宮崎礼壹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「宮﨑礼壹」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字(「﨑」)が含まれています(詳細)。
みやざき れいいち
宮﨑 礼壹
Reiichi Miyazaki 200609.jpg
内閣法制局長官就任に際して
公表された肖像写真
生誕 (1945-05-13) 1945年5月13日(74歳)
日本の旗 埼玉県
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学法学部卒業

宮﨑 礼壹(みやざき れいいち、1945年(昭和20年)5月13日 - )は、日本検察官の「﨑」は「山偏に竒」(いわゆる「たつさき」)であるがJIS X 0208に収録されておらず、の「壹」は「壱」の旧字体であるため、宮崎 礼壹(みやざき れいいち)、宮﨑 礼壱(みやざき れいいち)、宮崎 礼壱(みやざき れいいち)などと表記される場合もある。

内閣法制局総務主幹、内閣法制局第二部部長、内閣法制局第一部部長、内閣法制次長内閣法制局長官法政大学大学院法務研究科教授などを歴任した。

概要[編集]

埼玉県出身の検察官である[1][2]東京地方検察庁岡山地方検察庁札幌地方検察庁検事を務めた[1][2]。また、法務省においても、矯正局付の検事や刑事局参事官を務めた[2]。のちに内閣法制局に出向し[2]総務主幹を経て[1]、第二部や第一部の部長を務めるなど[1]、要職を歴任した。2004年には内閣法制次長に就任した[1]2006年には阪田雅裕の後任として内閣法制局長官に就任し[1]第1次安倍内閣から鳩山由紀夫内閣にかけて同職を務めた[3][4]。退職後は、法政大学大学院にて法務研究科教授を務めた。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1945年(昭和20年)5月13日に埼玉県にて生まれ[2][5]1950年(昭和25年)から東京都で暮らす[2]1964年(昭和39年) 東京都立日比谷高等学校卒業、1967年(昭和42年) 東京大学法学部4年次在学中に旧司法試験に合格した[1]

検察官、法制官僚として[編集]

卒業後は司法修習生を経て検察官となった[1][2]東京地方検察庁などで検事を務め[1][2]法務省刑事局では参事官も務めた[1][2]。のちに内閣法制局に移り[1][2]、第二部長、第一部長、内閣法制次長を歴任した後に[1]、2006年(平成18年)9月に第1次安倍内閣にて内閣法制局長官に就任した[1][3]。長官在任中、集団的自衛権の行使は違憲であるとの日本国憲法第9条に関する憲法解釈について、内閣総理大臣安倍晋三から解釈変更の指示を受けたが、職員の総辞職の可能性を示唆して抵抗し、阻止した[6]鳩山由紀夫内閣まで内閣法制局長官を務めたが、2010年(平成22年)1月15日に長官を辞職した[4][7]

政策・主張[編集]

平和安全法制
第1次安倍内閣、および、第1次安倍改造内閣の下で内閣法制局長官を務めた経験を持つが[3][8]第3次安倍内閣が推進する平和安全法制に対しては否定的である。
2015年6月22日衆議院平和安全法制特別委員会の参考人質疑において、安倍政権が提出した平和安全法制整備法案国際平和支援法案について「法案9条に違反し速やかに撤回すべきだ」[9]と批判した。さらに、日本における集団的自衛権の行使について「憲法9条のもとでは認められないのは日本で確立した憲法解釈だ」[9]と指摘したうえで「政府自身がこれを覆す法案国会に提出するのは、法的安定性を自ら破壊するものと言わなければならない」[9]と評している。なお、宮﨑の前任の内閣法制局長官である阪田雅裕も質疑に出席していたが、同様に法案の内容を批判した[9]

略歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 「略歴」『内閣法制局長官内閣官房内閣広報室
  2. ^ a b c d e f g h i j 「プロフィール」『内閣法制局長官内閣官房内閣広報室
  3. ^ a b c 「第90代第1次安倍内閣」『第1次安倍内閣内閣官房内閣広報室
  4. ^ a b 「第93代鳩山内閣」『鳩山内閣内閣官房内閣広報室
  5. ^ 「内閣法制局長官」『内閣法制局長官内閣官房内閣広報室
  6. ^ 「「法の番人」にも安倍色 法制局長官に小松氏」日本経済新聞2013/8/3
  7. ^ 宮崎内閣法制局長官辞任 讀賣新聞 2010年1月15日閲覧
  8. ^ 「第1次安倍内閣改造内閣」『改造内閣内閣官房内閣広報室
  9. ^ a b c d 「元法制局2長官、安保法案を批判――衆院特別委」『元法制局2長官、安保法案を批判 衆院特別委  :日本経済新聞日本経済新聞社2015年6月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
阪田雅裕
日本の旗 内閣法制局長官
第62代:2006年 - 2010年
次代:
梶田信一郎
先代:
阪田雅裕
日本の旗 内閣法制次長
2004年 - 2006年
次代:
梶田信一郎