日野正晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日野 正晴(ひの まさはる、1936年1月9日 – )は、日本法律家法学者。初代金融庁長官駿河台大学名誉教授。専門は刑事法金融法

来歴[編集]

1936年に宮城県で生まれる。1959年に東北大学法学部卒業後、同年に司法修習生となり、1961年に大阪地方検察庁検事に任官する。1978年に法務省入国管理局審判課長、1980年に東京地方検察庁総務部副部長、翌年に公判部副部長となる。

1981年5月に国際連合アジア極東犯罪防止研修所次長、1984年には同所長を務める。1986年に法務大臣官房審議官(刑事局担当)を経て、1988年に最高検察庁(刑事部)検事、翌年に盛岡地方検察庁検事正、1990年に最高検察庁(公安部)検事を務め、1993年に最高検察庁公安部長を歴任した。

そして、1994年に法務総合研究所長、1996年に仙台高等検察庁検事長、1997年に名古屋高等検察庁検事長となり、1998年6月に新たに設立された金融監督庁長官に就任する。2000年に初代の金融庁長官となる。金融庁時代は未曾有の金融危機を銀行の国有化や公的資金の注入により安定化に努めた。2001年に退官後は金融庁顧問になり、第一東京弁護士会に登録し、日野正晴法律事務所を開設する。

国際派検事として5年ごとに開催される国連犯罪防止会議には1985年のミラノ、1990年のハバナ、1995年のカイロ会議に日本政府代表として出席し、退官後も2010年のサルバドール、2015年のドーハ会議には日本政府代表団特別顧問として出席した。

退官後は、駿河台大学法務研究科長・理事、東北大学理事となったほか、法務省検察官特別任用審査会会長、日本証券業協会特別顧問、財団法人アジア刑政財団理事、国際民商事法センター理事、日米法学会理事を歴任した。また、ジャスダック住商リースセブン銀行など複数の企業で役員を務めた。2013年現在、日本証券業協会公益理事、公益財団法人アジア刑政財団理事長、NPO法人証券・金融商品あっせん相談センター理事長、株式会社全国保証社外監査役、株式会社フジタ社外取締役、東北大学総長顧問などを務める。2013年秋の叙勲で瑞宝大綬章を授与された。

著書[編集]

  • 『不良債権処理と企業再建Q&A』(編著、中央経済社、2002年)
  • 『ベーシック金融法』(単著、中央経済社、2005年)
  • 『最新警備保障契約の解説』(監修、全警協内警備保障契約研究会著、全国警備業協会、2008年)
  • 『詳解金融商品取引法』(単著、中央経済社、2008年/第2版、2009年/第3版、2011年)/第4版、2016年
  • 『集団投資スキームのための金融商品取引法Q&A 100』(監修、TMI総合法律事務所編、中央経済社、2009年)
公職
先代:
日本の旗 金融監督庁長官
1998年 - 2000年
次代:
先代:
日本の旗 金融庁長官
2000年 - 2001年
次代:
森昭治