振興機構) 第2巻第12号、2006年6月ISSN 1880-4128http://sangakukan.jp/journal/center_contents/author_profile/inoue-a.html 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m Prof. Akihisa Inoue awarded 2010 Acta Materialia, Gold Medal”. ASM International英語版 (2009年11月4日). 2013年5月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月19日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 井上明久”. 東北大学研究者紹介. 東北大学. 2013年3月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月19日閲覧。
  7. ^ a b c d 会員個人情報 日本学士院”. 日本学士院. 2013年3月19日閲覧。
  8. ^ NAE Website - Dr. Akihisa Inoue”. 全米技術アカデミー. 2013年3月19日閲覧。
  9. ^ a b 恩賜賞・日本学士院賞・日本学士院エジンバラ公賞授賞一覧”. 日本学士院. 2013年3月19日閲覧。
  10. ^ a b 第5回産学官連携功労者表彰”. 内閣府 (2006年). 2013年3月19日閲覧。
  11. ^ a b James C. McGroddy Prize for New Materials”. アメリカ物理学会 (2009年). 2013年3月19日閲覧。
  12. ^ Japan's Citation Laureates, 1981-98”. トムソン・ロイター (2000年11月). 2008年10月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月5日閲覧。
  13. ^ a b 歴代総長|東北大学総長|大学概要|東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-”. 東北大学. 2013年3月23日閲覧。
  14. ^ 役員・主な役職者|東北大学について|大学概要|東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-”. 東北大学. 2013年3月19日閲覧。
  15. ^ a b 横田一 「東北大学井上総長に浮上する「不正論文」疑惑」、『ZAITEN』 第52巻第2号104-107頁、2008年2月http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I9316018-00 
  16. ^ トップダウン型研究不正の手法解明 ―捏造・アカハラ研究室でいかに生き残るか?東北大学金属材料研究所の例から学ぶ―原田英美子. 金属、86巻12号、2016年. 2017年1月15日閲覧
  17. ^ JAIRO|鋼中セメンタイトの変形および破壊挙動に関する研究”. 国立情報学研究所. 2013年3月19日閲覧。
  18. ^ a b c 「この人この時 キャンパス売却は今秋までに決断 東北大学 総長 井上明久氏」、『東北ジャーナル』 (建設新聞社)14-17頁、2010年6月ISSN 0917-9941http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I10723926-00 
  19. ^ 東北大学 金属材料研究所|金研とは|沿革”. 東北大学金属材料研究所. 2013年3月23日閲覧。
  20. ^ 東北大学総長 井上明久先生に聞く”. 関塾タイムス. 関塾 (2008年2月). 2013年3月23日閲覧。
  21. ^ a b c 「新春インタビュー 「知の経営体」に転換し世界トップレベルの大学に 東北大学 総長 井上明久氏」、『東北ジャーナル』 (建設新聞社)18-21頁、2007年1月ISSN 0917-9941http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I8634327-00 
  22. ^ “井上総長が日本学士院新会員に” (プレスリリース), 東北大学, (2006年12月13日), http://www.tohoku.ac.jp/japanese/news/oldnews/topics2006.12.html#20061213n 2013-19閲覧。 
  23. ^ 井上プラン(東北大学アクションプラン)”. 東北大学. 2007年12月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月23日閲覧。
  24. ^ a b 井上明久 (2011年). “世界リーディング・ユニバーシティに向けて”. 東北大学アニュアルレビュー2011. 2013年3月19日閲覧。
  25. ^ a b c d 井上明久 IDE大学協会 「世界リーディング・ユニバーシティへの離陸」、『IDE』第507号43-49頁、2009年1月ISSN 03890511NAID 40016397642http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I9760221-00publisher=IDE大学協会 [リンク切れ]
  26. ^ “文部科学省の世界トップレベル研究拠点プログラムに採択―国際高等原子分子材料研究拠点構想―” (プレスリリース), 東北大学, (2007年9月12日), http://www.tohoku.ac.jp/japanese/press_release/pdf2007/20070913_monbu.pdf 2013年3月19日閲覧。 
  27. ^ “世界トップレベル研究拠点プログラムの採択拠点の決定について” (プレスリリース), 文部科学省, (2007年9月12日), オリジナル2009年8月3日時点によるアーカイブ。, http://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/286794/www.mext.go.jp/b_menu/houdou/19/09/07091102.htm 2013年3月23日閲覧。 
  28. ^ “「卓越教授」に特別手当 東北大、4月から実施へ”. 共同通信. (2008年3月10日). http://www.47news.jp/CN/200803/CN2008031101000124.html 
  29. ^ “文部科学省 平成21年度国際化拠点整備事業(グローバル30)に採択” (プレスリリース), 東北大学, (2009年7月3日), http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2009/07/press.html 2013年3月19日閲覧。 
  30. ^ 採択拠点(概要・リンク)|大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業|日本学術振興会”. 日本学術振興会. 2013年3月23日閲覧。
  31. ^ 数字に見る東北大学”. 東北大学萩友会 (2010年11月). 2013年3月20日閲覧。
  32. ^ Tohoku University, Japan - Evaluation report (pdf)”. ヨーロッパ大学協会 (2010年1月). 2013年3月23日閲覧。
  33. ^ 井上明久 (2007年). “世界リーディング・ユニバーシティに向けて”. 東北大学 Annual Review 2007. 東北大学. pp. 3-4. 2013年3月23日閲覧。
  34. ^ 東北大学100周年記念事業”. 東北大学 Annual Review 2008. 東北大学. pp. 31-32 (2008年). 2013年3月23日閲覧。
  35. ^ 「工学博士井上明久氏の「過冷却金属液体の安定化とバルク金属ガラスの開拓」に対する授賞審査要旨」、『日本學士院紀要』 第57巻第2号47-52頁、2002年12月ISSN 03880036NAID 40006995254 
  36. ^ 「工学博士井上明久氏の「過冷却金属液体の安定化とバルク金属ガラスの開拓」に対する授賞審査要旨」『日本学士院授賞審査要旨集』10、日本学士院、2011年3月、95-100頁。NCID BB05837118
  37. ^ “井上 明久東北大学総長が米国物理学会「マックグラディ新材料賞」受賞” (プレスリリース), 東北大学, (2009年4月1日), http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2009/04/post-99.html 2013年3月19日閲覧。 
  38. ^ “米物理学会新材料賞に東北大総長・井上氏”. 河北新報. (2008年9月30日). http://www.47news.jp/CI/200809/CI-20080930-00166.html 
  39. ^ “井上明久東北大学総長がActa Materialia Gold Medalを受賞” (プレスリリース), 東北大学, (2010年3月26日), http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2010/03/achieve20100326-02.html 2013年3月23日閲覧。 
  40. ^ a b c d David Cyranoski (2012-03-14), “Japan fails to settle university dispute”, Nature 483 (7389), doi:10.1038/483259a, http://www.nature.com/news/japan-fails-to-settle-university-dispute-1.10225 
  41. ^ a b David Cyranoski (2011-02-23), “Faculty members in conflict with president of Japanese university”, Nature 470: 446-447, doi:10.1038/470446a, http://www.nature.com/news/2011/110223/full/470446a.html 
  42. ^ 姫田小夏 (2011年7月1日). “魯迅ゆかりの東北大学で研究不正疑惑に失望する中国人留学生たち”. ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社. 2013年3月19日閲覧。
  43. ^ STI Updates » 東北大における研究不正疑惑の予後(nature記事紹介)”. 科学技術振興機構 (2012年3月16日). 2013年3月23日閲覧。
  44. ^ a b 「英「nature」誌も注目する「東北大総長」の論文捏造疑惑」、『週刊新潮』 第56巻第11号47-48頁、2011年3月17日ISSN 04887484http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I10993470-00 (2011年3月17日号)
  45. ^ “井上総長にかかる匿名投書への対応” (プレスリリース), 東北大学, (2008年1月31日), http://www.tohoku.ac.jp/japanese/press_release/20071228.htm 2013年3月19日閲覧。 
  46. ^ “研究不正疑義に関する告発への対応について” (プレスリリース), 東北大学, (2009年11月29日), http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2009/11/press20091120-01.html 2013年3月19日閲覧。 
  47. ^ “「論文不正告発で名誉棄損」 東北大総長が提訴”. 河北新報. (2010年7月7日). オリジナル2010年7月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100710045514/http://www.kahoku.co.jp/news/2010/07/20100707t13015.htm 2013年3月25日閲覧。 
  48. ^ “学長側、教授側とも争う構え…東北大論文訴訟”. 読売新聞. (2010年9月10日). オリジナル2010年11月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101115052618/http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20100910-OYT8T00692.htm 2013年3月19日閲覧。 
  49. ^ “「名誉傷つけられた」教授グループが反訴へ 東北大総長論文”. 河北新報. (2010年8月25日). オリジナル2010年8月25日時点によるアーカイブ。. http://www.47news.jp/news/2010/08/post_20100825140840.html 2013年3月23日閲覧。 
  50. ^ A. Inoue and M. W. Chen and T. Sakurai and T. Zhang and J. Saida and M. Matsushita (2011-06-24), “Retraction: “Ductile quasicrystalline alloys” [Appl. Phys. Lett. 76, 967 (2000)”], Applied Physics Letters 98 (25), doi:10.1063/1.3601926, http://link.aip.org/link/?APL/98/259902/1 2013年3月19日閲覧。 
  51. ^ Tai Kawabata (2011年6月26日). “Top scientist in academic row”. The Japan Times. http://www.japantimes.co.jp/news/2011/06/26/national/top-scientist-in-academic-row/ 
  52. ^ “東北大総長また論文二重投稿 学士院賞受賞業績取り消し”. 朝日新聞. (2011年6月25日). オリジナル2011年6月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110628135023/http://www.asahi.com/national/update/0625/TKY201106250183.html 2013年3月23日閲覧。 
  53. ^ “東北大学長、論文二重投稿…学士院賞の作も”. 読売新聞. (2011年6月27日). オリジナル2011年6月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110630221732/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110627-OYT1T01023.htm 2013年3月23日閲覧。 
  54. ^ “研究者の公正な研究活動の確保に関する調査委員会(仮称)の設置について” (プレスリリース), 東北大学, (2010年12月24日), http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2010/12/press20101224-01.html 2013年3月19日閲覧。 
  55. ^ “研究者の公正な研究活動の確保に関する調査検討委員会報告書の公表について” (プレスリリース), 東北大学, (2012年1月24日), http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2012/01/press20120124-01.html 2013年3月19日閲覧。 
  56. ^ “東北大、学長論文の二重投稿認定 調査委報告を公表”. 共同通信. (2012年1月24日). http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012401002243.html 2013年3月23日閲覧。 
  57. ^ “東北大・井上学長が二重投稿、調査検討委が認定”. 読売新聞. (2012年1月25日). オリジナル2012年6月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120626145700/http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20120125-OYT8T00334.htm 2013年3月19日閲覧。 
  58. ^ “東北大総長の論文二重投稿 「不適切」調査委認定”. 河北新報. (2012年1月25日). オリジナル2012年1月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120127192730/http://www.kahoku.co.jp/news/2012/01/20120125t13021.htm 2013年3月23日閲覧。 
  59. ^ “Final say”, Nature 483 (7389), (2012-03-15), doi:10.1038/483246a, http://www.nature.com/nature/journal/v483/n7389/full/483246a.html 
  60. ^ ERATO 井上過冷金属プロジェクト”. 科学技術振興機構. 2013年3月19日閲覧。
  61. ^ 井上過冷金属プロジェクト研究成果確認調査報告書について”. 科学技術振興機構 (2012年2月17日). 2013年3月19日閲覧。
  62. ^ a b “A record made to be broken”, Nature 496 (7443), (2013-04-03), doi:10.1038/496005a, http://www.nature.com/news/a-record-made-to-be-broken-1.12702 
  63. ^ “東北大井上前総長 実験データも不正か 大学に調査依頼”. 河北新報. (2013年3月23日). http://www.kahoku.co.jp/news/2013/03/20130323t13027.htm 2013年3月23日閲覧。 
  64. ^ “3論文に同一写真? 東北大・井上前総長 近く調査委設置”. 河北新報. (2013年3月20日). http://www.kahoku.co.jp/news/2013/03/20130322t13010.htm 2013年3月23日閲覧。 
  65. ^ “ノーベル賞候補者に不正疑惑…東北大が正式調査へ”. テレ朝news. (2013年3月16日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000002101.html 2013年3月23日閲覧。 

外部リンク[編集]