竹河内捷次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹河内 捷次
生誕 1943年3月10日
日本の旗 日本 広島県
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
軍歴 1965 - 2003
最終階級 JASDF General insignia (a).svg 統合幕僚会議議長たる空将
防衛省顧問
テンプレートを表示

竹河内 捷次(たけごうち しょうじ、1943年昭和18年)3月10日 - )は、日本の元航空自衛官で第25代航空幕僚長、第24代統合幕僚会議議長。現在は埼玉県在住[1]

略歴[編集]

広島県三次市出身。防衛大学校第9期卒業後、航空自衛隊に入隊し、戦闘機パイロットとなる[2]。若い頃はF-86F-4EJなどで昼夜を問わず緊急発進し、旧ソ連軍機などに直接対峙(たいじ)して対領空侵犯措置任務を行った[2]。その後、空幕防衛部防衛課長、第5航空団司令、北部航空方面隊司令官、航空支援集団司令官、航空総隊司令官等の要職を経て、1999年平成11年)7月、第25代航空幕僚長に就任。2001年(平成13年)3月には制服組トップの第24代統合幕僚会議議長(現・統合幕僚長)に就任した。小泉政権下で将来を見据えた統合運用の在り方を検討し、翌2002年(平成14年)には「統合運用を基本」とする体制移行の必要性を示す報告書を提出し[2]、後の「統合幕僚監部」発足(2006年(平成18年))の礎を築いた[2]。 2003年(平成15年)1月28日に退官。2014年(平成26年)春の叙勲で瑞宝大綬章(旧・勲一等瑞宝章)を受章し、皇居天皇陛下から直接、勲章を親授された[2]防衛省・自衛隊出身者への勲一等授与は、かつて旧内務官僚保安庁第一幕僚長(現・陸上幕僚長)や初代統幕議長を務めた林敬三・元陸将以来、37年ぶりで、生え抜きの元自衛官への授与は初めてであった[2]

年譜[編集]

退官後の役職

  • 政策会議「防衛省改革会議」構成員
  • 株式会社日本航空インターナショナル常勤顧問
  • 日米エアーフォース友好協会会長
  • 安全保障と防衛力に関する懇談会専門委員
  • 防衛省顧問(2014年4月まで)[3]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 産経新聞・2014年4月29日朝刊第20面(春の叙勲受章者)
  2. ^ a b c d e f  (朝雲新聞<ひと>「瑞宝大綬章を受章した元統幕議長 竹河内捷次元空将」2014年5月29日付)
  3. ^ 防衛省発令(2014/4/21・顧問人事)

参考文献[編集]

  • 防衛年鑑2002(防衛年鑑刊行会)
先代:
藤縄祐爾
統合幕僚会議議長
第24代:2001年 - 2003年
次代:
石川亨
先代:
平岡裕治
航空幕僚長
第25代:1999年 - 2001年
次代:
遠竹郁夫
先代:
武田清
航空総隊司令官
第33代:1998年- 1999年
次代:
大串康夫