加藤延夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

加藤 延夫(かとう のぶお、1930年1月 - )は、日本細菌学者医学博士名古屋大学名誉教授、元総長。愛知県出身。

衆議院議長、法務大臣を務めた国会議員加藤鐐五郎の孫婿[1]

略歴[編集]

  • 1942年 旧制愛知県明倫中学校(現愛知県立明和高等学校)入学
  • 1954年 名古屋大学医学部医学科卒業
  • 1959年 名古屋大学大学院医学研究科博士課程修了(医学博士)
    学位論文「人血液ビタミンB12に関する研究」
  • 1959年 名古屋大学医学部助手
  • 1963年 名古屋大学医学部講師
  • 1963年 愛知学院大学歯学部助教授
  • 1970年 名古屋大学医学部助教授
  • 1973年 名古屋大学医学部教授
  • 1992年4月 名古屋大学総長(1998年3月まで)

その後、愛知医科大学学長、同理事長。

受賞等[編集]

学会および社会における活動[編集]

  • 日本細菌学会会長
  • 日本エンドトキシン研究会名誉会員
  • 大学設置・学校法人審議会委員
  • 財団法人名古屋国際芸術文化交流財団評議員
  • 財団法人大幸財団監事
  • 特定非営利活動法人バイオものづくり中部理事長
  • 特定非営利活動法人日本医学歯学情報機構顧問
  • 特定非営利活動法人先端医療推進機構特別顧問
  • 中京テレビ放送番組審議会委員長
  • 名古屋日独協会副会長

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ちょっと名大史 31 加藤鐐五郎と名古屋大学
  2. ^ 芦田淳さんら4028人  秋の叙勲”. 共同通信 (2006年11月2日). 2013年2月16日閲覧。